文化の日 1   408句

文化の日一日賜ふ寝てゐたり   清水基吉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
文化の日機械でほぐす肩の凝り 柴崎加代子 199903  
新しき館旗と国旗と文化の日 島崎晃 遠嶺 199903  
文化の日ハードボイルドエッグの目 武井康隆 船団 199903  
赤い傘に赤い雨降る文化の日 松永典子 船団 199903  
上京区ぽかんぶらりの文化の日 朝日彩湖 船団 199903  
段ボールの中より見ゆる文化の日 小倉喜郎 船団 199903  
パソコンの売場で遊ぶ文化の日 北畠明子 ぐろっけ 199903  
ピノキオの靴闊歩する文化の日 今城知子 船団 199907  
八十すぎて学ぶ書のあり文化の日 清水かつ 酸漿 199912  
文化の日おはしで食べるAランチ 朝日彩湖 船団 199912  
核家族三角おにぎり文化の日 北原武巳 船団 199912  
文化の日目覚めていのちある手足 柳生千枝子 火星 200002  
古代魚が網に掛つて文化の日 水谷契江 六花 200003  
古新聞読むホームレス文化の日 立石萌木 雨月 200003  
留守居番悲しからずや文化の日 大平保子 いろり 200012  
画賛遺墨展べて文化の日なりけり 熊岡俊子 雨月 200101  
広辞林乘りて釘打つ文化の日 島貫アキ子 銀化 200101  
落款の朱の色を褒め文化の日 鈴木良戈 200101  
国宝の一号拝す文化の日 竹内喜代子 雨月 200102  
文化の日尺差用ひ印刷屋 梅田泰正 ぐろっけ 200102  
関わりの世事も減りたり文化の日 保坂加津夫 いろり 200111  
猫の掌のふはふはとあり文化の日 石橋翠 いろり 200111  
文化の日つつがなきことさみしくて 大平保子 いろり 200111  
留守番もなれて仕舞へば文化の日 大平保子 いろり 200111  
円卓の末席さがし文化の日 水谷契江 六花 200111  
円周率短くなるや文化の日 水谷契江 六花 200111  
蒙古斑みせて這ひ這ひ文化の日 水谷契江 六花 200111  
泥くさく生きるしかなし文化の日 水谷契江 六花 200111  
文化の日逆さ由布へと櫂をこぐ 田辺博充 200112  
図書館の休んでをりぬ文化の日 丁野弘 200112  
文化の日カレーを食べて終りたり 保坂加津夫 いろり 200112  
いつもとは違ふ気のする文化の日 熊谷みどり いろり 200112  
文化の日身のこなしよき後に従く 久保田一豊 いろり 200112  
文化の日落語に凝りを癒さるる 斉藤静枝 あを 200112  
聖戦の硝煙映す文化の日 斉藤静枝 あを 200112  
一善の鞄を背なに文化の日 丸山佳子 京鹿子 200201  
耳厚き和紙を買ひ足す文化の日 江原正子 春耕 200201  
敬具にて結ぶ文来る文化の日 杉江茂義 雲の峰 200201  
文化の日京都をよぎり奈良へゆく 大串章 百鳥 200201 東吉野村行
手絞りの小物の売れて文化の日 神山ゆき子 200202  
ピカソ展見て偏頭痛文化の日 塩路五郎 200202  
日当とす古書みつかりぬ文化の日 二村蘭秋 雨月 200202  
表彰の返事大きく文化の日 広瀬公子 百鳥 200202  
アンテナに鴉の止る文化の日 浜麻衣子 六花 200202  
受賞者に七の多きや文化の日 桑原敏枝 いろり 200202  
次の世も親子でゐたい文化の日 菊池育子 遠嶺 200202  
受賞祝ぐ心一つに文化の日 小林武子 円虹 200202  
鍬の柄をすげ替へてゐる文化の日 山本あかね 百鳥 200212  
琵琶の音に親しむことも文化の日 谷口ふみ子 雨月 200212  
文化の日誓子ゆかりの寺に来て 塩川雄三 築港 200301 高幡不動尊
人間のよく出来てをる文化の日 竹村悦子 銀化 200301  
ゆるぎなき皺の数々文化の日 阪谷村比呂未 銀化 200301  
エジプト展彩色木棺文化の日 小池津や子 帆船 200301  
真珠市立ちたる志摩や文化の日 小山香月 酸漿 200301  
杖持ちて老も出かける文化の日 白石秀雄 酸漿 200301  
ロボットの疲れ知らずや文化の日 塩路五郎 200302  
クーリーの土掘り返す文化の日 高松由利子 火星 200302  
文化の日母の部屋より釘打つ音 加藤暢一 200302  
楽譜めくる役つかまつり文化の日 立石萌木 雨月 200302  
カーテンコールふたたび三たび文化の日 立石萌木 雨月 200302  
自転車に油注しをり文化の日 宮澤美和子 百鳥 200302  
日々に踏む上りかまちや文化の日 清水孝子 200302  
書を開くことも疎遠に文化の日 鈴木喜三郎 ぐろっけ 200302  
ゴッホ展二時間の列文化の日 川合正男 ぐろっけ 200302  
漫画本店に溢れて文化の日 鵜飼紫生 雨月 200303  
文化の日歴史を秘めし二条城 稲畑廣太郎 ホトトギス 200304  
ヒトゲノム解読されて文化の日 松山律子 六花 200305  
しみじみと便座の温き文化の日 丁野弘 200311  
傘立が杖で溢るる文化の日 斎藤和江 帆船 200312  
羽ペンとヘボン綴りや文化の日 池田冨美 帆船 200312  
銀皿をかたげ文化の日のスープ 篠田純子 あを 200312  
文化の日幼児の踊るフラダンス 坂本フジ 帆船 200401  
茴香は背丈を揃へ文化の日 福井隆子 対岸 200401  
東京に富士山見えて文化の日 渡辺美代 対岸 200401  
書に倦みて雀に餌を文化の日 金子つとむ 雲の峰 200401  
文化の日葉を裏返す手紙の木 羽深美佐子 草の花 200401  
文化の日孫には出ない力瘤 須川香澄 草の花 200401  
曇りたるままに黄昏れ文化の日 片山由美子 200402  
雨となるおはら祭りや文化の日 沼口蓬風 河鹿 200402  
雨に籠り学ぶ歳時記文化の日 沼口蓬風 河鹿 200402  
フアツクスに自画像笑ふ文化の日 原田竜子 河鹿 200402  
暗記力目減りしてをり文化の日 吉田明子 200402  
文化の日明治の人を囲みけり 小山内巌 百鳥 200402  
文化の日劇中の石わが子なり 前田倫子 百鳥 200402  
拭き上げしにはか舞台や文化の日 高木武人 百鳥 200402  
愛情のかたちは不変文化の日 鈴木えり子 百鳥 200402  
文化の日欺くして塵も生まれ出づ 鈴木えり子 百鳥 200402  
ユトリロの絵に会ひにゆく文化の日 岡淑子 雨月 200402  
家元より卒寿の祝文化の日 斉藤陽子 雨月 200402  
大坂の渋滞はげし文化の日 平居澪子 六花 200402  
催馬楽を隼人の舞へる文化の日 九万田一海 河鹿 200403  
サイフオンに酒温たむる文化の日 四戸和彦 八千草 200405  
縦縞の最後の勇姿文化の日 稲畑廣太郎 ホトトギス 200411  
文化の日雨の記憶のなかりけり 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
わいせつな落書されし文化の日 出口誠 六花 200411  
まだ女であるを見直す文化の日 丸山佳子 京鹿子 200412  
文化の日工事前後の写真帳 北嶋ひさ子 帆船 200412  
外遊の着色写真文化の日 秋田谷明美 帆船 200412  
机辺の塵払ひてみもし文化の日 木村茂登子 あを 200412  
文化の日割りし胡桃に部屋いくつ 佐藤よしい 風土 200501  
風鎮のひとつ欠けたる文化の日 笹村政子 六花 200501  
文化の日「只今マイクのテスト中」 遠野萌 200501  
文化の日朽葉の上に雉子の羽根 中山純子 万象 200501  
神宝の太刀の御沙汰書文化の日 岩井泉樹 春燈 200501  
弥五郎どん浜へのつそり文化の日 沼口蓬風 河鹿 200502  
海の機嫌櫓音に聴くも文化の日 新田巣鳩 馬醉木 200502  
七厘の煮豆吹きゐる文化の日 新海りつ子 馬醉木 200502  
ふんはりと乾物もどり文化の日 矢島久栄 200502  
自転車で使に走る文化の日 平尾信一 帆船 200502  
文化の日横書きわれに容れられず 星加克己 ぐろっけ 200502  
文化の日横一列に着席す 小田玲子 百鳥 200502  
文化の日回転ドアに押出され 前田倫子 百鳥 200502  
子の飛ばすボトルロケット文化の日 冨永道子 百鳥 200502  
文化の日われの秘密の数字持つ 坂ようこ 200502  
改めて家紋など聞く文化の日 伊藤早苗 200502  
明け烏おだやかに啼き文化の日 安達広子 200502  
文化の日昔気質が国旗あげ 佐藤淑子 雨月 200503  
仏壇に父の勲章文化の日 二瓶洋子 六花 200503  
暮れてなほ雲厚くして文化の日 二瓶洋子 六花 200503  
猫脚の影のまるみも文化の日 服部早苗 200504  
一盞と納豆おろし文化の日 山元志津香 八千草 200505  
文化の日文殊菩薩のとびら開け 岬雪夫 200507  
文化の日句友句敵揃ひたる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200511  
和服てふ必殺技や文化の日 中村房枝 六花 200511  
文化の日模型機関車子ら乗せて 岩永草渓 築港 200512  
背広着て庭師賞受く文化の日 岩永草渓 築港 200512  
付け髭で笑はす余興文化の日 岩永草渓 築港 200512  
仁和寺を出て金閣へ文化の日 岩永草渓 築港 200512  
当番医手持ち無沙汰や文化の日 岩永草渓 築港 200512  
水茎のブルーブラック文化の日 山下青坡 200601  
灘は波高きがよけれ文化の日 福井隆子 対岸 200601  
後ろ手に髪ととのへる文化の日 宮地れい子 春燈 200601  
ヘプバーンのスクーター駆る文化の日 生方義紹 春燈 200601  
文化の日尾のあるものは穴を掘る 丸山佳子 京鹿子 200601  
文化の日古本屋街散歩せり 南原正子 酸漿 200601  
アイロンで日の丸伸ばす文化の日 宮城白路 風土 200601  
半分は読んでない本文化の日 宮城白路 風土 200601  
まんぼうと玻璃対面や文化の日 泉田秋硯 200602  
花々に和名洋名文化の日 藤森万里子 百鳥 200602  
文化の日鶴亀算も忘れけり 石川英利 百鳥 200602  
俳諧をすこし齧りて文化の日 中谷信子 百鳥 200602  
習字の子膝を正して文化の日 一瀬昭子 馬醉木 200602  
文化の日なりしと選ぶ草図鑑 内田エミコ 四葩 200602  
先輩の句集拝見文化の日 廣瀬義一 雨月 200602  
電子辞書の電池取り替ふ文化の日 田所洋子 雨月 200602  
倭うた離宮に聴けり文化の日 味村志津子 雨月 200602  
豚汁の大湯気かぶる文化の日 垣岡暎子 火星 200602  
たんねんに風鎮磨く文化の日 安田とし子 ぐろっけ 200602  
よく撓う筆の白穂や文化の日 渡邉英子 馬醉木 200603  
負けん気の子規漱石や文化の日 稲岡長 ホトトギス 200603  
風騒の集ひしづかに文化の日 稲岡長 ホトトギス 200603  
人に群れひとりの愁ひ文化の日 稲岡長 ホトトギス 200603  
買ひに行くコーヒーの水文化の日 佐藤京子 百鳥 200603  
文化の日親子三代結婚日 芦川まり 八千草 200605  
上野の森オカリナ流る文化の日 大滝香釈 八千草 200605  
歳なりのソーシャルダンス文化の日 宇根綾子 二輪草 200606  
本復のこの日待ちたる文化の日 稲畑汀子 ホトトギス 200611  
日の丸を掲げてせめて文化の日 稲畑汀子 ホトトギス 200611  
エレベーターに家族の詰まり文化の日 千田百里 200611  
捨てる物択ぶたのしみ文化の日 竹内弘子 あを 200612  
文化の日画鋲の傷の指舐めて 藤原たかを 馬醉木 200701  
やぶさめの馬曳きまはす文化の日 大西八洲雄 万象 200701  
文化の日栄養テスト合格す 舘泰生 風土 200701  
叙位叙勲今や用なし文化の日 有田蟻太 200702  
ニックネームを付けるの得意文化の日 岡谷栄子 200702  
子を乗せて梯子車宙へ文化の日 竹下幸子 火星 200702  
先師遺墨一に拝して文化の日 堀田恵美子 雨月 200702  
色鳥のごとき小舟や文化の日 百瀬七生子 海光 200705  
文化の日父母に手向ける絵蝋燭 芦川まり 八千草 200705  
紅白の落雁遙か文化の日 八塩グレース 八千草 200705  
文化の日西への旅は欠かされず 稲畑廣太郎 ホトトギス 200711  
旧稿をさがしあぐねて文化の日 品川鈴子 ぐろっけ 200711  
温容を貫きし母文化の日 太田實 ぐろっけ 200711  
教へ子といふも白髪文化の日 林翔 200712  
天皇の御名諦してわが文化の日 今谷脩 ぐろっけ 200712  
亡き妻の娶りあだかも文化の日 澤田緑生 馬醉木 200801  
文化の日徳川展に古代知る 佐藤健伍 200801  
文化の日書道展示に夢を追ふ 佐藤健伍 200801  
文化の日みなとみらいの地下鉄線 仁平則子 200801  
文化の日キリトリ線は折つてから 服部早苗 200801  
ゆつくりと朝日がのぼる文化の日 中山純子 万象 200801  
天皇の御名誦すわが文化の日 今谷脩 ぐろっけ 200801  
文化の日選者十八番のじょうさ節 大空純子 ぐろっけ 200801  
児と競う百マス計算文化の日 中塚照枝 200802  
鳩時計五分遅れて文化の日 藤井彰二 馬醉木 200802  
演歌歌手呼ぶが新市の文化の日 布川直幸 200802  
ソムリエに頷く夕餉文化の日 玉川悠 遠嶺 200802  
胸にしむお言葉賜はる文化の日 丸山佳子 京鹿子 200802  
スタンプラリーへ小走る夫婦文化の日 丸山佳子 京鹿子 200802  
崩してはまた積む積木文化の日 竪山道助 風土 200802  
叙勲者に級友あるよ文化の日 岡有志 ぐろっけ 200802  
回廊の歳月軋む文化の日 今井松子 遠嶺 200803  
ビン並ぶ如く警官文化の日 中島玉五郎 200811  
倒すため並べるドミノ文化の日 高橋将夫 200811  
阿波木偶につむじ撫でらる文化の日 品川鈴子 ぐろっけ 200811  
押し鳴らす箪笥風琴文化の日 山田六甲 六花 200811  
一席の手話の落語や文化の日 金原亭馬生 炎環 200812  
秋刀魚焼くけむりも出さず文化の日 遠藤実 あを 200812  
卆寿いまお試しパック文化の日 塩路隆子 200901  
文化の日芸能鑑賞堪能す 佐藤健伍 200901  
衣擦れとふ永劫の美や文化の日 千田百里 200901  
句碑除幕これぞ文化の日といへり 大橋晄 雨月 200901  
古語多き校長訓話文化の日 乗光雅子 雨月 200901  
明治節の頃なつかしみ文化の日 青垣和子 雨月 200901  
文化の日に適ふ師の句碑披かな 久保田雪枝 雨月 200901  
地下駅の核シェルターめく文化の日 篠田純子 あを 200901  
俳句もて言葉を紡ぐ文化の日 布川直幸 200902  
つたなさの愛しき色紙文化の日 布川直幸 200902  
名園の松かがやけり文化の日 水野あき子 遠嶺 200902  
古書市の端折り返す文化の日 落合絹代 風土 200902  
文化の日壁に二口コンセント 柿沼盟子 風土 200902  
夫在らば結婚記念日文化の日 久米憲子 春燈 200902  
父と子の苑に野球や文化の日 大井彌雨 雨月 200902  
先生の行事板書に文化の日 大井彌雨 雨月 200902  
文語体の校歌親しき文化の日 西村操 雨月 200902  
命継ぐ句碑披かれて文化の日 手島伸子 雨月 200902  
文化の日城に英語の案内人 伊勢ただし ぐろっけ 200902  
恩愛の句碑に涙し文化の日 大橋淳一 雨月 200903  
ピノキオのゆらりと一歩文化の日 小林玲子 ぐろっけ 200903  
菊生けて和む和室や文化の日 兼子栄子 酸漿 200903  
文化の日虚子を学びし人集ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200911  
六甲の稜線見せて文化の日 稲畑汀子 ホトトギス 200911  
いくたびも読み置く稿や文化の日 稲畑汀子 ホトトギス 200911  
一度では割れぬ地玉子文化の日 木村公子 花貝母 200911  
パソコンに乗りおくれたる文化の日 松井のぶ 200912  
落書に傑作のあり文化の日 岩谷丁字 春燈 200912  
九九止めて電卓頼る文化の日 岩谷丁字 春燈 200912  
句ごころを通してをりぬ文化の日 鈴鹿仁 京鹿子 200912  
絵皿よりつぶやきありて文化の日 鈴鹿仁 京鹿子 200912  
カタカナが万事に多し文化の日 遠藤実 あを 200912  
宙を舞ふ諸国芸人文化の日 四條進 201001  
缶切のいらぬ缶詰文化の日 大文字孝一 春燈 201001  
ガラス器のいもが透明文化の日 高木智 京鹿子 201001  
世に出づる秘仏秘宝や文化の日 若江千萱 雨月 201001  
明治の代遠くて近き文化の日 若江千萱 雨月 201001  
文化の日六十路の吾子のフラメンコ 清海信子 末黒野 201002  
円楽の逝きて笑はす文化の日 相良牧人 201002  
オゾンの洗礼受けし水とや文化の日 泉田秋硯 201002  
臈たけしハレルヤコーラス文化の日 磯崎清 201002  
寂聴の源氏また読む文化の日 堀百合子 201002  
駅までは歩くと決めて文化の日 林友次郎 遠嶺 201002  
麺麭買うてすこしぶらぶら文化の日 前田貴美子 万象 201002  
前山の鳥が木を打つ文化の日 戸栗末廣 火星 201002  
文化の日旧友集ひ句碑除幕 坂口三保子 ぐろっけ 201002  
ハイカーが除幕句碑見る文化の日 塩出眞一 ぐろっけ 201002  
文化の日茅渟一望の句碑開き 中山勢都子 ぐろっけ 201002  
友の手のリリヤン手鞠文化の日 内藤順子 酸漿 201002  
ものを言ふ機械の指図文化の日 神谷さうび 末黒野 201003  
文化の日疑心暗鬼の系図巻く 吉村摂護 201004  
一翼を担ふ文化の日なりけり 稲畑汀子 ホトトギス 201011  
俳諧は生涯の道文化の日 稲畑汀子 ホトトギス 201011  
歳時記の改定進む文化の日 稲畑汀子 ホトトギス 201011  
消しゴムの角とれてをり文化の日 吉田政江 201012  
早や十年ここにこの椅子文化の日 丸山佳子 京鹿子 201012  
おのずから両手振れきて文化の日 丸山佳子 京鹿子 201012  
古美術展テレビにて観る文化の日 若江千萱 雨月 201012  
悠々と雲流れゆく文化の日 久保田嘉郎 酸漿 201012  
たよりなき厚さのテレビ文化の日 和田森早苗 201101  
原節子のエッセイを読み文化の日 和田郁子 201101  
学ばねばこころくづれむ文化の日 平野伸子 馬醉木 201101  
日本のどかんと晴れて文化の日 松本圭司 201101  
遺されし夫の鉄筆文化の日 藤原照子 201101  
ペン胼胝の綺麗に失せて文化の日 林昭太郎 201101  
古甕に水なみなみと文化の日 佐藤千恵 京鹿子 201101  
山を木を守る話や文化の日 上田明子 雨月 201101  
連綿の冷泉家あり文化の日 八木岡博江 酸漿 201101  
合鍵をひとつ多目に文化の日 吉弘恭子 あを 201101  
ミュージカルの子の出番待つ文化の日 阪本哲弘 201102  
大志遂ぐ北大学徒文化の日 常慶和久 201102 ノーベル賞・鈴木北大名誉教授
エプロンに摩り切れのあり文化の日 佐野つたえ 風土 201102  
鳶の真似上手な鴉文化の日 大坪景章 万象 201102  
父の忌の空は海色文化の日 小野口正江 末黒野 201102  
剣道の防具出できし文化の日 小野口正江 末黒野 201102  
くれなゐの雲を浮かべて文化の日 清海信子 末黒野 201102  
鉛筆の芯減りもせず文化の日 外山節子 末黒野 201102  
早慶戦日和となりぬ文化の日 小田嶋野笛 末黒野 201102  
サッカーの練習を見る文化の日 小林清子 末黒野 201102  
良き予後を友に祝がるる文化の日 上野幸枝 末黒野 201102  
文化の日留学生の山形弁 横内かよこ ぐろっけ 201102  
山峡の湯に足伸ばす文化の日 井口初江 酸漿 201102  
白寿母挨拶清かに文化の日 芦田迪子 201103 白寿を祝う会にて
校庭に歓声ひびく文化の日 神山市実 やぶれ傘 201104  
さまざまな鬼をことほぎ文化の日 加茂達彌 201105  
地下鉄のどこまで潜る文化の日 コ田千鶴子 花の翼 201111  
文化の日レンジに命令されてをり 高橋泰子 201112  
座布団のやうなピザ買ふ文化の日 中島玉五郎 201112  
天才は早死らしく文化の日 堀内一郎 あを 201112  
篆刻のわが名新し文化の日 千手和子 馬醉木 201201  
田楽の華やぐ衣装文化の日 山口キミコ 201201  
交番に花活けてある文化の日 大西八洲雄 万象 201201  
流木は渚のオブジェ文化の日 横田初美 春燈 201201  
本の帯を大事にたたみ文化の日 陳妹蓉 春燈 201201  
舌を出すアインシュタイン文化の日 矢口笑子 春燈 201201  
川岸の屋台賑はふ文化の日 相沢有理子 風土 201201  
ベッドの辺まだ小蛾飛んで文化の日 小林清之介 風土 201201  
文化の日仮釈放の人と会ふ すずき巴里 ろんど 201201  
文化の日を「明治の日」とせむ署名簿来る 山田をがたま 京鹿子 201201  
瀬戸有田御手塩の並ぶ文化の日 吉田政江 201201  
鳥の来て人来て森の文化の日 佐野ときは 201201  
休診の医者が窓拭く文化の日 濱野新 やぶれ傘 201201  
文化の日頁を繰らぬ書もありて 松山三千江 春燈 201202  
ペン皿に溜まるクリツプ文化の日 井尻妙子 京鹿子 201202  
父の忌の石鑿の音文化の日 小野口正江 末黒野 201202  
文化の日百菊飾り大広間 博多永楽 雨月 201202  
近隣の寺歴の誇り文化の日 本多正子 雨月 201202  
リルケでも静かに読むか文化の日 大西よしき ろんど 201202  
書込みの辞書は御下がり文化の日 田岡千章 201203  
文化の日ごとりごとりとパン焼ける 奥井あき 201203  
文化の日デカンショ節の同期会 松本文一郎 六花 201203  
文化の日皇居始点のウオーキング 松本文一郎 六花 201203  
ファゴットに別名ありて文化の日 松村ふみもと ホトトギス 201204  
立つ稽古重ねし一歩文化の日 吉村摂護 201205  
あたたかき川原の石や文化の日 高倉和子 201212  
つくづくと美しき国なり文化の日 粟倉昌子 201301  
抽斗に教育勅語文化の日 塩路五郎 201301  
墨磨りて心静めむ文化の日 田下宮子 201301  
人形劇自演のホーム文化の日 井上正子 春燈 201301  
つたなさの身の程なるや文化の日 森谷達三 春燈 201301  
文化の日お酒落をさせてドツグカフエ 塩貝朱千 京鹿子 201301  
文化の日しやぼんの泡を溢れさせ すずき巴里 ろんど 201301  
端布いくつ継ぎて出品文化の日 山本敏子 ぐろっけ 201301  
好きなこと老いまでできる文化の日 江見巌 六花 201301  
うるはしき天皇の書や文化の日 北田敏子 201302  
被災地の移動図書館文化の日 阪本哲弘 201302  
文化の日いくたびも読む夫のふみ 安永圭子 風土 201302  
ペン胼胝の何時なくなりし文化の日 下平誠子 ろんど 201302  
才もなく凡に生きけり文化の日 大橋伊佐子 末黒野 201302  
文化の日畳に椅子の並べあり 師岡洋子 ぐろっけ 201302  
欲得もなく眠りけり文化の日 田村園子 201302  
行草書縁なく歩み文化の日 田中涼平 201302  
文化の日ガレの壺置くレストラン 服部珠子 雨月 201302  
文学碑を声出して読む文化の日 阪上多恵子 雨月 201302  
自動ドア自動ピアノと文化の日 大久保白村 ホトトギス 201303  
展覧の芭蕉の笈や文化の日 吉岡孝子 末黒野 201303  
嵯峨帝の宸翰拝し文化の日 竹内喜代子 雨月 201303  
快晴を賜るならひ文化の日 松田明子 201303  
たこ焼きをまあるく返す文化の日 田岡千章 201303  
知らぬこと尽きることなし文化の日 高橋将夫 201311  
寄席跳ねて精養軒へ文化の日 福島茂 201312  
電子音吾を呼びたる文化の日 宮村フトミ ぐろっけ 201312  
文化の日この世に誓ふことのなし だいじみどり 201401  
国訛で姉の訃を聞く文化の日 仁平則子 201401  
透し彫りの白磁筆筒文化の日 本郷公子 京鹿子 201401  
文化の日文化は地球汚しもし 田所節子 201401  
墨の香や文化の日こそ色紙展 和田政子 201401  
海底にレアメタルとや文化の日 佐藤喜仙 かさね 201401  
シュレッダーまた止まりゐる文化の日 相澤和子 ろんど 201401  
親授式の若き教授や文化の日 田中たつを 雨月 201401  
大欠伸噛み殺しをり文化の日 松嶋一洋 201401  
古書市に巻の一買ふ文化の日 瀬島洒望 やぶれ傘 201401  
永らへて数へ卒寿や文化の日 増田菖波 春燈 201402  
文化の日漢方薬の名を控ふ 佐渡谷秀一 春燈 201402  
文化の日荒川上る達磨船 南澤はるお ろんど 201402  
文化の日明治を語る人もなし 伊藤マサ子 ぐろっけ 201402  
老いたりやコクリコクリと文化の日 松嶋一洋 201402  
恬澹と無冠に生きて文化の日 石倉千賀子 ろんど 201402  
城公園和服歩きの文化の日 鎌田慶子 ろんど 201402  
せめてもの髪を切りたし文化の日 大滝敏子 末黒野 201402  
季語の是非俳書に学ぶ文化の日 大橋晄 雨月 201402  
老い上手老い下手もゐて文化の日 柴田久子 風土 201402  
尉鶲今年も来をり文化の日 新海英二 春燈 201402  
背骨(はいこう)の昭和や文化の日の戦記 鴨下昭 201403  
アイライン目からはずれて文化の日 田彰子 船団 201403  
駄菓子屋に子ども溢れる文化の日 今井忍 ぐろっけ 201403  
夫婦して揃いの紋付文化の日 貝森光洋 六花 201410  
飽食の旅行誌積まる文化の日 奥名房子 201410  
文化の日色紙の墨の匂ひ立つ 布川直幸 201411 川崎市文化祭
水底の石を祝福文化の日 山田六甲 六花 201412  
文化の日文字の始めの楔文字 吉永すみれ 風土 201412  
黄不動へ特異日といふ文化の日 木戸宏子 201501  
時代ごとの髪型披露文化の日 飯田美千子 201501  
肥後守で削る鉛筆文化の日 宮崎裕子 春燈 201501  
藍いろの筑波出てゐる文化の日 石橋邦子 春燈 201501  
文化の日上野へ行つてみることに 福島茂 201501  
寂しさや国旗の見へぬ文化の日 四條進 201501  
金声に唄ふ追分文化の日 中本吉信 201501  
午後のお茶シナモン利かす文化の日 大日向幸江 あを 201501  
薬局が美容院兼ぬ文化の日 定梶じょう あを 201501  
西行の筆跡いまに文化の日 土屋草子 ろんど 201502  
好事家のつどふ古書店文化の日 金山雅江 春燈 201502  
国際交流謳ふ公園文化の日 溝内健乃 雨月 201502  
文化の日熱き味噌汁啜りゐて 岩木茂 風土 201502  
チャリティの百円文庫文化の日 鈴木庸子 風土 201502  
画仙紙の反古の山なり文化の日 滋野暁 末黒野 201502  
清らなる合唱祭や文化の日 泉和美 末黒野 201502  
方言の集ひて軽し文化の日 宮地静雄 末黒野 201502  
文化の日鳥獣戯画は今の世か 江島照美 201502  
耳萎えて活字が頼り文化の日 嶋崎豊子 雨月 201502  
新刊の「微分積分」文化の日 下山田美江 風土 201503  
風呂敷につつむ挨拶文化の日 元橋孝之 京鹿子 201503  
ゆで玉子つるんとむける文化の日 たかはしすなお 201503  
文化の日赤飯買ひ来て秋刀魚焼く 増田甚平 ろんど 201503  
文化の日回転寿司の金の皿 長谷川博 船団 201505  
文化の日古都に出会ひを重ねつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201511  
文化の日古都千年を引き寄せて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201511  
渡し跡の標あたらし文化の日 塩貝朱千 京鹿子 201601  
ファックスの紙の絡まる文化の日 佐藤喬風 末黒野 201601  
新調の眼鏡で見たる文化の日 岩下芳子 201601  
墓石の話に花が文化の日 本多遊方 春燈 201601  
文化の日修正液に指汚す 土井三乙 風土 201602  
渡し跡の標あたらし文化の日 塩貝朱千 京鹿子 201602  
惚けても来よ記念日は文化の日 原田達夫 201602  
便箋よりスマホ頼りの文化の日 牧はるか 末黒野 201602  
文化の日母愛用の鯨尺 峰幸子 末黒野 201602  
文化の日孫は終日ピアノ弾く 神田惣介 京鹿子 201603  
ラーメンに長き行列文化の日 金子正道 京鹿子 201603  
文化の日幕があがれば桃太郎 辻水音 201603 文化の日 →2

 

2017年11月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。