花 見 1        96句

花見にゆく膝の瓶酒しづかなり    島津亮

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
杉箸を割りて花見の筵かな 木津亥さ無 ぶどうの木 199806  
癌の吾れに花見虱のよそよそし 三浦勲 199806  
今生きて花見三昧岩間寺 菊池和子 京鹿子 199901  
外れたる予測の花見とはなりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 199904  
みよし野のこたびは奥となる花見 稲畑汀子 ホトトギス 199904  
気まぐれな気温は花見決めかねて 伊藤一歩 いろり 199904  
花見酒酌めば死をいふ女居て 保坂加津夫 いろり 199906  
花見酒更けてまでも飲んでをり 保坂加津夫 いろり 199906  
夕ざれば墨田の土手の花見客 保坂加津夫 いろり 199906  
お花見や這ひはひ坊やゐなくなる 大平保子 いろり 199906  
初音町花見団子を並んで買ふ 梅原美子 199906  
切株に足りし二人の花見膳 安井明子 199907  
子は東親は西へと花見行 佐方敏明 ぐろっけ 199907  
客は皆庭の花見て上り来ず 五十嵐播水 ホトトギス 199908  
選挙カー花見の土堤に止まりたる 浪花洋子 火星 199908  
縄文の手と足かなし花見月 近藤憙治 船団 199908  
主義主張異なつてよき花見かな 宇田喜代子 200000  
波に身をまかせて酔ひぬ花見舟 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
老人ホーム花見支度のととのへる 阿部ひろし 酸漿 200005  
花に酔い人に酔いたる花見かな 山本潤子 いろり 200005  
連隊のありし跡地の花見かな 山本潤子 いろり 200006  
変りなき暮らしいつまで花見酒 山本潤子 いろり 200006  
辛口を老女もためす花見酒 品川鈴子 ぐろっけ 200006  
総花見留守居の吾は処置もなし 長谷川登美 ぐろっけ 200006  
老友の話題忽ち花見どき 岩田育左右 遠嶺 200007  
偶然や花見場にある空ラ乳母車 五十嵐研三 海程 200007  
ここからは花見の人と別な道 西村純吉 200007  
一枝は花見叶はぬ夫のもと 山本万治子 円虹 200007  
花見酒リラックスして演奏す 河野友子 六花 200007  
手拍子に鳥も花見の仲間かな 河野友子 六花 200007  
花見して港の艀に戻り来し 永野秀峰 ぐろっけ 200007  
仰向きて花見る人の顔ゆるむ 永野秀峰 ぐろっけ 200007  
篝火に花見小袖の刺繍浮く 小澤克己 遠嶺 200008  
花見図絵美し句集の襲かな 小澤克己 遠嶺 200008 雲谷等顔「花見鷹狩の図」
見えてゐる花見えてくる花の道 稲畑汀子 ホトトギス 200103  
モノレールの箱に一人の花見なる 松崎鉄之介 200106  
ふたたびの花見のかなひ陸奥に 阪上多恵子 雨月 200107  
てのひらに薬草もらふ花見酒 出口一点 百鳥 200107  
立止まりこれが最後の花見かな 林田加杜子 いろり 200107  
ベンチにて夫婦で汲みし花見酒 林田加杜子 いろり 200107  
花見客浮かれて踊る千鳥足 林田加杜子 いろり 200107  
花見より屋台の匂ひ気になる児 林田加杜子 いろり 200107  
幕の内みんな食べてる花見かな 林田加杜子 いろり 200107  
台車にて花見弁当運び来る 金田美恵子 ぐろっけ 200107  
お花見に来て芽楓を称へけり 二瓶洋子 六花 200108  
お花見は山中渓の螢とぞ 辻享子 六花 200108  
猿追ひの棒を用意の花見茶屋 大井邦子 ぐろっけ 200108  
吊橋を渡る眞向花見つめ 大森ムツ子 ぐろっけ 200109  
万年橋清洲橋花見船くぐる 堀内一郎 あを 200204  
カロリーに置きかへてをる花見酒 山田六甲 六花 200205  
自分史に泣き笑ひして花見膳 芝宮須磨子 あを 200205  
花見弁当だんご一本添へてあり 大塚邑紅 200206  
通勤のたび立ち止まり花見とす 杉山みゆき 百鳥 200206  
病院の窓の花見に終りけり 藤井晴子 200206  
地下鉄に花見の火照り持て余す 近藤栄治 200206  
北上川の花見に浮かぶひらた舟 古里蝶次 200206  
母と子と春黄金花見上げをり 醍醐季世女 200206  
それぞれに声高まれり花見酒 井関祥子 酸漿 200206  
花見とて畦踏みゆくを許さるる 池田草曷 雨月 200206  
花見バスかつては基地の公園に 大町あや子 春耕 200206  
花見のバス公園に来て休憩す 大町あや子 春耕 200206  
対岸にひそむ花見の庵かな 土岐明子 遠嶺 200207  
ローカル線一輌電車花見客 吉田眞弓 雨月 200207  
甘酢打ち花見支度の飯立たす 乗光雅子 雨月 200207  
はね橋の名はさくらばし花見どき 竹中さと子 200207  
母活けし枇杷の花見て仲直る 白井墨絵 遠嶺 200303  
水底の落花見てゐる喪の帰り 橋本榮治 馬醉木 200304  
船脚の牛車さながら花見船 高崎武義 200304  
花見宿探す画面の果てしなく 赤座典子 あを 200304  
戦あり器ひとつの花見酒 森理和 あを 200305  
空缶を持ちて窓から花見かな 篠田大佳 あを 200305  
真ん中に花見弁当五人分 田中忠子 帆船 200306  
レガツタに手も振り毛馬(けま)の花見かな 立脇操 雲の峯 200306  
花見茣蓙華やぎ何か疲れゐて 塩川雄三 築港 200306  
宴会の道具抱へし花見客 佐本英介 築港 200306  
トラックが運ぶ上りの花見舟 萩谷幸子 雨月 200306  
あかつきを犬伴にせし花見人 東亜未 あを 200306  
吝嗇をこの日は忘れ花見酒 吉田裕志 200307  
蛸焼きの楊子一本花見酒 延川五十昭 六花 200307  
枝下に来て歓声の花見船 根本眞知子 200307  
あす散るも知覧のよべの花見酒 林日圓 京鹿子 200307  
花見兼ね全快祝を温泉の宿へ 山田をがたま 京鹿子 200307  
向き向きに花見るそぞろごころかな 下平しづ子 雨月 200307  
肝心を抜きし放送花見舟 加藤峰子 200307  
ダム湖にも東屋ありて花見かな 白井墨絵 遠嶺 200307  
回覧の村の花見にわが名前 田中武彦 六花 200307  
お花見や背中の視線確かめる 西塚成代 六花 200307  
正座することの叶はぬ花見かな 中上照代 火星 200307  
花見舟下りても空の揺れ止まず 長沼三津夫 200307  
手送りの救命チョッキ花見船 佐藤佐代子 200307  
鳥の目になりて天守に花見する 瀬口ゆみ子 ぐろっけ 200307  
新しき村人加へ花見かな 高倉恵美子 200308  
お茶席にふるまはれたる花見膳 佐原正子 六花 200308  
今年はもとうに過ぎたる花見どき 松尾緑富 ホトトギス 200310  
土砂振りの中花見バスいずこへぞ 田中時子 八千草 200310  
花見時年に一度のいとこ会 高木勝子 帆船 200404 花見 2→

 

 

2014年4月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。