泥鰌汁   14句

更くる夜を上ぬるみけり泥鰌汁    芥川竜之介

泥鰌鍋  泥鰌汁

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
席つめて一期一会の泥鰌汁 志水千代子 俳句通信 199909  
泥鰌汁とぼけた味を出しにけり 土井田晩聖 銀化 200207  
ピカソの青そびらにしたる泥鰌汁 水野恒彦 200211  
旅三日七味振り込む泥鰌汁 師岡洋子 ぐろっけ 200510  
入れ込みのせはしく啜るどぜう汁 生田高子 春燈 200709  
鬼平の好みし味か泥鰌汁 小野麻利 200811  
深川に老舗の暖簾どぜう汁 中根健 200910  
世渡りは中の下辺り泥鰌汁 坂本哲弘 山ざくら 201009  
啜るとき口をとがらす泥鰌汁 吉田葎 201112  
久闊の言葉巧まず泥鰌汁 木村風師 馬醉木 201202  
衝立の仕切るひと間や泥鰌汁 斉藤マキ子 末黒野 201311  
風の上を風は行くなり泥鰌汁 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
ご近所に声かけ囲む泥鰌汁 柴田志津子 201502  
もつこりと泥鰌顔出す泥鰌汁 きくちきみえ やぶれ傘 201509  
痛風ぢやなかつたみたい泥鰌汁 秋月祐一 船団 201812  

 

2019年7月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。