白 菜 1       100句

銀色に濡れる白菜貨車へ積む   高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
山積みの白菜を撰る暁の市 市橋進 春耕 199903  
白菜のある冷蔵庫化粧紙 吉岡世志子 船団 199903  
白菜が畑に傾ぎぬ鬼やらひ 浜口高子 火星 199905  
白菜を裂く音白し妻の腕 川端実 寒昴 199907  
乳母車白菜積んで鎌立てて ゆにえす 船団 199912  
白菜畑跨ぎ明日は出る青年 谷川季誌子 200001  
白菜の丸ごと買ひしことむかし 山田弘子 円虹 200002  
明日漬ける白菜のことふと床で 三井孝子 六花 200003  
縦に割つて白菜の渦溢れたり 嵯峨根鈴子 火星 200004  
好機嫌唐黍と白菜を食べて 金子兜太 海程 200006  
白菜の水を湛えて月の下 東莎逍 船団 200008  
頭寒足熱白菜ずば抜けてひかる 村上友子 海程 200009  
白菜の尻つやつやと売られけり 中原幸子 遠くの山 200010  
五分だけ泣いて白菜たて割りに 原しょう子 二十五時 200010  
白菜の嵩を沈めて煮上りぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
大白菜土間に転がし農家留守 福田かよ子 ぐろっけ 200101  
白菜漬ハガキ一杯姑の文字 正木光子 いろり 200101  
白菜や八ツ切にして漬け込みぬ 香原敏枝 いろり 200102  
剥くほどに白菜水の匂せり 辻前冨美枝 200102  
刻みたる白菜を下げ鳥を見に 岡田万壽美 俳句通信 200102  
筑波嶺の澄みて白菜結び初む 倉田岩魚男 200103  
白菜の芯にみ仏かがやけり 神蔵器 風土 200103  
薄氷白菜漬をわしづかみ 吉弘恭子 あを 200104  
どうしても巻きの緩みし白菜で 神野祥子 海程 200106  
洗ひ上げ白菜も妻もかがやけり 能村登四郎 200108  
白菜に続く白菜中華の地 竹下昭子 ぐろっけ 200112  
かぎりなく白菜の畑大地の子 竹下昭子 ぐろっけ 200112  
荷車に白菜のやま武帝陵 竹下昭子 ぐろっけ 200112  
山と積む白菜を曳く白馬の瞳 竹下昭子 ぐろっけ 200112  
又旅に出る白菜を買ひ置きて 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
白菜のたがひちがひや塀の上 赤座典子 あを 200201  
直伝の白菜漬よ祖母元気 笠井円 円虹 200202  
朝市に白菜の尻そろひけり 大塚禎子 春耕 200202  
白菜を叩く夜雨となりにけり 山田六甲 六花 200202  
即売の白菜積まるる農校祭 小山香月 酸漿 200202  
昼の酒白菜漬を手に受けて 志水芳秀 雲の峰 200202  
白菜やピラミッドの如積まれをり 桑原敏枝 いろり 200202  
白菜の樽洗ふ水惜げなし 小浦遊月 酸漿 200202  
落柿舎の前の白菜巻きはじむ 元田千重 火星 200202  
白菜を切るや切口盛り上り 岡田房子 酸漿 200202  
一粒の白菜の種ぞ今実り 三浦カヨ子 酸漿 200202  
白菜や活断層に尻を置く 暮岸江 銀化 200203  
白菜のまるい尻より洗ひだす 大牧広 200203  
没日して畑に散らかる白菜屑 浜口高子 火星 200203  
子を呼んで白菜漬の重き石 小阪喜美子 遠嶺 200203  
白菜を貰ふ畑まで蹤きゐたり 高尾豊子 火星 200203  
白菜の尻叩かれて売られけり 垣尾美智子 200204  
真つ先に白菜現るる雪野原 大山文子 火星 200204  
白菜をざくりと鏡開かな 中里信司 酸漿 200204  
白菜のめくらる軸の白さかな 片岡静子 200204  
白菜に包丁ざくと沈みけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200205  
白菜を幹竹割にして日暮 有山八洲彦 200205  
白菜の鍋に縮んでゆきにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200212  
白菜を赤児のごとくいただけり 岩木眞澄 ぐろっけ 200301  
タイトルもサブタイトルも無く白菜 山崎未可 銀化 200301  
盆点前白菜漬けし指ほてる 金升富美子 200302  
朝市で買ふ白菜のずつしりと 川瀬信子 築港 200302  
白菜の尻すわりたる傾斜畑 宇田喜美栄 200302  
括られて白菜列を正しけり 小林紗智子 200302  
白菜を二つ抱へてよろめけり 上出曙美 築港 200302  
白菜の芯盛り上がるひざしかな 春田淳子 雲の峰 200302  
石に石載せて白菜きしませる 生田恵美子 風土 200303  
白菜の刈られ戦のあとのやう 堀川千代子 百鳥 200303  
真二つに割る白菜に明日のあり 田代史子 馬醉木 200303  
白菜漬く母もかく腰叩きゐし 田所節子 200303  
白菜の芯がごろりと夜(よ)の厨(くのや) 森本さやか 雲の峰 200303  
白菜の畝に残れり丸畑 渋谷ひろ子 酸漿 200303  
白菜の渦巻く力抱へけり 神宮きよい 馬醉木 200303  
白菜の畑に残さる育ちすぎ 武田正子 ぐろっけ 200303  
くらがりに白菜積みてありし家 森賀まり 百鳥 200304  
白菜の鉢巻をして並びをり 松本文一郎 六花 200304  
4Bで描く白菜の断面図 浦川聡子 水の宅急便 200305  
荒星や白菜の束トラックに 浦川聡子 水の宅急便 200305  
つつがなく大根白菜育ちをり 永田あき 酸漿 200312  
紐かけて残す白菜霜枯るる 伊藤白潮 200401  
白菜の残るは茶筅結びかな 吉田島江 火星 200401  
唐辛子で漬ける白菜指火照る 佐々木春子 200402  
五鈷杵や白菜日々に締りゆく 大島翠木 200402  
目で追ひし白菜は大まかの数 川原瀞秋 百鳥 200402  
割りて干す白菜縁にかがやけり 山本康郎 酸漿 200402  
白菜の良し悪しはかる八百屋の灯 芝宮須磨子 あを 200402  
白菜のほど良き塩に漬かりけり 清水正司 草の花 200403  
安値続きて白菜畑にローラー入る 下条みね子 200403  
山に雪雲白菜を四つ割りす 五十嵐暢子 対岸 200403  
白菜の断面笑ふほど白し 高倉和子 200403  
ざっくりと白菜を割り母は亡し 橘沙希 月の雫 200404  
白菜苗畑に放すいい日和 三浦カヨ子 酸漿 200411  
白粥に白菜漬のかくうまし 辻恵美子 200412  
白菜の高値小分けで売られをり 木村茂登子 あを 200412  
白菜を抱へて母は冷ゆるなり 柴田佐知子 200502  
白菜を二個づつ束ね朝の市 八巻匡子 対岸 200502  
白菜をラグビーボールのごと渡す 木村みかん 200502  
白菜の玉ずつしりと配り頃 迫口君代 河鹿 200503  
うづたかく白菜積みし竣工式 景山まり子 百鳥 200503  
白菜の甘さ言ひ合ふ夕餉かな 丸山敏幸 200503  
婿殿の作りし白菜漬けにけり 國田ヤエ子 帆船 200503  
白菜を漬ける手塩の振り加減 小林幸子 酸漿 200503  
白菜を手掴みにして鍋奉行 小林眞彦 遠嶺 200503  
ライバルはなし白菜を両断す 小澤克己 遠嶺 200503  
白菜を畑の帰りと下す叔父 小池槇女 火星 200504 白菜 →2

 

2017年1月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。