えごの花     112句

人を見て羞かむ犬よえごの花    高島茂    冬日

作品
作者
掲載誌
掲載年月
山肌をひとところ染めえごの花 久保木千代子 春耕 199809
対岸を近付けえごの花咲けり 稲畑廣太郎 ホトトギス 199906
貞先生住みし丘なるえごの花 白澤よし子 馬醉木 199907
雉鳩の踏みてゆきたるえごの花 三浦みち子 199907
えご咲くや並びてちがふ喪の案内 横田元子 199908
えごの花石仏展の静もりぬ 宮倉浅子 遠嶺 199909
いつせいにえごの花散る都市の夜 長澤奏子 船団 199909
逢うてきてむなしきこゝろえごの花 田伐平三郎 ぐろっけ 199909
制服の少女らに散りえごの花 伊藤トキノ 199909
えごの花蹄鉄を打つ馬の瞳に 鈴木夢亭 塩屋崎 199910
えごの花房なし垂るる凛々しさよ 岡田ン太雄 雨月 200006
えごの木や花幾万の雨しづく 持田e子 風土 200008
川下でみんな死んでるえごの花 中村苑子 「花狩」 200008
えごの花ひつくりかへり比丘尼かな 小山森生 200008
えごの花水を轢きたる音なりし 小山森生 200008
えごの花靴音自我の響きかな 柴田いさを 船団 200010
帰るのはいつもこの通えごの花 山岸みずき 船団 200011
えごの花鹿に池みちありにけり 岡井省二 200106
えごの花掬ひし帽子失くしけり 石橋翠 いろり 200107
えごの花載りたる水のくぼみかな 高橋とも子 200107
えごの花散る通院の遊歩道 叶多道子 遠嶺 200108
えごの花一枝を顔へ引き寄せる 二瓶洋子 六花 200109
えごの花奈落へ落つる音したり 柴田いさを 船団 200111
一日のはじまるえごの咲きあふれ 松岡隆子 200206
えごの花散る旧道の塞の神 伊佐春子 春耕 200206
花えごの香り漂ふ湯の坂に 前田陽子 200208
えご咲けば波郷の眼鏡おもほゆる 伊藤白潮 200507
えご咲いて右へ曲れば双絮庵 内山まり子 風土 200508
えご咲くや思ひを越ゆる暗き森 黒坂紫陽子 馬醉木 200508
えご咲くや去年より紅を増してをり 椿和枝 200708
えご咲くや散るや愛憎過去のもの 小田嶋野笛 末黒野 200910
えごの花武蔵野今昔物語 稲畑廣太郎 ホトトギス 201006
蒼空を恋ひて散るなりえごの花 鎌倉喜久恵 あを 201007
えごの花思ひ出せぬよ失語症 新実貞子 201008
渓水の石運ぶ音えごの花 山本無蓋 201009
ほつほつと散りどつと落ちえごの花 今橋眞理子 ホトトギス 201010
えごの花落ちて路上の星となる 金子清孝 ぐろっけ 201102
退院の二転三転えごの花 林いづみ 風土 201108
カーブミラーえご花旺ん散り翳る 吉田克美 ろんど 201108
えご咲いて海賊船に雨が降る 瀬戸悠 風土 201109
えごの花題目並べ喜寿迎ふ 児玉有希 京鹿子 201109
えごの花水神様の祠跡 高野春子 京鹿子 201109
えごの花散り敷く沼のささ濁り 大島英昭 やぶれ傘 201109
えごの花悼み咲きして墳丘墓 和田照海 京鹿子 201110
バス停のベンチはえごの花の下 天野美登里 やぶれ傘 201110
風に散り風過ぎて散りえごの花 近藤南麓 万象 201110
平らかな水田に零れえごの花 上月智子 末黒野 201204
えご咲いてこんなところに蒙古斑 辻美奈子 201207
せせらぎの風の触れゆくえごの花 岡野里子 末黒野 201208
こぼれても仰向かぬなしえごの花 三村純也 ホトトギス 201209
地球儀のどこかで戦えごの花 山田正子 201210
えごの花網代の笠に巡礼者 升田ヤス子 六花 201309
えごの花写真嫌ひの一人ゐて 生田恵美子 風土 201401
師を訪ひしこの道えごの咲く頃に 鈴木良戈 201408
雨脚にふれては零るえごの花 箕輪カオル 201408
見上ぐれば中空に満ちえごの花 森清堯 末黒野 201409
原発へ二十七粁えごの花 間島あきら 風土 201501
えご咲くや風いつまでも我を打ち コ田千鶴子 馬醉木 201507
高きより伏し目がちなるえごの花 河本由紀子 春燈 201507
えごの花ちらほらえごの葉がひかり 藤井美晴 やぶれ傘 201507
ひと悼む夕べ散り敷くえごの花 田原陽子 201508
えごの花父祖らの葛屋聚められ 大畑善昭 201508
身の幅の磴の踊り場えごの花 森清堯 末黒野 201509
七月のえごの葉裏の白きこと 竹内弘子 あを 201509
えごの花夜の街路に香を放ち 丹羽武正 京鹿子 201510
えごの花地味を着こなす人と会ふ 原田達夫 箱火鉢 201511
コンパクト閉ぢれば散りしえごの花 片山煕子 京鹿子 201601
水の上えごの落花の走りゆく 渡真利真澄 万象 201606
えご散るやひねもすとどく水の音 石橋邦子 春燈 201607
えご散つてゐるところより坂道に 根橋宏次 やぶれ傘 201607
白々と朝日をまとひえごの花 川村亘子 末黒野 201608
山の径散り敷くえごの花白き 岡本ヨシエ 末黒野 201609
道幅を狭めて白しえごの散る 坂口郁子 末黒野 201609
旧道は曲がりの多しえごの花 石黒興平 末黒野 201610
山道は急に険しくえごの花 安藤久美子 やぶれ傘 201610
薄雲がゆくえごの実は鈴生りに 藤井美晴 やぶれ傘 201701
大池の岸白じろとえご散りぬ 小川玉泉 末黒野 201708
えご咲いて長身波郷佇つごとし 赤石梨花 風土 201708
えご散るや雨のたばしる聖母坂 コ田千鶴子 馬醉木 201708
えごの花散るや雨読の方丈記 田中藤穂 あを 201708
降る雨と落つるしづくとえごの花 青谷小枝 やぶれ傘 201708
ここからは白き小道やえごの花 石塚清文 やぶれ傘 201709
蕉庵の風を色付けえごの花 稲畑廣太郎 ホトトギス 201805
雨音の静かになりぬえごの花 瀬戸薫 風土 201808
思春期やえご散るころを鬱々と 辻美奈子 201808
えご散るや崖の吊橋音錆びて 森清信子 末黒野 201810
墳山やいつも風あるえごの花 斉藤玲子 馬醉木 201907
悦惚と匂ふ花えご伎芸天 赤峰ひろし 201908
えごの花散り点描の己が影 森清堯 末黒野 201908
調度にも明治の香りえごの花 加倉井たけ子 201909
えご散るや父の匂ひの農具小屋 久保久子 春燈 201909
抜け道の昔花街やえごの花 久米憲手 春燈 201909
えごの花木曾路の空の移り気に 林未生 201909
えごの花散るゆるやかな上り坂 瀬島洒望 やぶれ傘 201910
バス停のベンチ塗り立てえごの花 天野美登里 やぶれ傘 201910
えごの花曲がりたくなる曲がり角 はしもと風里 201910
徘徊に近づく散歩えごの花 岩藤礼子 やぶれ傘 202007
えごの花散るは淡雪降るごとく 本間せつ子 末黒野 202008
えごの花こんなに散りてゐて万朶 升田ヤス子 六花 202009
えごの花天より星の下るやう 平野秀子 末黒野 202009
門閉ざす老人ホームえごの花 今井康子 202010
えごの花陶土を砕く杵の音 田中とし江 202010
えごの花こぼれ玉川上水路 倉澤節子 やぶれ傘 202108
古井戸の太き竹蓋えごの花 佐藤稲子 やぶれ傘 202108
泥川に魚跳ねる音えごの花 平嶋共代 202108
草陰の水音軽しえごの花 森清信子 末黒野 202108
木道へ香りの届きえごの花 村田敦子 末黒野 202108
日の洩れぬ樹下の明るくえごの花 森清堯 末黒野 202109
岬鼻の雲より醒めてえごの花 森清信子 末黒野 202109

 

2022年6月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。