白 鳥 1     199句

こほるこほると白鳥の夜のこゑ   森澄雄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
大白鳥羽撃くときは水に立つ 神蔵器 199810  
白鳥の首をゆるめて浮寝かな 三浦美穂 199811  
白鳥の翔ちしばかりの青水輪 岡部玄治 199901  
白鳥の愛全長の羽ひらく 岡部玄治 199901  
白鳥来湖の齢のひとつ増え 峯尾文世 銀化 199901  
白鳥の羽榑き谺してをりぬ 別府優 199901  
白鳥の煌と進みぬかうと鳴き 岡本まち子 馬醉木 199902  
白鳥とゐて日の暮を忘れゐし 鷹羽狩行 199903  
白鳥の尾に湖風の募り来し 鷹羽狩行 199903  
白鳥の群がる湖畔より暮れぬ 鷹羽狩行 199903  
わが空路白鳥いまだ飛來せず 三橋敏雄 船団 199903  
頸締めて白鳥の声絞り出す 津田このみ 船団 199903  
白鳥の翼がつつめば冬日暮れ 丸山海道 京鹿子 199904  
白鳥をいくつ足しても喪中です 丹生千賀 海程 199904  
白鳥にちぎりて投げるパンの耳 阿部月山子 春耕 199904  
餌を投ぐや遠く遠くの白鳥に 野口光江 遠嶺 199905  
煌々と白鳥の咲く眠りかな 神蔵器 199905  
白鳥の声まだのこる明けの空 栗城静子 199905  
引く時も白鳥の緩鴨の急 かとうゆき 銀化 199905  
白鳥のもわもわキスのもわっもわ 坪内稔典 船団 199906  
風吹けば白鳥扉のこと揺るる 鳥居真里子 船団 199906  
白鳥の流体を置く北淡海 松永典子 船団 199906  
白鳥の湖指呼に北紀行 稲畑廣太郎 ホトトギス 199906  
白鳥の肩怒らせて残りをり 深津鱶 火星 199906  
白鳥の頸真直ぐに山越ゆる 小野誠一 春耕 199907  
帰る気のなきもの同志白鳥湖 吉原一暁 199910  
白鳥の餌箱のほとり浮浪児飢ゑ 丸山海道 海道全句集 199910  
白鳥へ雪軋ませて会ひにゆく 白井剛夫 199911  
薄日射してより白鳥の花ひらく 能村登四郎 芒種 199911  
白鳥の波に菱の実はぜにけり 山尾玉藻 火星 199912  
迫川を覚えて白鳥降り来たる 武田伸一 海程 199912  
山川のこよなき白鳥日和かな 武田伸一 海程 199912  
汚れてはならぬ白鳥ばかりなり 津田このみ 月ひとしずく 199912  
白鳥の引き際の白はなちけり 藤村真理 200001  
白鳥の舌の温もり手のひらに 平しげる 酸漿 200002  
白鳥の眉間険しく遠ざかる 波多洋子 銀化 200002  
白鳥の列見て少し酔いにけり 星野早苗 空のさえずる 200002  
白鳥の碧く暮れゆき夜寒来る 村上光子 馬醉木 200002  
白鳥の一声星を遠くせり 橋本弘子 200003  
花となり花びらとなり白鳥群 鷹羽狩行 200003  
白鳥の着水つまづかんばかり 矢部潮美 200003  
白鳥を茜に染めて夕日落つ 安陪青人 雨月 200003  
白鳥の飛びたつ順序ありさうな 吉村幸子 雨月 200003  
睦み合ひ白鳥嘴を鳴らし合ふ 吉村幸子 雨月 200003  
白鳥を目指せば鴨がついてくる 今村映水 200003  
あられ雪白鳥の群れ同じ向き 今村映水 200003  
群れ鴨に白鳥こだはることもなく 今村映水 200003  
夜の白鳥こうよここよと声交す 岩田諒 春耕 200003  
白鳥が家よりの灯をよこぎりぬ 岩田諒 春耕 200003  
白鳥群るる一町歩なる一枚田 田中つや子 200003  
白鳥着き岸にただよふ真菰の根 田中つや子 200003  
暮れかけて白鳥どつと戻りくる 長谷川満子 雲の峰 200003  
白鳥の只今百羽と駅にあり 三浦てる 風土 200004  
膝ついて撮る白鳥の瞳の高さ 稲葉ちよこ 風土 200004  
目薬を買ふ白鳥の町に来て 稲葉ちよこ 風土 200004  
白鳥のほかは加へずまなこ閉づ 稲葉ちよこ 風土 200004  
白鳥の湖を見し夜の豊かなる 稲葉ちよこ 風土 200004  
白鳥の声渡り来る朝の湖 阿部悦子 酸漿 200004  
白鳥と白波と暮れのこりをり 三宅句生 馬醉木 200005  
白鳥や水中のくびレクイエム 島津亮 海程 200005  
引きどきの白鳥粛と風まてり 小林信江 200005  
山に池あり白鳥の天地とす 中浜菌芽 京鹿子 200005  
白鳥や魔法の解けぬ王子やも 吉村玲子 円虹 200006  
一口に千羽と言へり白鳥湖 長田等 200006  
運河べりアンネ化身の白鳥か 福場朋子 200006  
白鳥の帰る四羽の遅れがち 工藤ミネ子 風土 200006  
白鳥の羽ばたき近しスーツ買う 山内崇弘 海程 200006  
白鳥引く水一枚の滑走路 岩崎きゑ子 馬醉木 200007  
白鳥の羽ををさめてより大き 山本一歩 200007  
白鳥がでつかい首を立てて来る 武井康隆 船団 200007  
からくり解けまたはじめから白鳥とぶ 斉木ギニ 海程 200008  
白鳥の羽根に降り積む言葉たち 能城檀 船団 200008  
白鳥抱卵水のゆくてに蝶のとび 渡邊牢晴 雨月 200009  
白鳥の首一斉に立ち直る 斎藤白砂 海程 200009  
さすらいの白鳥は抒情的である 斎藤白砂 海程 200009  
巨いなる白鳥に買ふパンの耳 田村すゝむ 風土 200011  
渡り来し白鳥の白しづまりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
白鳥の胸反らしあふ雪の中 戸田春月 光陰 200012  
白鳥来る手にぬくもりのガラス玉 本田ひとみ 海程 200012  
白鳥の来て湖の膨らめる 中林京子 雨月 200101  
白鳥の翼措く水の蒼さかな 林裕子 風土 200102  
白鳥をのせ湖のたなごころ 久保山満末 遠嶺 200102  
白鳥に水の平らを用意せる 大場佳子 銀化 200102  
白鳥のただ一羽なり雪の湖 小滝奈津江 酸漿 200103  
白鳥の水掻きをるを知らずなり 山尾玉藻 火星 200103  
暁紅や白鳥の水に雁の水に 佐藤国夫 馬醉木 200104  
白鳥の珠のねむりに雪ふれり 佐藤国夫 馬醉木 200104  
白鳥の声々沁みし滑木焚く 鈴木まゆ 馬醉木 200104  
降る雪に張る白鳥のこゑ豊か 岩崎きゑ子 馬醉木 200104  
白鳥のうすき濁りや幾山河 重高涌子 遠嶺 200104  
白鳥のこゑあり古筆束ねをり 雨村敏子 200104  
白鳥の胸襟開くべくもなく 梅田津 銀化 200104  
白鳥に表裏あり裏の見ゆ 田口傳右ヱ門 銀化 200104  
寄り添うて白鳥は白こすり合ふ 田口傳右ヱ門 銀化 200104  
白をつかはず白鳥を描いてみよ 田口傳右ヱ門 銀化 200104  
白鳥の一花の蒼し離れ浮く 田口傳右ヱ門 銀化 200104  
白鳥の喉元妬心灯りゐる 田口傳右ヱ門 銀化 200104  
白鳥も濡れてをらずや月光に 田口傳右ヱ門 銀化 200104  
白鳥を見て来し夜の長湯かな 山下由理子 200105  
屈斜路湖温泉の湧く岸辺白鳥みつ 松崎鉄之介 200105  
暁闇に白鳥という美肌かな 斉木ギニ 海程 200106  
遠まはりして白鳥に逢ひにゆく 鳥居真里子 船団 200106  
白鳥に言ひふくめたきことふたつ 鳥居真里子 船団 200106  
氷上の影白鳥となりゆけり 岡本眸 200106 諏訪行
月の出のはや白鳥の数読めず 岡本眸 200106  
白鳥の恋に気取りのなかりけり 萩谷幸子 雨月 200107  
白鳥の首を抱きて眠りたし 高橋とも子 200107  
白鳥の翅捥ぐごとくキャベツもぐ 能村登四郎 200108  
死んでゆくものと白鳥入れ替わる 加川憲一 海程 200110  
白鳥のようにパン食む恋人は 寺田良治 船団 200111  
白鳥来空に白波立つかとも 林翔 200112  
点生れて生れて白鳥群となる 林翔 200112  
湖めざす白鳥は今夕日いろ 林翔 200112  
白鳥の林立の頸夕日染め 林翔 200112  
先づ昏るる鴨よ白鳥まだ昏れず 林翔 200112  
夕月も白く白鳥なほ白く 林翔 200112  
白鳥の何に怒れる水飛沫 林翔 200112  
遠目利く田の白鳥を追うてより 能村研三 200112  
白鳥の頚しなはせて争へり 能村研三 200112  
白鳥の浮きて結氷ままならず 村上沙央 200112  
一片の雲より降りて小白鳥 岩木茂 風土 200112  
白鳥のそばに湯冷めをしてをりぬ 石橋翠 いろり 200112  
夕茜集め白鳥渡り来し 奥田智久 ホトトギス 200201  
白鳥の吃水の胸夕日押す 渡辺昭 200201  
白鳥の影のひしめく暮色かな 渡辺昭 200201  
大白鳥羽搏ちていよよ風を得し 渡辺昭 200201  
白鳥守雪くるを待つ長眉毛 渡辺昭 200201  
羽根裏を残照に染め白鳥来 北川英子 200201  
真上なる大白鳥の一尋よ 北川英子 200201  
瓢湖蕭条白鳥の来つつあり 千田百里 200201  
一陣の着き白鳥の湖となる 藤村美津子 春耕 200201  
白鳥の孤独の白さまぶしめり 出口貴美子 雨月 200201  
日溜まりに白鳥一羽病みゐたり 岡田万壽美 雲の峰 200201  
着水のとき白鳥の開花かな 櫂未知子 銀化 200201  
白鳥の胸を突出す水の紋 関口ゆき あを 200201  
白鳥を待つしづけさの瓢湖かな 遠藤若狭男 200202  
白鳥の家長に遅れじと飛べり 遠藤若狭男 200202  
白鳥といふ絢爛を水の上 遠藤若狭男 200202  
白光となり寝しづまる白鳥湖 遠藤若狭男 200202  
白鳥の顔怖しや見つめらる 浜田南風 200202  
乙女像の岸辺に群るる大白鳥 金丸鐵蕉 200202  
白鳥や古典講座の窓越しに 酒井多加子 雲の峰 200202  
傷つきし白鳥芝を動かざる 大柳篤子 雲の峰 200202  
白鳥の塒に帰る夕の月 菅原庄山子 春耕 200202  
荒川に白鳥飛来正福寺 門屋大樹 春耕 200202  
白鳥の脚宙を蹴る汀かな 門屋大樹 春耕 200202  
飛沫あぐ白鳥にけふ空の紺 門屋大樹 春耕 200202  
白鳥の胸毛真白に近づけり 門屋大樹 春耕 200202  
白鳥の水尾の崩るる五頭颪 岡村優子 春耕 200202 新潟
白鳥翔つ安違太颪凄じき 平田良子 春耕 200202  
白鳥と離れて湯ざめしてをりぬ 石橋翠 いろり 200202  
白鳥は夕日の中をすべり来て 渡邊仁 いろり 200202  
白鳥を見たさに旅に出て見たり 熊谷みどり いろり 200202  
白鳥の声のもつれし印旛村 関口ゆき あを 200202  
考への果て白鳥の飛びたちぬ 関口ゆき あを 200202  
白鳥の歩けば毀れゆく寓話 直江裕子 京鹿子 200202  
名物も何もなき町白鳥来 笠井円 円虹 200202  
白鳥の羽根一葉の取水口 松本恭昂 火星 200203  
白鳥の首片付けて眠りけり 松本恭昂 火星 200203  
白鳥をいつか迷子にするつもり 堀川夏子 銀化 200203  
白鳥の湖の稜線暮色かな 豊岡清子 遠嶺 200203  
白鳥の一羽をかこむ鴨の群 萩野谷三和 遠嶺 200203  
白鳥のいと豪快に羽搏ける 西村しげ子 雨月 200203  
沼の辺に白鳥称ふ子等の絵よ 小儀洋子 百鳥 200203  
みづうみは藍深め白鳥を待つ 遠藤若狭男 200203  
掉尾飾りて白鳥の引きにけり 小林呼溪 200203  
白鳥を呼び寄せる声四温晴 泉田秋硯 200204  
向ひ合ふとき白鳥の羽搏ちけり 大島翠木 200204  
白鳥の帰りし沼の生簀かな 大串章 百鳥 200204  
白鳥の白より年の明けにけり 松田雄姿 百鳥 200204  
黒鳥と白鳥の間の殺気かな 村田美穂子 百鳥 200204  
影長く曳き白鳥はナルシスト 萩谷幸子 雨月 200204  
白鳥の求愛のこゑ蒼天へ 関根洋子 風土 200204  
動かねば雪が積もるよ仔白鳥 土井三乙 風土 200204  
嘴赤き二羽の白鳥首交はす 星加克己 ぐろっけ 200204  
遠景に越の連山白鳥湖 井口光雄 200205  
白鳥も鴨も寄りくる舟着場 河野扶美 ホトトギス 200205  
水鳥を統べ白鳥の日にまぶし 松田欽吾 雨月 200205  
白鳥の助走に固き水面かな 金森教子 雨月 200205  
白鳥の嘴こほらせて夜空あり 尾上直子 200205  
田に群れて白鳥帰る旅支度 白澤よし子 馬醉木 200206  
白鳥に帰るそぶりのまだ見えず 伊藤洋子 200206  
白鳥の恋の湖へと引きにけり 花島陽子 遠嶺 200206  
合鍵を持ちて白鳥帰りけり 山崎未可 銀化 200206  
ときいろの毛玉もこもこ小白鳥 赤座典子 あを 200206  
白鳥ひとつ残れる静御前の塚 品川鈴子 ぐろっけ 200206  
初演日のやう白鳥ら引く喋り 依田明倫 円虹 200207  
旅一座めき白鳥ら夜を帰る 依田明倫 円虹 200207  
まほらごと白鳥北す夜の地球 依田明倫 円虹 200207  
夜行便白鳥北す我もまた 依田明倫 円虹 200207  
白鳥ら帰るオルガンめきて鳴く 依田明倫 円虹 200207  
白鳥の緋のこゑ離せざる水面 金子野生 京鹿子 200208  
大白鳥己が白さを訝しむ 宮原みさを 花月亭 200208  
水玉を負ふ白鳥の胴震ひ 品川鈴子 ぐろっけ 200211  
白鳥来大内山の日本晴 竹内喜代子 雨月 200301  
白鳥にみづの集まる空の集まる 山崎未可 銀化 200301  
白鳥来日々点滴の車椅子 斉藤和江 帆船 200301  
白鳥の私語はロシア語中国語 佐々木悦子 帆船 200301  
一羽づつ来て白鳥の国となる 中尾公彦 200301 白鳥→ 2

 

2020年11月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。