夏 至 1    100句

心澄めば怒涛ぞきこゆ夏至の雨    臼田亞浪

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
夏至の日を沈めはじめし夜の会議 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
キーウィの蔓が鞭打つ夏至の空 寺田良治 船団 199811  
夏至耿とわたつうみなり汀あり 岡井省二 199906  
悪意なき夏至の夕餉の腹の虫 松本高兒 京鹿子 199908  
にし貝を塩ゆでしたる夏至なりき 石脇みはる 199909  
日向灘夏至の白波暮れにけり 宮津昭彦 199909  
夕暮れの明るさ残し夏至の雨 今村映水 199909  
夏至の日や戸毎灯点し頃たがへ 亀丸公俊 銀化 199909  
夏至の日のハンカチの木を探し当つ 関根洋子 風土 199910  
夏至の鯉快速艇のように人気 平塚波星 海程 199911  
夏至の雨濡れて届きし一書簡 安陪青人 雨月 199911  
時差の無きモーニングコール夏至の宿 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
ていねいに音符を拾う夏至の空 わたなべじゅんこ 船団 199912  
夏至の空女子高生らの批評癖 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
夏至に目処置きて準備を急がねば 稲畑汀子 ホトトギス 200006  
虚子館の準備や夏至を侍みとす 千原叡子 ホトトギス 200006  
正面のない電柱に夏至鴉 丸山佳子 京鹿子 200007  
ジャズ祭のポスター夏至の魚市場 武井清子 200009  
夏至の日の用持たざるも杖持ちて 村越化石 200009  
丘に立ち夏至の地球を抱き込む 小澤克己 遠嶺 200010  
夏至暮るる三度食事をしたるのみ 中原幸子 遠くの山 200010  
夕さりて雷ともなひし夏至の雨 塩谷はつ枝 馬醉木 200011  
夏至すでに夜となりたるピカレスク 内田美紗 船団 200102  
夏至の空口あいている百貨店 塩見恵介 船団 200105  
夏至の日の寺田屋の軒借りにけり 大山文子 火星 200108  
夏至の日や湯どころの湯に身を浴す 村越化石 200108  
どの犬も合羽着てゐる夏至の雨 木下節子 俳句通信 200108  
こまごまと鏡台整理夏至昏るる 田中藤穂 あを 200108  
たえだえの母の言葉の「今日は夏至」 瀬戸悠 風土 200109  
夏至の日の降つて湧いたる旅プラン 平野きらら 百鳥 200109  
夏至光に樹脂はかたまり易くして 水野恒彦 200109  
夏至の日の西をはるかの没り日かな 川崎不坐 火星 200110  
逆光に累卵をおき夏至の刻 澁谷道 海程 200110  
夏至の日の天竺鯛を捌きをる 延広禎一 200110  
掴みては放ちて夏至の砂あそび 岡本眸 200110  
夏至の日の夕日全き一樹かな 加瀬美代子 200202  
暮るる日を夏至とうなづき家路かな 喜多初枝 雨月 200208  
雲は夏至サーキットは男の界 丸山佳子 京鹿子 200208  
犬待たせ一枚羽織る夏至の夜 大柳篤子 雲の峰 200208  
鳥居出ず夏至の太陽排気ガス 松村美智子 あを 200208  
夏至夕べ爪切つて指宥めけり 関洋子 200209  
夏至の日や米寿の友の訪ね来し 志村秀子 風土 200209  
だんだんと庭せまくなり夏至となる 柴田節子 帆船 200209  
夏至の暾の思ひもかけぬ窓よりす 窪田佳津子 雨月 200209  
夏至の日や医師が変へたる処方箋 朝倉富次 酸漿 200209  
木洩れ日の兎や栗鼠や夏至の来る 仲村青彦 200209  
老人に時の速さの夏至きたる 蓮田照子 200209  
夏至の日も熱闘つづくW杯 坂口三保子 ぐろっけ 200209  
夏至の日の鳥影よぎる白帆かな 田中聡子 遠嶺 200210  
岩窪に小蟹の骸夏至の波 鳴海清美 六花 200210  
明るさに降りみ降らずみ夏至の雨 松原仲子 200210  
トンネルを抜ければ更な夏至の晴 杉山真寿 200210  
楪の雨の葉照や夏至近し 田中美智代 200302  
山国の夏至とて旅路ある限り 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
夏至の日の朝より若き人来り 村越化石 200308  
旅愁ふと夏至の夕べの海匂ひ 黒坂紫陽子 馬醉木 200309  
日本語を忘れて夏至の山のなか 和田悟朗 円虹 200309  
夏至今日と思ひつ仰ぐ昼の月 河口仁志 200309  
さびしくてならぬ夏至の日畳拭く 宮川みね子 風土 200309  
蝋燭の灯に親しみて夏至の夜 杉本美智恵 雨月 200309  
今日夏至の音立てて引く窓カーテン 勝又寿ゞ子 200309  
夏至の日を余さず野良に励みをり 伊東省子 百鳥 200309  
酒蔵にかかりてをりし夏至の月 岡本眸 200309  
風にある木屑の匂ひ夏至の朝 岡本眸 200309  
夏至の日の穂絮を浴びる誕生日 冨田正吉 200309  
漆絵を抱へてゆくや夏至の雨 雨村敏子 200310  
夏至の海魔女の箒を借りて翔く 坂井法 200310  
夏至過ぎしサロマ湖畔の夕日かな 富田志げ子 酸漿 200312  
夏至金色夏至の大日如来なり 岡井省二 省二全句集 200312  
夏至の日の過ぎて時計の狂ひ出す 青砥真貴子 200401  
夏至といふ地球のあそび鶏の鬨 鈴鹿仁 京鹿子 200407  
屋根に居る仲良し雀夏至今日も 村越化石 200408  
夏至の夕ビル屋上の駐車場 堀義志郎 火星 200409  
夏至の日の河ゆるゆるとゆるゆると 森山のりこ あを 200409  
二三日過ぎてゐし夏至旅帰り 稲畑汀子 ホトトギス 200506  
夏至の夜の雨と思ひつ島泊り 淵脇護 河鹿 200509  
夏至満月真夜天空に皓皓と 永井孔雀 200509  
今日夏至と鴎は白く浜に舞ふ 新田巣鳩 馬醉木 200509  
暮れ惑ふ空に「夏至だ」と気付きけり 松本圭司 200509  
けふ夏至の秤かすかな狂ひあり 林昭太郎 200509  
日めくりの釘の傾ぎを正し夏至 高木嘉久 200509  
夏至の夜やさてこれよりのミステリー 栗原公子 200509  
父と子の羽根打ち続く夏至の朝 片岡静子 200509  
ハミングや新車を洗ふ夏至の水 飛鳥由紀 200509  
表札は輝きてをり夏至の雨 高木武人 百鳥 200509  
わが影の壁に貼り付く夏至の夜 藤井智恵子 百鳥 200509  
夏至の夜や檀用の僧恙なく 古田考鵬 雨月 200509  
夏至も青き夕となりて野に出づる 瀧春一 菜園 200509  
夏至の夜も小さき灯もて商へる 藤井昌治 200509  
白々と文机夏至の窓明り 前田永子 200509  
純白のカーテン夏至の朝風に 石田邦子 遠嶺 200510  
湖の夏至の日の出の無音かな 青木久子 遠嶺 200510  
夏至の日の雨にかぶさる波の音 青砥真貴子 200510  
異国にて夏至の銀河を仰ぎけり 川島澄子 酸漿 200512  
夏至の朝これより旅の多き日々 稲畑汀子 ホトトギス 200606  
河口州の思はぬ方に夏至没日 澤田緑生 馬醉木 200608  
遠き世のざわめきか夏至の潮騒は 村上光子 馬醉木 200609  
けふ夏至の放下のごとく森に入る 戸栗末廣 火星 200609  
夏至の日の付箋の多き答弁書 高田令子 200609  
夏至の日の一本欅よかりけり 服部早苗 200609 夏至 →2

 

2020年6月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。