月 光 1         100句

風立ちて月光の坂ひらひらす    大野林火

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
月光に食し羊羹と仁羹と 岡井省二 199809  
月光のしたたる藻烏賊釣られけり 石本秋翠 馬醉木 199810  
月光の立ちそめにける銀沙だん 岡井省二 199810  
月光の土やはらかき霊芝かな 小菅佳子 199811  
月光裡自らの影たしかむる 林翔 199811  
月光のちんでんしつつあぶくの目 柿原金米 船団 199811  
邯鄲の月光に領巾振りやまず 千代田葛彦 馬醉木 199812  
孔雀貝月光に指ぬめりをり 小菅佳子 199812  
月光の土濡れをりしブツダかな 小菅佳子 199812  
月光に投げ出してゐ土不踏 飯塚ゑ子 火星 199812  
月光を縮めて廃車積み上げし 古屋元 199812  
月光を震はせて鳴く草ひばり 長山あや 円虹 199812  
月光につながれているジャズの船 あざ蓉子 船団 199812  
つくばゐの月光碎きつつ雫 千代田葛彦 馬醉木 199901  
うつし世の月光草をすべりゆく 川井政子 風土 199901  
変身を願ふ月光浴びながら 三好ようこ 円虹 199901  
月光を手繰るごとくにハープ弾く ふゆきゆふ 199902  
賀状出しに月光浴びに夜道ゆく 林翔 199902  
月光の走る音あり風の原 長山あや ホトトギス 199903  
月光に赤裸裸な狼と出会う 金子兜太 海程 199904  
かいつぶり泳ぐ月光世界かな ほんだゆき 馬醉木 199905  
あをあをと月光氷る雪女郎 神蔵器 風土 199905  
月光を引いてわれへと落花かな 鷹羽狩行 199906  
月光が森行く虎の尻に照る 田中空音 海程 199906  
月光に溺れて山路迷ひけり 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
洗はれて月光浴ぶる鵜籠かな 広渡敬雄 遠賀川 199909  
針箱に棲む月光もありぬべし 中原道夫 銀化 199910  
濁流のごとき月光かな海へ 櫂未知子 銀化 199911  
月光に招かれるのはメヒシバです 小枝恵美子 ポケット 199911  
月光のしたたる硯洗ひけり 神蔵器 風土 199912  
月光や爬虫類なるおのが影 信崎和葉 六花 199912  
月光の君を小さく折りたたむ 津田このみ 月ひとしずく 199912  
月光の舟底に櫂よこたふる 小山森生 200001  
腐葉土に埋め月光をあたためむ 峯尾文世 銀化 200001  
月光や湖のさざなみドビュッシー 野口香葉 遠嶺 200001  
月光や天使の椅子の濡れてゐし 井上菜摘子 京鹿子 200001  
月光の記憶様々九十才 長谷川登美 ぐろっけ 200001  
月光に従ふ星の姿なし 長谷川登美 ぐろっけ 200001  
月光に諸手さしあぐ女神像 足利徹 ぐろっけ 200001  
月光を淵より覗く方頭魚 岡本高明 200002  
いたづらに月光強し鼬罠 彌榮浩樹 銀化 200002  
月光の忍び返しが続きけり 星野早苗 空のさえずる 200002  
月光に揺れて黄菅の所在知る 桑田青虎 ホトトギス 200003  
月光は砕け夜鴨の声ころげ 村松紅花 ホトトギス 200003  
氷柱折れ月光折れてしまひけり 村山秀雄 200004  
姫貝の月かげを吸ふ響きかな 小形さとる 200007  
月光の舟底に櫂よこたふる 小山森生 200008  
月光にいろをとどめし桜かな 水野恒彦 200008  
月光にほどかぬ闇のありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
腴として月光は砂の上 岡井省二 200009  
太刀魚や月光つたふエンタシス 栗栖恵通子 200009  
月光の松蘿なり水音す 加藤みき 200009  
月光のひとかたまりの椿の葉 岡本高明 200010  
鮎跳ねて簗の月光躍りけり 穐好樹莵男 馬醉木 200011  
壺の耳つんと月光待つてをり 甲州千草 200011  
月光の紐からめとる竹林 奥田筆子 京鹿子 200011  
月光に連山いよよ咆哮す 千明武 遠嶺 200012  
月光の真中河童と猩々と 延広禎一 200101  
月光のくまなく鯤の鰭の上 岡井省二 200101  
月光を放ち一泡消えにけり 小山徳夫 遠嶺 200101  
苔むせる墓標月光燦々と 鵜飼紫生 雨月 200102  
月光の本棚船になることも 児玉硝子 船団 200103  
月光が染みこんだのね縞馬は 寺田良治 船団 200103  
月光の蝋梅匂ふ裏小路 伊藤一枝 酸漿 200104  
白鳥も濡れてをらずや月光に 田口傳右ヱ門 銀化 200104  
月光を吸いこんでいる蟻地獄 岡清秀 船団 200105  
月光のコンテナにまた知らぬ旗 渡部ひとみ 船団 200105  
月光に潮満ちてくる薺かな 鈴木勢津子 200107  
月光を得たり牡丹の白王獅子 神蔵器 風土 200107  
妻へ剪る月光いだく白牡丹 神蔵器 風土 200107  
月光に隣れるごとく座りゐる 岡井省二 200108  
月光に何を足しても濁るなり 田村みどり 京鹿子 200109  
月光に耳ありあまねく梨の花 伊藤和 海程 200110  
土用芽のあたり月光遊びをり 藤井みち子 200110  
金縛りめきぬ月光降り注ぎ 八百山和子 200110  
月光に心洗はる思ひかな 林田加杜子 いろり 200111  
月光に大蛾の翳の太りゆく 貝森光大 六花 200111  
灯を消せば書斎月光浸しかな 冨岡夜詩彦 200112  
月光をどうぞと入れて応接間 泉田秋硯 200112  
月光の剥がれるあたりかたつむり 守谷茂泰 海程 200112  
月光に腑分けされゆく襞いくつ 朱間繭生 銀化 200112  
月光を手折る栞とせむがため 村上瑪論 銀化 200112  
月光の鱶の海わたるなり 岡井省二 200112  
省浄院月光に潮流れたり 雨村敏子 200112

月光の隈なく鯤の睡りかな 雨村敏子 200112  
月光に触れしのうぜん揺れゐたり 城孝子 火星 200112  
月光にしまひ忘れし風車 浅野恵美子 酸漿 200112  
月光を骨に蓄へ癌癒す 泉田秋硯 200201  
初鴨に月光やすき大葭田 長沼冨久子 馬醉木 200201  
月光に魂のぬけたる如く佇つ 指尾直子 雨月 200201  
月光にとり出してや鯛の鯛 岡井省二 200201  
火の匂ふ街に月光差して来し 竹中二花 200201 伏見三栖祭
月光の襲ひかかりし駒ケ岳 太田土男 百鳥 200201  
月光にほどく螺鈿の髪飾り 佐藤康子 遠嶺 200201  
月光に照らし出されし落りんご 栢森敏子 あを 200201  
月光の石山にして桜の木 雨村敏子 200202  
去年今年月光に聳つ欅かな 関根洋子 風土 200204  
風騒の櫻樹となりし月光裡 伊丹さち子 馬醉木 200206  
花吹雪けり月光のゆきわたり うまきいつこ 200206  
月光のかたまりとして雪柳 水野恒彦 200206 月光 2→

 

2020年9月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。