197句

鯔が飛ぶいちまい硝子のレストラン   山田ノブヱ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
汽水湖の鰡水を吸ひ潮を吐く 能勢京子 船団 199812  
鰡飛んで黄昏ながし月見草 岩上登代 春耕 199908  
骨の數珠繰つてゐたりき いな 上る 岡井省二 199909  
鰡とぶや手旗合図の渡し舟 唐沢静男 春耕 199911  
月白の鯔見櫓でありしなり 山尾玉藻 火星 199911  
鰡釣りに入り分けて行く葦の風 皆川盤水 春耕 199912  
なみはやの音もて鯔の上るなり 岡井省二 199912  
芒野のはてに見えたる鰡櫓 皆川盤水 春耕 199912  
鰡とぶや浜砂のまだ熱かりし 堀江かつみ 200001  
鰡飛ぶや船より小さき島の波止 内田雅子 馬醉木 200001  
鰡とんで紀州家さまのお膝元 戸田春月 火星 200001  
鰡ぼらとへつぴりごしの地震学者 直江裕子 京鹿子 200001  
道化師は空腹にあり鰡の海 岡井省二 200011  
鰡とんで伊勢へはるかの船だまり 大東二三枝 200011  
鯔跳ねし音に膨らむ木場の闇 石本秋翠 馬醉木 200012  
鰡あまた飛び金無垢の日輪よ 小形さとる 200012  
鯔跳ねて対岸の山低うせり 浜明史 風土 200012  
鰡とんで己れの影に沈みけり 浜口高子 火星 200012  
青鷺の首伸びきつて鯔日和 浜明史 風土 200012  
ヨットハーバー鰡の水輪と雨の水輪 高村梢子 火星 200012  
千年やくくんでゐたる鰡のへそ 岡井省二 200101 飯島耕一書簡
鯔がよく走り酒瓶と金剛杵 岡井省二 200101 飯島耕一書簡
鯔飛べり厳流島の夕映えに 田中矢水 遠嶺 200101  
鰡の飛ぶ海の平らに日暮れけり 石脇みはる 200111  
鰡のへそ道化の頬に涙画く 小山森生 200112  
鰡のとぶ音がしづかに松ばかり 山西雅子 200112  
四ツ手網干さるる潟の鯔やぐら 山崎羅春 春耕 200112  
鯔跳ねる信濃大河の水照りに 山崎羅春 春耕 200112  
荷揚場の跡に鰡飛ぶ出島かな 岡村實 春耕 200202  
アルメイダ昇天の浦鰡飛べり 松崎鉄之介 200202  
鰡とんで昨日のやうに今日が昏れ 湯浅夏以 遠嶺 200203  
鯔飛んで出船促す船溜り 喜多初枝 雨月 200206  
黒南風や潮もりあげて鯔の群 近藤暁代 馬醉木 200208  
鰡とぶやみひらく眼痛きまで 藤井みち子 200211  
汐適ひたれ鯔跳びの二三丁 千代田葛彦 馬醉木 200211  
鮭網に子持の鰡の掛かりけり 渡辺美知子 200212  
鯔飛んで閃光走る川面かな 山田天 雨月 200212  
漁師父子曳きずつてくる大き鰡 三浦晴子 200212  
堂島川差し来る潮に鰡が跳ね 坂口三保子 ぐろっけ 200212  
鰡跳ねるしぼれる網の中の海 神蔵器 風土 200212  
鰡とんで難波津の秋動きけり 隅田恵子 雨月 200301  
大都市の河口なり鰡跳ぬるなり 隅田恵子 雨月 200301  
鰡跳ねるはるかな山の高さまで 田中聡子 遠嶺 200306  
跳び次げる鯔のかがやく夕日かな 林敬子 酸漿 200311  
舟着場鯊釣るに来る鰡おぼこ 田中英子 200311  
鰡飛んでとんで河口のうねりかな 谷口みちる 200311  
鰡跳ねて夕の光りを散らしをり 岩月優美子 200311  
潮入川にごれる辺り鰡とべる 竹内弘子 あを 200312  
火の星の中に水音や鯔はねし 雨村敏子 200312  
施餓鬼船すすみゆく果て鰡跳ねて 玉置かよ子 雨月 200312  
鰡飛んで水一枚を打ちにけり 石原光徳 酸漿 200312  
鰡釣りの巌マリアを一巡す 荒井千佐代 200312  
鰡跳ねし離宮の池や松手入 白澤よし子 馬醉木 200312  
鰡飛んで川の夕日を打ちにけり 石原光徳 酸漿 200401  
流言を抗ふやうに鰡飛べり 吉田明子 200401  
逍遥の浜や鰡飛び海月浮き 磯野しをり 雨月 200408  
祭笛夜の川に鰡跳ねにけり 大串章 百鳥 200410  
鰡はねる水面の月を乱しては 工藤進 200411  
鰡の子の群るる河口も母郷かな 青山悠 200411  
鰡とんでとんで江戸前すてん晴れ 安藤しおん 200412  
真つ暗な鯔の海見て話しけり 山尾玉藻 火星 200412  
声に出て奥の細道鰡のへそ 中島陽華 200412  
鯔わつと海割り鳥と化す刹那 新井裕 六花 200501  
釣り上げし鰡放しやる太公望 藤田京子 ぐろっけ 200501  
運不運背中合せよ鰡飛べり 上薗櫨夫 河鹿 200501  
白き腹見せて鯔飛ぶ浦日和 谷野由紀子 雲の峰 200502  
鰡飛ぶや夏の潮差す利根河口 江見悦子 万象 200507  
六月やとんびは舞ふて鰡はねて 早崎泰江 あを 200508  
鯔飛んでとんで南京たますだれ 延広禎一 200512  
鰡飛ぶを見てゐてかぎりなく淋し 青山丈 200601  
鰡とんで離宮の庭の夕明り 青木久子 遠嶺 200601  
鰡ジヤンプ譜面の踊る潮の池 田中悦子 四葩 200601  
門港の寒潮散らし鰡跳ねる 木内美保子 六花 200604  
鰡の稚魚藻を潜りたる川涼し 井山幸子 万象 200604  
鰡飛んで白き光となりにけり 冨松寛子 200606  
飛びはねて鯔大桟橋に背をそらす 竹生田勝次 風土 200610  
夕焼くる波紋は鰡の跳ねにけり 定梶じょう あを 200610  
鰡跳ねる一つは高く尾を曲げて 降幡加代子 万象 200612  
マリーナの火影揺らしぬ鯔跳んで 金山藤之助 200612  
ネクタイの夫に晴れたり鯔の海 城孝子 火星 200612  
遙かゆく船より高く鰡飛べり 西山美枝子 酸漿 200701  
日と海と渾然とあり いな とべり 石脇みはる 200702  
鰡飛べる波紋の中の検潮所 岡村一郎 200705  
夏雲や鯔待櫓とびとびに 竹田昭子 風土 200708  
あきらかに鰡の跳ねたる余生かな 青山丈 200710  
神田川の水門に満つ鰡の稚魚 手嶋小夜子 200711  
潮入の池はれやかに鯔跳べり 西山美枝子 酸漿 200712  
限界を越えんと鯔の飛びにけり 高橋将夫 200712  
高々と白き腹みせ鰡飛べり 田中よしとも 酸漿 200712  
鰡たかく三段跳びの水しぶき 榎本文代 万象 200712  
造船所廃れドックに鰡跳ねる 馬越幸子 ぐろっけ 200801  
大淀の月の出潮に鯔飛べり 谿昭哉 200803  
鰡跳ねて卯月の川となりにけり 島谷征良 風土 200809  
鰡跳んで渡し舟混む日曜日 大西八洲雄 万象 200811  
鯔跳んで潮の香の濃き昼下り コ田千鶴子 馬醉木 200812  
朽ち舟のその先鰡の跳んでをり 和田政子 200812  
鰡釣るは天下を取るに似たるかな 上原重一 200812  
鰡跳ねる涸沼の風を楽しみて 和田政子 200812  
鰡跳べり水の世に倦み群れに倦み 布川直幸 200812  
鰡飛んで霞ヶ浦は真つ平ら 岡野ひろ子 200812  
朝まだき投網に鰡の大群を 岡野ひろ子 200812  
冬凪の海のたいくつ鰡跳べり 刈米育子 200903  
ひと時雨ありし夕日の鰡見台 岡本高明 船団 200906  
鯔とびしあとの水輪や大没日 竹内悦子 200910  
鰡飛んで暮色をいそぐ港町 米山喜久子 200911  
それぞれに陣構へあり鰡の群 渡部節郎 転舵の渦 200911  
鰡飛ぶや人の世界を覗きたく 関根洋子 風土 200912  
差し潮や鰡の子の群立ち泳ぎ 赤堀洋子 万象 200912  
蒼蒼の御神島や鰡飛べり 浜福惠 風土 201001  
鯔跳ねて中央市場川に沿ふ 廣瀬義一 雨月 201002  
遊弋や小名木川いま鰡のもの 森下賢一 春燈 201002  
釣り捨てし鯔にそよげる月見草 山田美恵子 火星 201008  
薫風や鯔待ち櫓も能登の奥 山田春好 201009  
鯔跳ねて沼島の沼のそれつきり 浜口高子 火星 201009  
鯔の背の青のひしめく汽水域 鳥居おさむ ろんど 201009  
流れつつ鰡食うてをり渡来亀 堀志皋 火星 201010  
鰡のへそを食べ渾沌としてをりぬ 本多俊子 201011  
鯔とんで水の静かに動きをり 百瀬真山 末黒野 201012  
自転車の少女一瞥鰡飛んで 松本三千夫 末黒野 201012  
鯔の稚魚群れて川面をざわめかす 吉田和子 ぐろっけ 201102  
鰡飛んでとんで夕日の水あやに 和田照海 京鹿子 201102  
傷負へる鯔の勢ひよく過ぐる 志方章子 六花 201103  
鰡の子の跳ねては光る浅き春 有賀鈴乃 末黒野 201104  
鰡の子の分かれては寄る葦若葉 黒田秋子 万象 201109  
鰡飛んで男やうやく立上る 細野恵久 ぐろっけ 201110  
鯔やぐら水平線までなにもなし 豊田都峰 京鹿子 201110  
平凡に倦みしは昔鰡飛べり 平野みち代 201111  
十六夜の汐入川に鰡とべり 大坪景章 万象 201112  
汐入川うろこの剥げた鯔一尾 篠田純子 あを 201112  
飛行船はるかに鰡は川に跳び 大崎紀夫 やぶれ傘 201201  
鰡飛んで曇り勝ちなる野島岬 鈴木一三 末黒野 201202  
江戸川や渡舟を掠め鰡はぬる 嵐弥生 末黒野 201204  
鯔跳べり夕日を返す白き腹 小川玉泉 末黒野 201211  
没日さす川面にきらと鰡飛べり 辻井ミナミ 末黒野 201211  
鰡跳ねて己が輪に入る秋の暮 矢野百合子 201212  
鰡とんで潮満ち来たる鹹水湖 尾崎みつ子 雨月 201212  
富士山に正面のあり鰡の飛ぶ 神蔵器 風土 201212  
鰡跳ねて等伯生地の川光る 塩井志津 万象 201212  
音よりも大きく鰡の跳ねにけり 山田六甲 六花 201212  
鰡跳んで焼津本町八雲橋 池田光子 風土 201301  
鰡跳ぶ頃海遠まきの山暮るる 片岡久美子 201301  
鰡とんで常陸那珂川暮れにけり 大崎紀夫 やぶれ傘 201301  
鰡とんではがね光りの遠江 林いづみ 風土 201301  
鯔跳んでスカイツリーを揺らしけり 山本無蓋 201301  
飛ぶ鰡の余光に海の暮れむとす 下平しづ子 雨月 201301  
鰡飛ぶや潮満々と基地の街 浜福惠 風土 201302  
磧ごと広がつてゆく鰡の河 柴田佐知子 201302  
差し潮へ頭を揃へをり鰡の群 坂場章子 201302  
鰡跳んで三河の湾の光りだす 陽山道子 おーい雲 201304  
鰡の子の跳ねても見せる浦祭 ふけとしこ 船団 201304  
鰡跳ねて潮の満ちくる河口堰 斉藤マキ子 末黒野 201304  
玄海の潮ひき連れて鰡跳ぬる 秋千晴 201312  
鵜の嘴と出くはしてゐる鯔の群 篠田純子 あを 201312  
鯔とんでとんで水面のふくらめる 杉浦典子 火星 201401  
鰡飛んで荷上げ梯子の錆匂ふ 柴田近江 201402  
腹見せて鰡跳ね上がる放生会 天野百合子 201402  
みちのくに一番星や日の出鰡 雨村敏子 201402  
鰡飛んで静かなりけり船溜り 廣瀬雅男 やぶれ傘 201411  
鰡とんで川賑やかに昏れにけり 大場弘子 末黒野 201412  
壁占めて競ふ魚拓や鯔の秋 久保東海司 201412  
雲一つ動かぬ湖や鰡飛べる 松尾芳子 万象 201412  
鰡飛んで秋夕焼の中に入る 廣畑育子 六花 201412  
鰡はねて光まつすぐ立ちにけり 笹村政子 六花 201502  
鰡跳んで昼の火星が接近中 坪内稔典 船団 201505  
寒鰡の胴切りされて息を吐く 福島せいぎ 万象 201505  
飛行船はるかに鰡は川に跳び 大崎紀夫 虻の昼 201510  
鰡跳びし水輪と落ちし水輪かな 大崎紀夫 虻の昼 201510  
鰡とんで常陸那珂川暮れにけり 大崎紀夫 虻の昼 201510  
鰡跳んで島影淡き日本海 本池美佐子 201510  
鰡若し跳ねて相生湾の凪 山田六甲 六花 201510  
秋天を落ち来て鰡の音となる 山田六甲 六花 201510  
壁占めて競ふ魚拓や鰡の秋 久保東海司 風鈴 201512  
鯔とべり泳ぎたらざる少年に 笹村礼子 六花 201512  
川上へ三度跳ぶ鯔眩しめり 小川玉泉 末黒野 201601  
鰡跳ぬる潮満々と鶴見川 佐藤喬風 末黒野 201601  
鰡飛んでをり大海も大会も 高橋将夫 201601

槐二十四周

年全国大会

鯔飛んで苫屋の日暮ひとしほに 和田照海 京鹿子 201602  
またしても鯔まぎれ込む鯉の群れ 岩井京子 201603  
飛ぶ鰡へ女々しく小石投げてみる 丸井巴水 京鹿子 201611  
鰡跳ねて晩夏の山河たしかむる 松尾龍之介 201611  
鰡は水脱ぎ捨てたくて高く跳ぶ 大矢恒彦 201612  
あれも駄目これもだめでは鯔とばず 高橋将夫 201612  
鰡とぶや三万石のわが城下 落合絹代 雨月 201701  
鯔飛んで三段跳びを見せくるる 福岡かがり 雨月 201701  
水の面に背捻りの術鰡の飛ぶ 能村研三 201701  
鰡跳ねてぽちやんと川の暮れにけり 廣瀬雅男 やぶれ傘 201701  
鰡飛ぶや実朝の海平らなる 今村千年 末黒野 201702  
潮騒を間近に漁夫の鰡茶漬 岡村清美 馬醉木 201712  
鯔跳ぶや差し潮きつき花見川 和田紀夫 201712  
鰡跳ぶやベカ舟にある浦安史 宮内とし子 201712  
網干なる澄雄生地や鰡飛べり 藤生不二男 六花 201712  
鰡跳んで能登金剛の波高し 和田絢子 春燈 201801  
鰡飛ぶや実朝の海平らなる 今村千年 末黒野 201804  
鰡が飛ぶ端っこばっか行く少年 陽山道子 船団 201806  
漁小屋にカーテンゆるる鯔日和 笹村政子 六花 201812  
鰡飛んで海に溶けこむ木曽の水 片山煕子 京鹿子 201901  
鰡一尾のホップステップジャンプかな 滝口洋子 末黒野 201902  

 

2019年9月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。