どんど 1      100句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
どんど焚くころより雪の降りだせり 野沢しの武 風土 199811  
大どんど生木もつとも力みをり 鷹岡紫水 京鹿子 199904  
網元に蹤きてどんどに火を放つ 鈴木夢亭 塩屋崎 199910  
校庭の真ん中焦がしどんど果つ 田中美幸 199911  
勢ひのいまひとつなるどんどの火 鷹羽狩行 200001  
大どんど生木もつとも力みをり 藤岡紫水 京鹿子 200001  
わが庭にどんどの続きありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
火色なほ朝日をこばむどんどかな 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
どんど燃え尽きさうに人去り難く 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
目の入らぬ達磨の爆ぜてどんど焼 小山梧雨 200003  
竹爆ぜてどつと湧きたる大とんど 奥谷スミ子 雲の峰 200003  
山抜けて車窓に村のとんどかな 芥川園子 200003  
どんどの灰塵の隅々撒き終へぬ 杉本寛 200003  
火の舌の月舐めに行くどんどかな 川名将義 銀化 200003  
どんど餅鳥越の子等の総出かな 荒井正隆 200003  
掌をとんどに焙り時差癒やす 品川鈴子 ぐろっけ 200003  
どんど火が風産み風が焔生み 亀丸公俊 銀化 200003  
橙の汁吹き出せりどんど焼 皆川美恵子 春耕 200003  
いさぎよしどんどの竹の撥ねる音 皆川盤水 春耕 200003  
金色にどんど火うつす響灘 安田繁子 200003  
柴犬が遠きとんどに耳たてる 三宅やよい 玩具帳 200004  
どんど火や橙に炎の移りたる 竹内悦子 200004  
宮島の洲浜の轍大とんど 安倍いさむ 円虹 200004  
出勤の浜とんどへと寄り道し 安倍いさむ 円虹 200004  
播磨路や狼煙のごとくとんどの火 松原到 ぐろっけ 200004  
法皇も遊びごころのどんど焼く 林日圓 京鹿子 200004  
神前に火鑽火育っとんどかな 安倍いさむ 円虹 200004  
あげ潮の風にぎやかにどんどかな 小林あや子 200004  
何もかも乗り込みどんど行きのバス 上原若子 200004  
舞ふ鳶のとんど埃に紛れたる 安倍いさむ 円虹 200004  
かざす手に昔々のどんどの火 大井邦子 ぐろっけ 200005  
燠となり縄目とどむるどんど焚 和田和子 馬醉木 200005  
左義長の幟立て焚く大とんど 永野秀峰 ぐろっけ 200005  
大どんど火の粉が揚り星となる 永野秀峰 ぐろっけ 200005  
ひらひらと火は火を煽るどんど焼き 富田美和 200005  
夕暮の浜風撓ふとんどの火 石本百合子 馬醉木 200012  
雲疾し焚火どんどんもやさねば 松山律子 六花 200101  
火に反りて昼の月あり大とんど 鷹羽狩行 200101  
どんど焚く千年杉を煙らせて 春田淳子 俳句通信 200103  
どんど火へ雪踏みかため道つくる 吉田明 200103  
夕暮にひとり焚く火もとんどなり 八染藍子 200103  
みそどんど九天の風を引きにけり 小形さとる 200103  
鋤きはじむどんどの匂ひ残りし田 遠藤アサ子 赤井 200103  
八ヶ岳望む田道やどんどの火 高野美佐子 俳句通信 200103  
流木の居丈高なり浜どんど 林敏明 200104  
地鎮祭終へたる竹もどんど火へ 今西ひろえ 200105  
どんどの火やはり男の焚きたる火 後藤立夫 ホトトギス 200105  
舞巫女の剣を染めてどんど燃ゆ 大井邦子 ぐろっけ 200105  
とんど見に観光客は船で来る 永野秀峰 ぐろっけ 200105  
大とんど浜風受けて捩れ燃ゆ 永野秀峰 ぐろっけ 200106  
どんど焼きいま完璧の火の柱 能村登四郎 200108  
城攻めのごとく山に灯どんど建つ 伊藤鯰子 ぐろっけ 200109  
一番の長き竿持ちどんど焼く 平田紀美子 風土 200201  
海鳴りの闇の深まるどんど焼 木村はつえ 春耕 200203  
どんど焼き昔話のつきぬまま 小橋安子 いろり 200203  
雨いつか霙にかはりどんど焼 小澤スミエ 200203  
鳶の舞とんどの浜の弓なりに 水原春郎 馬醉木 200203  
火が風を風が波呼ぶとんど焼 水原春郎 馬醉木 200203  
青竹の爆ぜたる火の粉浜とんど 水原春郎 馬醉木 200203  
九つの火柱競ふ浜とんど 水原春郎 馬醉木 200203  
木の枝で餅をもらひしどんど焼 木村はつえ 春耕 200203  
とんどの火燃えよ燃えよと大太鼓 水原春郎 馬醉木 200203  
どんど焼降り込む雨を燃えたたせ 中村房子 馬醉木 200203  
とんどの輪縮め男のかつぽ酒 中田貞子 200203  
波音と喚声とんど倒れけり 水原春郎 馬醉木 200203  
目の開かぬ達磨も混じりどんど焚 伊藤洋子 200203  
五平餅恵那のどんどにもてなさる 室伏みどり 雨月 200204  
恵那山の雪舞ひ来どんどの火柱に 室伏みどり 雨月 200204  
どんど焼妻の団子の皆いびつ 吉川啓示 200204  
どんど焼一か所青き炎立つ 久保田由布 ぐろっけ 200204  
だるまさんがころんだどんど火の燠に 萩谷幸子 雨月 200204  
どんと焼少年肩をこがしけり 寺田きよし 酸漿 200204  
どんど火の叫び飛びせし夜の浜 小澤克己 遠嶺 200204  
海中に漢綱引く浜どんど 小澤克己 遠嶺 200204  
不機嫌の子にはじけ飛ぶどんどの火 岸はじめ ぐろっけ 200204  
目の入らぬ達磨も焚かれどんどの火 夏目満子 酸漿 200204  
どんど焼き海の字二枚ゆらゆらと 西塚茂代 六花合同句集 200205  
月山の深き黙あり大どんど 曷川克 遠嶺 200205  
橙を夫ところがすどんど焼き 岩木眞澄 ぐろっけ 200205  
開門の太鼓がどんと花の城 笠間圭子 京鹿子 200206  
どんど焼き金輪際の火の粉飛ぶ 小澤克己 遠嶺 200210  
どんど焼き海の字二枚ゆらゆらと 西塚茂代 六花句集 200302  
どんど果て闇の温みを惜しみけり 鮎川富美子 200303  
どんどの灰額に貼りしを孫笑ふ 安藤孝助 200303  
木曽谷の闇得てどんど猛りけり 大沢敦子 雲の峰 200303  
藁多きどんど一気に燃えさかる 神原操 雨月 200303  
どんど火の灰降る振舞汁粉かな 夏目満子 酸漿 200304  
竹爆ぜて水のふき出すどんどかな 井上あい 風土 200304  
潮水を振り掛け始むどんど焼 太田蓉子 200304  
火の付きし護符舞ひ上るどんど焼 揚原れい子 築港 200304  
飛沫あぐ海へ火の粉のどんど焼 太田蓉子 200304  
火照りたる笑顔並べりどんどの火 夏目満子 酸漿 200304  
とんど焚く法被の衆の老いにけり 小島和子 百鳥 200304  
大磯は急行止めずどんど焼 太田蓉子 200304  
子らのこゑ天へ捧げてどんどの火 高橋伸 200304  
焚かれつつ睨む達磨やどんど焼 夏目満子 酸漿 200304  
どんどの炎見上ぐる氏子輪になつて 揚原れい子 築港 200304  
畦道のそこここ崩れとんど果つ 工藤義夫 馬醉木 200305  
まだ熱きどんどの灰を畑に撒く 筒井圭子朗 ぐろっけ 200305  
鳶口にどんどの燠を広げけり 山路紀子 風土 200305 どんと →2

 

2018年1月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。