鱧 1            100句

京都駅下車迷はずに鱧の皮    川崎展宏

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
寺町の灯火鱧の真子白子 岡井省二 199806 註・真子は卵巣
鱧の皮bQが誰の彼と 山尾玉藻 火星 199806  
われよりも子の毛臑濃し祭鱧 梅本豹太 199901  
水鱧や酢味噌のごとき宿世の縁 安西篤 海程 199902  
酔眼の澄み切つてゐる鱧の皮 深澤鱶 火星 199910  
水鱧やうつはは魯山人好み 能村登四郎 芒種 199911  
かけもちに落着かぬ座の鱧胡瓜 能村登四郎 芒種 199911  
もう一人ほしい車座祭鱧 藤岡紫水 京鹿子 200001  
鱧鍋の島の女の美しや 中杉隆世 ホトトギス 200002  
谷崎に縁の店や鱧料理 水原春郎 馬醉木 200008  
橋越えて鱧食べに行く法善寺 塩路隆子 精鋭選集 200008  
旅かばん駅に預けて鱧の皮 井上比呂夫 200010  
祭鱧圭岳先生知らぬなり 田中英子 火星 200010  
軽快なテンポに鱧の骨を切る 黒川悦子 円虹 200010  
鱧椀の出され得心する料理 黒川悦子 円虹 200010  
海の水のんで足から鱧になる 鶴目鯛遊子 六花 200010  
打水のゆきとどきたる鱧料理 鬼頭桐葉 春蘭 200010  
鱧裁くをんなあるじや祭来て 川勝春 馬醉木 200010  
水鱧の座に在り合札渡されて 飯塚ゑ子 火星 200011  
関西にスルツとはまりし鱧の皮 西塚成代 六花 200011  
雨音に格子の透けし鱧の皮 村上瑪論 銀化 200107  
鱧の皮身過ぎ細るもおもしろう 中原道夫 銀化 200109  
晩涼や父の鱧切る骨の音 平野きらら 百鳥 200110  
吸物の早松茸添ふ牡丹鱧 藤田誉子 雨月 200110  
鱧の骨切り前掛を洗ひをり 竹内悦子 200111  
骨切りの技を信じて鱧料理 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
京言葉より鱧料理箸つける 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
洛中の祝ぎの膳なり水鱧添ひ 羽生節子 200208  
譲られし庖丁で切る鱧の骨 酒井ひろ子 200208  
夕闇の喉に逆立つ鱧の骨 吉田汀史 200209  
京に生れ京に育ちて鱧好きと 佐藤淑子 雨月 200209  
鱧料理友の絆を深うして 竹内喜代子 雨月 200209  
竹箸のさみどりがよき鱧料理 中島知恵子 雨月 200209  
襦袢にも長短のありまつり鱧 中原道夫 銀化 200209  
耄碌はせりまつり鱧だけは別 中原道夫 銀化 200209  
鱧料理ガラスの皿の杏子色 早崎泰江 あを 200209  
鱧料理最上階のボタン押し 次井義泰 200210  
泣いてゐるこの子どこの子祭鱧 須佐薫子 帆船 200210  
鱧そうめんいけずやなあと艶な声 竹腰千恵子 200210  
冷房の利き過ぐ酒場鱧の皮 大堀鶴侶 雨月 200210  
夫でもなき漢と京の祭鱧 黒田咲子 200210  
千金の集ひのありて鱧づくし 佐藤香女 京鹿子 200211  
篝火の続きにありぬ鱧の膳 田中英子 火星 200211  
鱧食ぶや真昼の海のたちまちに 中島陽華 200211  
藍の濃き呉須手の皿に祭鱧 和田清 雲の峰 200211  
二階より川の音きく鱧の皮 中村房枝 六花 200307  
母の日の椀に湯引きの鱧咲かす 伊藤京子 200308  
ざくざくと鱧の骨切り機械めく 阪口美枝子 雨月 200308  
梅肉の紅美しき鱧落し 阪口美枝子 雨月 200308  
酔ふことの楽しさ知らず祭鱧 沢井巨江 200309  
伊勢海老も浪速の鱧も祝ぎの膳 若江千萱 雨月 200309  
くつきりと雨後の遠山鱧の皮 岩月優美子 200309  
落し鱧水上バスの燦と過ぐ 吉田島江 火星 200309  
風蝕のいくりとんがる鱧大漁 鈴鹿仁 京鹿子 200309  
板前の歯切れよろしき鱧料理 山本冨左 200310  
山に日の沈みをはりぬ祭鱧 加藤富美子 200310  
品書に鱧の湯びきや法善寺 安達加寿子 200310  
昼深く鱧の骨切る音幽か 梅村すみを 200310  
祭鱧一直線の帰船かな 松たかし 火星 200310  
日の匂ひ残りし夜具や鱧祭 竹内悦子 200311  
雨降れば雨も佳しとし牡丹鱧 藤岡紫水 京鹿子 200311  
ふと気付く齢怖ろし鱧の皮 藤岡紫水 京鹿子 200311  
京の宵留学生と食らふ鱧 嘉悦洋子 ぐろっけ 200311  
加茂茄子の田楽と鱧の吸物と 斉藤陽子 雨月 200312  
鱧おとす母の目元のうるみけり 高木智 京鹿子 200312  
食欲の進まぬ叔母へ鱧料理 高木智 京鹿子 200312  
関東へ下降の叔母へ鱧を土産つと 高木智 京鹿子 200312  
行く秋や鱧ぶつ切りに神事果つ 大柳篤子 雲の峰 200312  
六尺の鱧俎に秋祭 川合広保 雲の峰 200312  
京の露地ふかぶかもぐり鱧をくふ 沼田巴字 京鹿子 200402  
土佐よりの客に捌きし走り鱧 阪口美枝子 雨月 200406  
水面暮れ梢暮れけり鱧落とし 中村房江 六花 200407  
芸能の家に育ちて祭鱧 柳生千枝子 火星 200408  
鱧料る厨を風が吹きぬけて 柳生千枝子 火星 200408  
鱧ずしや道頓堀とんぼりに灯の映りそめ 鷹羽狩行 200408 大阪三句
橋詰の店のうまさよ鱧の皮 鷹羽狩行 200408  
酒飲みは鱧々といひ浪花びと 鷹羽狩行 200408  
鱧嫌ひ貫く東男かな 谷内順子 200409  
庖丁の美しき刃捌き鱧料理 西宮舞 200409  
鱧をもて東男をもてなせり 西宮舞 200409  
しやりしゃりと骨切る音や祭鱧 星加克己 ぐろっけ 200409  
鱧の皮ねぢれてゐるは許されず 八田木枯 夜さり 200409  
対応の通り一遍鱧の皮 吉田明子 200410  
雨の奈良いつもの顔と鱧の皮 丸山照子 火星 200410  
鱧の皮なにはの医師の番付表 松井倫子 火星 200410  
物忘れしさうでしない祭鱧 大塚まや 京鹿子 200410  
板前の気風よかりし祭鱧 大橋麻沙子 雨月 200410  
紅梅酢そへて締りぬ祭鱧 大橋麻沙子 雨月 200410  
鱧の皮刻むマイセン有田焼 望月木綿子 200509  
応答のなには言葉や鱧料理 出口賀律子 雨月 200509  
嫁がせて生まれし縁祭鱧 山部淑子 200509  
にんげんに耳二つあり鱧祭 竹内悦子 200510  
鱧造る一寸気取りし父の肩 金國久子 遠嶺 200510  
さくさくと骨切る音も鱧料理 柿澤喜三郎 百鳥 200510  
祭鱧ジャズの流るるホテルバー 本城布沙女 雨月 200510  
大皿の鱧鮓葉蘭を湿らせて 渡辺輝子 200510  
故郷はありがたきかな鱧料理 早崎泰江 あを 200510  
林火忌を明日に鱧しやぶ味気なし 松崎鉄之介 200511  
つけられし値札は知らず鱧の顔 三輪慶子 ぐろっけ 200511  
持てなしの鱧鮨香る奥座敷 和田照子 200602 鱧 2→

 

2019年7月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。