炎 暑    200句

マイヨールの像と炎暑の掃除夫と    高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
断層を見てや炎暑の地がゆらぐ 大橋敦子 雨月 199810  
鍬入れて炎暑やはらぐ思ひあり 田原憲治 ホトトギス 199810  
炎暑中大氷柱の起工式 柴尾こなみ ホトトギス 199810  
街炎暑赤い喪服の女の子 桐木榮手 船団 199811  
コルク樫剥かれ炎暑に耐へてをり 中里信司 酸漿 199908  
炎暑来て秋野不矩館下足札 金子里美 船団 199909  
街灯の狂ひ点きせし炎暑かな 三澤福泉 俳句通信 199910  
聞き込みの刑事炎暑の空家にも 犬飼陽子 199910  
稻魂もうだる炎暑や加賀詣 中原道夫 銀化 199910  
炎暑午後仇のようにコップ洗う 後藤とみ子 ぐろっけ 199911  
ロケ隊の裸武者行く炎暑かな 小林光美 春耕 199911  
うからみな老いて炎暑の寺に坐す 田中藤穂 水瓶座 200002  
触角に今日も昨日もなき炎暑 保坂加津夫 いろり 200009  
八ツ橋に釘の浮きたつ炎暑かな 下村志津子 銀化 200009  
炎暑なんぞものかは裸蚯蚓這ふ 市場基巳 200010  
石の貌石の貌なる炎暑かな 西村純 200107  
ガウデイのモダンが溶けていく炎暑 秋尾敏 火星 200109  
乳牛の搾乳落ちし炎暑かな 保坂加津夫 いろり 200109  
高架橋釘の浮き立つ炎暑かな 中尾杏子 200110  
通院の身となり炎暑つづきけり 松崎鉄之介 200112  
教会を尋ね炎暑の港町 上原カツミ 帆船 200209  
象の鼻水ふき上げる炎暑かな 山崎ミチ子 帆船 200209  
百選の棚田の匂ふ炎暑かな 朝妻力 雲の峰 200209  
トンネルへ汽車が縮んでゆく炎暑 寺田千代子 京鹿子 200209  
ゆらゆらと深吐息して炎暑の樹 田中藤穂 あを 200209  
炎暑のバス横顔ばかり乗せてゆく 蔵持柚 銀化 200209  
自づから口開けてゆく炎暑かな 小山田子鬼 200210  
雪蔵に炎暑の老躯憩ひけり 伊沢山ウ瓏 酸漿 200210  
半眼に炎暑の街を歩きけり 金森教子 雨月 200210  
出棺や炎暑に喪服並びける 大野ツネ子 酸漿 200210  
ゴーギャンの女逞し炎暑の日 田下宮子 200210  
沢音のまぢか炎暑の下山道 中薗道子 遠嶺 200211  
「あずさ」降り高層群の炎暑かな 浜中雅子 遠嶺 200211  
林間に入るとも炎暑免れず 岡本直子 雨月 200211  
自転車を降りて炎暑に捕まりぬ 西宮舞 200212  
逆縁に炎暑の巷踏み迷ふ 滝青佳 ホトトギス 200301  
炎暑の日岩を眺めて小一時間 篠田大佳 あを 200310  
神戸港沖から見ても炎暑なる 山田六甲 六花 200310  
宛名書き筆滞る炎暑かな 松木清川 ぐろっけ 200310  
御塩焼く炎暑七斗の釜滾り 密門令子 雨月 200311  
健脚の父を倒せし炎暑来る 佐野まさる 百鳥 200311  
みほとけの朽ちて鬼相に炎暑来る 青山悠 200311  
雲も風も映さず炎暑の川廣む 佐藤喜孝 あを 200402  
ガウデイの聖堂出でし炎暑かな 田中重子 雲の峰 200408  
大使館通りの炎暑摂氏華氏 佐渡谷秀一 春燈 200409  
木洩日に鶏腹這へる庭炎暑 和田一 雨月 200409  
目覚めれば炎暑の中にゐたりけり 鎌倉喜久恵 あを 200409  
艦載機炎暑に耐へず発進す 泉田秋硯 200410  
四脚門へ男消えゆく炎暑かな 柴田久子 風土 200410  
師やはるか炎暑の道の続きをり 小澤克己 遠嶺 200410  
雄牛のゆばり眩ゆき炎暑かな 高野清風 雲の峰 200410  
炎暑とてイコンは影を持たざる絵 泉田秋硯 200410  
炎暑なり脳細胞が溶けて行く 池本喜久恵 200411  
炎暑なる栓噴き上ぐる果実酒 渡辺清子 200411  
砂丘炎暑遠見に駱駝いと凛々し 浜田南風 200411  
塵袋かじる鴉を追う炎暑 藤田京子 ぐろっけ 200411  
動くとも見えぬ炎暑の観覧車 大沢絹代 200411  
炎暑歎く左右対称ならぬ貌 泉田秋硯 200411  
ジェットコースター金属音の炎暑かな 加地芳女 雨月 200412  
鳥も木も君も語らぬ坂炎暑 山元志津香 八千草 200502  
炎暑行く平衡感覚狂ひつつ 石垣幸子 雨月 200510  
炎暑来て両手に重き火縄銃 栗城静子 200510  
炎暑なか広島市電軋みゆく 藤原浩 栴檀 200510  
タラツプを島の炎暑へ逸りゆく 得田武市 河鹿 200510  
炎暑ゆく吾が影一尺花雁皮 吉田多美 京鹿子 200511  
屋上に人の働く炎暑かな 山下青坡 200511  
お願ひの選挙かきたつ炎暑かな 岩井桂子 四葩 200601  
シャッター街炎暑渦巻き始めけり 有働亨 馬醉木 200601  
六の弥陀吐きて炎暑の空也像 松村多美 四葩 200608 洛東
ビルは樹に樹はビルに添ふ炎暑かな 篠田純子 あを 200609  
人間も獣の吐息炎暑なり 伊藤憲子 200611  
糸杉の影がけものとなる炎暑 清水晃子 遠嶺 200611  
四週の炎暑余生もただならず 泉田秋硯 200611  
再入院約し炎暑の中帰宅 山田をがたま 京鹿子 200611  
炎暑来る夫と娘のゐて恵みの刻 山田をがたま 京鹿子 200611  
炎暑の夜三度も覚めて漠々と 大橋敦子 雨月 200709  
吸ふ息の詰って了ふ炎暑かな 篠田純子 あを 200710  
風少しありと炎暑の水道屋 田中藤穂 あを 200710  
粛然と炎暑の兆し原爆の日 木村茂登子 あを 200711  
百日紅炎暑の空のつめたさに 金井充 百日紅 200711  
炎暑来てそつとベツドに近寄る娘 山田をがたま 京鹿子 200711  
あつさりと炎暑終りぬ砂漠の地 伊吹之博 京鹿子 200712  
一つ覚え二つ忘るる炎暑かな 金田美恵子 ぐろっけ 200808  
歓喜天そこにありたる炎暑かな 中島陽華 200809  
自販機の感度も鈍る炎暑かな 坂上香菜 200809  
十字路に人の消えたる炎暑かな 神蔵器 風土 200809  
何事ぞ炎暑の犬に胴着着せ 塩田博久 風土 200809  
サイレント映画の如き炎暑かな 浅嶋肇 やぶれ傘 200810  
川舟を舫ふ佃の炎暑かな 青木政江 酸漿 200810  
俯いて上る炎暑の詣道 金森教子 雨月 200811  
懐紙一枚炎暑に燃せば黄のほむら 大畑善昭 200909  
ぜいたくと思ふ水音炎暑かな 黒澤登美枝 200909  
曼荼羅をつきつけられて炎暑かな 西村純太 200910  
列島の時間のゆがみ炎暑かな 藤沢愃 炎環 200910  
四つ辻に人一人見ぬ炎暑かな 高橋照子 雨月 200910  
炎暑かな遠き車の屋根光る 出口誠 六花 200910  
停車位置やや外れたる炎暑かな 渡部節郎 転舵の渦 200911  
草むらに缶を蹴り込む炎暑かな 白石正躬 やぶれ傘 200912  
フラミンゴ赤のもつれてゐる炎暑 山田弘子 ホトトギス 200912  
平成の炎暑に曝す珪化木 船橋とし 201005  
これよりの炎暑百日蒜の花 紀川和子 201009  
路面より蒸し焼きの刑炎暑なる 石川かおり 201009  
清盛の情熱加へ島炎暑 宮田香 201010  
音たてて記憶くづるる炎暑かな さのれいこ 春燈 201010  
パンドラの箱を開けたる炎暑かな さのれいこ 春燈 201010  
瓜と爪間違ふほどの炎暑かな 高橋将夫 201010  
ひりひりと炎暑の木肌まくれかな 久津見風牛 201011  
存へて夫婦傘寿の炎暑かな 小澤正信 201011  
炎暑かな郵便局に客ひとり 戸田澄子 末黒野 201011  
掛け軸の達磨平然炎暑の日 楯野正雄 201011  
私も影も汗ふく炎暑かな 佐々木良玄 春燈 201011  
六畳の四隅に籠る炎暑かな 大竹淑子 風土 201011  
街炎暑花屋に白き胡蝶蘭 伊藤一枝 酸漿 201011  
半蔀も鰐口もまた炎暑かな 有本倍美 ろんど 201011  
駅炎暑舟型屋根の尚も反る 鈴木浩子 ぐろっけ 201011  
電話なし客なし炎暑のしじまかな 吉沢秀ひろ ろんど 201011  
恐龍の卵かへるか秋炎暑 延広禎一 201012  
散歩嫌う犬の肉球炎暑かな 福田漣 201012  
裸婦像の身をくねらせて炎暑来る 紀川和子 201107  
仰ぎたる眼を的に炎暑光 布川直幸 201108  
炎暑の日麻布更級蕎麦湯かな 篠田純子 あを 201109  
人を見ず炎暑干し物さへも見ず 定梶じょう あを 201110  
針治療終へて炎暑の町へかな 菅野日出子 末黒野 201110  
褒められし髪も切りたき炎暑かな 清水量子 201110  
木道の下の水音炎暑かな 山路紀子 風土 201110  
蛇口より声の出さうな炎暑かな 山本茂子 末黒野 201110  
日々炎暑地底に埋める燃料棒 田中藤穂 あを 201110  
炎暑いま三時仁王が忿怒せり 定梶じよう あを 201110  
折鶴の嘴きりり炎暑かな 中村江利子 京鹿子 201111  
炎暑なかバーコードはずし退院す 福田かよ子 ぐろっけ 201111  
ラケットの一撃炎暑散らしけり 中島玉五郎 201208  
目つむりて炎暑の中の風にあう 木村茂登子 あを 201209  
風向計物憂くまはる炎暑かな 高橋あさの 201209  
石あれば炎暑の中に道祖神 北村香朗 京鹿子 201210  
人生はプラス思考よ炎暑とて 千田敬 201210  
白菜を見ずに炎暑の故宮去る 福島せいぎ 万象 201210  
五臓六腑重たきままの炎暑かな 大橋晄 雨月 201210  
町中の音の途絶ゆる炎暑かな 中村美代 末黒野 201211  
足の指炎暑に跳ねるベビーカー 福田かよ子 ぐろっけ 201211  
壺の耳さはつてゐたる炎暑かな 佐藤凉宇子 ろんど 201211  
きらきらと隣家光れる炎暑かな 長島清山 かさね 201211  
不機嫌の向けどころなき炎暑かな 木村茂登子 あを 201310  
炎暑の夜救急サイレン又も過ぐ 吉田光子 ぐろっけ 201310  
炎暑来て荷崩のごとへたり込む 石橋萬里 ぐろっけ 201311  
終日をごろ寝で過す炎暑かな 松木清川 ぐろっけ 201312  
絵本展炎暑忘るる別世界 坂根宏子 野山の道 201404  
炎暑とて出掛ける若さ羨しとも 稲畑汀子 ホトトギス 201407  
炎暑このひらひら遊ぶ犬の舌 布川直幸 201408  
喪服吾れ炎暑影なき塀に沿ふ 定梶じょう あを 201409  
どの影も地を這ってをり大炎暑 大日向幸江 あを 201409  
干物啣へ猫ゆうゆうと炎暑道 斉藤裕子 あを 201409  
口数の少なく炎暑つづくなり 田中藤穂 あを 201410  
鬼瓦炎暑無言の面構へ 荻龍雲 201410  
炎暑来て菩薩の眼すがすがし 藤本節子 万象 201410  
をんをんと雲ひとつなき炎暑かな 辻美奈子 201410  
炎暑来て熱中症に気を遣ひ 難波篤直 201411  
殊更にしやつきり歩く炎暑かな 佐藤弘香 ろんど 201412  
キャッチャーの膝が物言う炎暑くる ねじめ正一 船団 201508  
真紅の花活け炎暑の厨かな 中貞子 201509  
炎暑の日「生き延びましょ」とジムの友 須賀敏子 あを 201509  
眉引きの左右揃はぬ炎暑かな 須藤美智子 風土 201510  
体温でサドルを冷ます炎暑かな 成宮紀代子 201510  
省略をしすぎし地図の街炎暑 大矢恒彦 201510  
玻璃一枚隔て炎暑の大欅 竹内タカミ 201510  
炎暑の路地男言葉の女子生徒 松本三千夫 末黒野 201510  
ネクタイを外して窓を拭く炎暑 鴨下昭 201510  
好きで出る炎暑の句会苦にならず 松本秀子 201510  
つむじ風街を浚ひて炎暑かな 岡山敦子 京鹿子 201511  
総論賛成各論反対炎暑かな 中嶋陽子 風土 201511  
ひつそりと息殺しゐる炎暑かな 大橋伊佐子 末黒野 201511  
氷切る音は空耳街炎暑 高木嘉久 201608  
終刊号ごくろうさまと書き炎暑 渕上千津 201609  
水かけ地蔵炎暑の街を練り歩く 田代民子 201609  
砂漠の地続く炎暑に風死なず 伊吹之博 京鹿子 201609  
われは何者炎暑の海にただ浮かぶ 有松洋子 201610  
わが十字架背負いて行くやこの炎暑 犬塚李里子 201610  
ふるさとが城が崩れてゐる炎暑 岩岡中正 ホトトギス 201611  
色強く藤狂ひ咲く炎暑かな 飛高隆夫 万象 201611  
ダンプカー静かに止まる炎暑かな 丑久保勲 やぶれ傘 201611  
真澄路をたどる炎暑に影ゆだね 工藤ミネ子 風土 201612  
正論の溶けてゆくさま炎暑かな 杉井真由美 京鹿子 201612  
道問ふに人つ子一人居ぬ炎暑 苑実耶 201612  
ビル街に炎暑の壁の厚さかな 吉村摂護 201612  
両足に鉛の重さある炎暑 木暮陶句郎 ホトトギス 201702  
音たてて林間に入る炎暑かな 赤坂恒子 船団 201702  
爆音の過ぎたるあとの炎暑かな 芝田幸惠 末黒野 201704  
摘芯の指に炎暑の闇宿る 吉武美子 201708  
炎暑はや地割れ田んぼの息乱れ 岡崎郁子 馬醉木 201710  
熊蝉の鳴いて炎暑を煽りけり 大森道生 春燈 201710  
塩飴を味方にしのぐ炎暑かな 福澤聡子 末黒野 201810  
豪雨炎暑生きる工夫の今日暮るる 長崎桂子 あを 201810  
炎暑なか羽を広げて蝶の飛ぶ 江口九星 201904  
肉好きの人の群がる炎暑かな 佐藤日和太 船団 201910  
電線の影さへ恃み炎暑行く 森脇貞子 雨月 201910  
ひとひとり通らぬ今日の炎暑かな 秋川泉 あを 201910  
炎暑の日銀歯の人の尋ね来る 中西厚子 201911  
炎暑かな蟻は将来見据いる 江口九星 201912  
トースターにフォークさしこむ炎暑かな 十一 船団 201912  
阿羅漢の寄せる眉目も炎暑かな 亀井福恵 京鹿子 201912  
土塀に影の張りつく炎暑かな 政時英華 京鹿子 202001  

 

2020年7月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。