盆の月 1     101句

故里を発つ汽車に在り盆の月    竹下しづの女

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
渡りゆく空に育ちて盆の月 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
盆の月満ちて近づく阿波の旅 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
忘れゐし都心の夜空盆の月 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
盆の月見上げて終る阿波の旅 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
てつぺんの途方にくれる盆の月 竹貫示虹 京鹿子 199908  
墓のあるかぎりふるさと盆の月 大橋櫻坡子 雨月 199908  
盆の月厨の裏の草の丈 池田幸子 春耕 199910  
国東の御払巡り盆の月 野口みどり 酸漿 199911  
人に似し影もつ大樹盆の月 遠藤タミ子 京鹿子 199911  
本音述べ後悔もあり盆の月 後藤とみ子 ぐろっけ 199911  
盆の月ほしいと走り出す児かな 稲辺美津 夏椿 200007  
明日旅へ晴るる期待や盆の月 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
大屋根に傾く盆の月なりけり 沖倉好秋 酸漿 200009  
ぬきん出し峠の一樹盆の月 川島真砂夫 200009  
苦楽果つ旅の衣に盆の月 門屋大樹 春耕 200009
高台に累代の墓碑盆の月 朝妻力 俳句通信 200010  
もう会えぬ人ばかり増え盆の月 西山胡鬼 京鹿子 200010  
秘め事を娘に明かし盆の月 中野辰子 いろり 200010  
盆の月亡き姉涙多かりき 林翔 200010  
苦瓜の採り残されて盆の月 大東二三枝 200011  
ぼてじゃこの跳ねゐる盆の月夜かな 水野邦夫 俳句通信 200011  
皆既食東都の盆の月にして 安陪青人 雨月 200011  
盆の月貰ひ子も逝き家の絶え 岸本久栄 雨月 200011  
左富士名残りの松に盆の月 川村紫陽 200011  
蚊奴らにほどこす血ある盆の月 竹村悦子 銀化 200011  
ダム底に一村沈む盆の月 荒川優子 春耕 200011  
盆の月ほとけがほしておはしけり 粟津松彩子 ホトトギス 200012  
盆の月懸る雲にも情あり 稲岡長 ホトトギス 200012  
しみじみと対する祖霊盆の月 大谷茂 遠嶺 200012  
ちいさい足群れて飛びます盆の月 依田昌也 海程 200012  
俄なる身のおとろへや盆の月 和田敏子 雨月 200012  
甥っ子の訪ねて来る盆の月 二瓶洋子 六花 200012  
死に後れたる夫の逝き盆の月 河村八重 円虹 200101  
町中の闇は城山盆の月 上崎暮潮 ホトトギス 200103  
すこし軽い男とおもふ盆の月 奥田筆子 京鹿子 200106  
パスカルのデスマスクなる盆の月 中原幸子 船団 200106  
盆の月阿波の夜風に吹かれつゝ 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
仰ぐこと多き旅路の盆の月 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
その後の消息聞かず盆の月 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
盆の月大きな空でありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
今ならば話せる話盆の月 浅井千鶴子 いろり 200109  
盆の月余熱のごとく赭きかな 渡邊千枝子 馬醉木 200110  
浄土よりかへりし妻や盆の月 木下玉葉子 酸漿 200110  
山風をはらむ揚幕盆の月 岡田万壽美 俳句通信 200110 観月能
曲家に地酒のにほふ盆の月 児島千枝 春耕 200110  
父母のなき里遠くして盆の月 中村公代 雨月 200110  
踊の輪人の輪照らす盆の月 赤座典子 あを 200110  
東京へ帰る子送る盆の月 鈴木ゆき子 風土 200111  
膝の上に赤子を立たす盆の月 小島和子 百鳥 200111  
木星の隠れる盆の月であり 中村昭義 百鳥 200111  
盆の月母の袖口ぬれてをり 城孝子 火星 200111  
盆の月おわらの町の雨上がる 中川晴美 俳句通信 200111  
引けば草鳴つてお盆の月赤し 野路斉子 200111  
波頭礁こえゐる盆の月 山本田津子 200111  
篝能果てたる島の盆の月 今井千鶴子 ホトトギス 200112  
鳴くものの声の澄み来し盆の月 岩瀬操舟 円虹 200112  
盆の月おもかげありと言われけり 小田さやか 船団 200112  
束の間の帰国果てたり盆の月 山田弘子 ホトトギス 200201  
盆の月父の浮みて南無阿弥陀 猪子青芽 ホトトギス 200201  
海底にあまたの兵士盆の月 森田旅舟 200208  
母の顔見てゐるやうな盆の月 大谷茂 飛白 200208  
池舐めて猫の振り向く盆の月 山田六甲 六花 200209  
明日ありと思うては生き盆の月 大橋敦子 雨月 200210  
盆の月鴟尾煌々と朱雀門 鶴田武子 雲の峰 200210  
酒蔵の町に酒の香盆の月 泉田政子 雲の峰 200210  
団欒の軒先に来し盆の月 八條凛子 銀化 200210  
西門に傾ぎてかかる盆の月 谷村祐治 雨月 200211  
寝ぬること惜しみごころに盆の月 滝川あい子 雨月 200211  
盆の月仰げば何か通りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
盆の月仰ぎて言葉なかりけり 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
冷酒を手酌の夫や盆の月 中村公代 雨月 200310  
盆の月獣の声が遠くより 岡田万壽美 雲の峰 200310  
盆の月水嵩増えし川照らす 大関とし子 築港 200310  
子の逝きし歳月重し盆の月 大関とし子 築港 200310  
思はずも合掌なせり盆の月 本荘初枝 築港 200310  
曲り家の馬の睫も盆月夜 男波弘志 200310  
盆の月重ぬる面輪ひとつならず 窪田佳津子 雨月 200311  
盆の月明るし我に幾ほとけ 岡淑子 雨月 200311  
巡回の警士の仰ぐ盆の月 出口賀律子 雨月 200311  
亡き夫の齢超えたる盆の月 細川コマヱ 雨月 200311  
水口の水の動かぬ盆の月 戸栗末廣 火星 200311  
遺影まだ孫より若し盆の月 岩尾みち子 京鹿子 200312  
湿原に何見てをるや盆の月 北嶋美都里 200312  
盆の月父の桐下駄鳴らし出る 山元志津香 八千草 200402  
観音も阿修羅も涼し盆の月 中野英歩 八千草 200402  
盆の月母の忌日をねんごろに 西島みね子 八千草 200402  
盆の月欠けたりうからまた欠けて 橘澄男 「山景」 200408  
出て見よと妻がわれ呼ぶ盆の月 伊藤賢三 春燈 200410  
皿重ねる音のしてゐる盆の月 吉田康子 火星 200410  
暮れてなほ大地の火照り盆の月 宮本啓子 200410  
大陸へ兄征きしまま盆の月 杉山喜代子 帆船 200410  
一丁目一番地なり盆の月 坂本フジ 帆船 200410  
蒸風呂のアンペラ熱し盆の月 森山のりこ あを 200410  
盆の月背中あはせの駅の椅子 永嶋みね子 火星 200411  
縫ひ合はす形見の端切れ盆の月 久保久子 春燈 200411  
盆の月来し方照らす鏡欲し 徳永辰雄 春燈 200411  
盆の月揚げ船にある溜り水 大山里 200411  
大藪となりし城址や盆の月 朝妻力 雲の峰 200411  
追悼の夫と師とあり盆の月 佐野布娑 雨月 200411  
たたみ来る波音のあり盆の月 吉田眞弓 雨月 200411  
出雲和紙展きて偲ぶ盆の月 落合絹代 風土 200411 盆の月2

 

2020年8月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。