芭蕉忌 〈時雨忌・翁忌・桃青忌) 1       200句

敵機去るけふ時雨忌とおもひつつ    高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
草々は木々を仰いで翁の忌 鷹羽狩行 199811 芭蕉蛤塚忌献句
二日後の芭蕉忌待ちてをられしに 鷹羽狩行 199901

井本農一先生を

悼みて

芭蕉忌の雲の行方を諾へり 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
芭蕉忌や俳誌創刊又一つ 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
芭蕉忌や関西人としての寂 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
風に色なしと思へず芭蕉の忌 鷹羽狩行 199911 第53回芭蕉祭
猿蓑を繙くことも桃青忌 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
僧坊に雨音しきり翁の忌 深川知子 俳句通信 200001  
恋句もて存問とせむ翁の忌 藤岡紫水 京鹿子 200001  
山中に水の迅さや翁の忌 岡本まち子 馬醉木 200002  
芭蕉忌や勝手に弟子と思ひをり 松本つよし ホトトギス 200003  
翁忌や岩の上にある朴落葉 石脇みはる 200003  
翁忌に間もなき生家訪ねけり 阿部慧月 ホトトギス 200004  
時雨忌を一人で一人で歩くのです 朝倉晴美 船団 200008  
時雨忌やさらにまぶしむ空のあり 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
芭蕉忌や風雅の心持ち寄りて 稲畑汀子 ホトトギス 200011  
時雨忌の大きな雲の通りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200011  
芭蕉忌の結ぶ縁の浅からず 山田弘子 円虹 200012  
芭蕉忌の雨の暗峠かな 谷野由紀子 俳句通信 200012  
尾道に猫の細道翁の忌 鷹羽狩行 200101  
翁忌の句碑を守りぬ石蕗明り 斉藤静枝 あを 200101  
読みさしの「野ざらし紀行」翁の忌 島田和子 風土 200102  
昨日深川今日駒込に翁の忌 安陪青人 雨月 200102  
時雨忌の近づく筆を浄めけり 小澤克己 遠嶺 200102  
真筆といふ眼福も翁の忌 山田弘子 ホトトギス 200104  
辞書割つて夜があたらし桃青忌 岡井省二 200104  
翁忌や水を張りたるつくねいも 岡井省二 200108  
芭蕉忌や瀬音翁の世を奏で 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
芭蕉忌や山中温泉に浸りつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
芭蕉忌と思ひて偲ぶ人のあり 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
芭蕉忌や二十世紀を惜みつつ 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
消息も届かずなりぬ芭蕉の忌 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
時雨れては芭蕉を偲ぶ忌日かな 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
時雨忌とよばるる心諾ひぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
案の定時雨るることも忌日かな 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
気にかかる人の消息時雨忌に 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
電子辞書なほ用足りず翁の忌 村上沙央 200112  
句を学び初めしは難波翁の忌 久保田雪枝 雨月 200201  
翁忌や拓本とりに城山へ 春田淳子 雲の峰 200201  
子規虚子を引き寄せてゐる芭蕉の忌 村田明子 円虹 200202  
遊子めく心はいつも芭蕉の忌 村田明子 円虹 200202  
学ぶ道終点のなき芭蕉の忌 村田明子 円虹 200202  
芭蕉忌と思ひつ越えてゆく峠 小田ひろ 円虹 200202  
芭蕉忌をあしたに西行井戸覗く 橋添やよひ 風土 200202  
寺町にたどる足跡翁の忌 村田明子 円虹 200202  
振り返る靄の山寺翁の忌 村田明子 円虹 200202  
俳諧の裾にはべりて翁の忌 小田ひろ 円虹 200202  
時雨忌や武蔵野の雲おし払ひ 安養寺美人 200202  
翁忌を過ぎたる墓所の冬雀 玉置かよ子 雨月 200203  
わが小さき俳諧を守り芭蕉の忌 粟津松彩子 ホトトギス 200204  
芭蕉忌や伝へ置かねばならぬこと 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
子規没後百年時雨忌でありし 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
時雨忌と親しむ伊賀の人々に 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
濡れてなほ雨音のせず芭蕉の忌 鷹羽狩行 200212  
はらはらとまこと時雨忌らしく降る 稲畑汀子 ホトトギス 200212  
風吹けば風を詠むなり桃青忌 工藤進 200301  
芭蕉忌を修して今宵月赤し 稲岡長 ホトトギス 200302  
山国は山より暮れて翁の忌 藤岡紫水 京鹿子 200302  
翁忌や伊賀の生家を眼裏に 落合絹代 雨月 200302  
翁忌の露ふりこぼす朝の鳥 高橋とも子 百鳥 200302  
この庭に何句読みけん時雨の忌 牧野耕二 ホトトギス 200303  
時雨忌の仮寝をゆるしゐたりけり 島谷征良 風土 200303  
芭蕉忌と思ひて京の空仰ぐ 稲畑汀子 ホトトギス 200311  
時雨忌を控へ蕉像いよよ寂 稲畑廣太郎 ホトトギス 200311  
大川のまんなか瞑し翁の忌 橋本榮治 馬醉木 200312  
芭蕉生家の栗もて師父の忌へ急ぐ 堀田清江 雨月 200401  
みちのくの旅のひと日は翁の忌 鷹羽狩行 200401  
翁忌の畦の一と折れして尽きぬ 藤田あけ烏 草の花 200401  
時雨忌やインターネット立ち上ぐる 中島陽華 200401  
時雨忌のしぐれの音の家にをり 青山丈 200401  
直筆に触れて芭蕉忌親しかり 英龍子 百鳥 200402  
時雨忌や宿に備への一筆箋 小野麻利 200402  
時雨忌の色紙の滲む昼下り 松本鷹根 京鹿子 200402  
岩をうつ水のしぶきも桃青忌 宮川みね子 風土 200402  
桃青忌陸奥の旅予約せり 渡辺玄子 酸漿 200402  
時雨忌や魚のまあるい視野の中 若泉真樹 瑠璃 200407  
時雨忌やこれより日々を励まねば 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
人集ふとき時雨忌の心あり 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
芭蕉忌をこころに去来塚訪ふも 久保田雪枝 雨月 200412  
翁忌の薬缶の鳴れる自在かな 朝妻力 春耕 200412  
芭蕉忌や傷の増えたる旅鞄 山本浪子 風土 200501  
芭蕉忌の湖面しづかに煌めきぬ 竪ヤエ子 雲の峰 200501  
芭蕉忌や町屋に吊す句短冊 辻井桂子 雲の峰 200501  
芭蕉忌の雨にけぶりし墨田川 大橋克巳 雲の峰 200501  
芭蕉てふかみしばゐ手に桃青忌 東亜未 あを 200501  
翁忌や旅欲るこころありながら 大橋敦子 雨月 200501  
芭蕉忌や近江蕪の甘酢漬 橋添やよひ 風土 200502  
桃青忌俳諧に身を入るる日々 谷村祐治 雨月 200502  
碧眼の達筆なるや翁の忌 松井洋子 ぐろっけ 200504  
破れ芭蕉外人集ふ翁の忌 品川鈴子 ぐろっけ 200511  
時雨忌や桐箱の壺大切に 田中藤穂 あを 200512  
竹筒の筆のざんばら翁の忌 鎌田政利 京鹿子 200601  
翁忌を心に奈良をさすらへる 大橋麻沙子 雨月 200602  
川燈台に夕風冷ゆる翁の忌 森脇貞子 雨月 200602  
芭蕉忌や樅の梢を雲の影 島谷征良 風土 200603  
芭蕉忌や齢不惑に芭蕉起つ 瀧春一 常念 200606  
芭蕉忌や芭蕉の道のたがはざる 瀧春一 常念 200606  
芭蕉忌や俳句精進是人間修業 瀧春一 常念 200606  
晋翁の三百回忌うららけし 大西八洲雄 万象 200606  
芭蕉忌や笑止魂一行詩 稲畑廣太郎 ホトトギス 200611  
芭蕉はんあんたの忌日来てまつせ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200611  
崩れ蛇籠水の越えゆく翁の忌 木多芙美子 春燈 200611  
芭蕉忌や俳句は一句にて足らふ 塩田博久 風土 200701  
松の事松に習へと翁の忌 立石萌木 雨月 200701  
時雨るるは唐橋あたり翁の忌 山田天 雨月 200701  
伊賀にゐてなほ旅ごころ翁の忌 山田天 雨月 200701  
時雨忌の空深くなる水辺かな 外川玲子 風土 200701  
膳所に来て時雨したしき桃青忌 橋添やよひ 風土 200702  
時雨忌の松島駅の夜の時雨 池田澄子 200704  
芭蕉忌やわれ學ばざる古俳諧 瀧春一 200706  
沙翁忌や大声で読む「ハムレツト」 保田英太郎 風土 200708  
芭蕉忌のはせる思ひの一日かな 四條進 200801  
栗色に髪染めて来し芭蕉の忌 柳生千枝子 火星 200801  
翁忌の林を行けば土の香す 柳生千枝子 火星 200801  
芭蕉忌やその終焉の碑に手触れ 和田崎増美 雨月 200802  
俳話集に納得づくめ翁の忌 細川コマヱ 雨月 200802  
風雅とは無為に非ずよ翁の忌 稲岡長 ホトトギス 200803  
漁火のひとつが遠し翁の忌 唐木和世 200803  
子規忌から芭蕉忌までを葉鶏頭 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
翁忌や領脚冷ゆる御堂筋 神山志堂 春燈 200804  
奉る備後の酒や翁の忌 竹下陶子 ホトトギス 200809  
あなかしこ芭蕉忌はわが祝婚日 鷹羽狩行 200812  
芭蕉忌へ月光すでに傾けり 外川玲子 風土 200901  
芭蕉忌や少し熱めに茶をたてむ 一ノ瀬次郎 春燈 200901  
見てゐたる山も暮れたり芭蕉の忌 山口天木 雨月 200901  
時雨忌を心に一日精進す 高木典子 雨月 200902  
何故かくも世は乱るゝや芭蕉の忌 瀧青佳 ホトトギス 200904  
翁忌の不在投句を許されよ 山田弘子 ホトトギス 200905  
先立たれ婚日は只に芭蕉の忌 品川鈴子 ぐろっけ 200910  
芭蕉忌に水晶山のもみづりて 品川鈴子 ぐろっけ 200910  
芭蕉忌と思ふ心に従ひぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200911  
時雨忌とよべば親しむ心あり 稲畑汀子 ホトトギス 200911  
猿蓑を又繙きて時雨の忌 稲畑汀子 ホトトギス 200911  
志高く持つとき時雨の忌 稲畑汀子 ホトトギス 200911  
猿蓑になじみたるより時雨の忌 稲畑汀子 ホトトギス 200911  
翁忌や冬の日の筆讃へあふ 伊藤敬子 200912  
旅に買ふ名所の切手翁の忌 大室恵美子 春燈 201001  
翁忌や水より先を水急ぐ 神蔵器 風土 201001  
若くしてありし風格翁の忌 若江千萱 雨月 201001  
時雨忌の五体籠りの落葉の香 田中一美 ろんど 201001  
石蹴つて竹に音あり桃青忌 神蔵器 風土 201001  
芭蕉忌や朝月のこる伊賀の道 山田春生 万象 201002  
推敲の欲しき一字や翁の忌 松本三千夫 末黒野 201002  
枯葭の中ゆく舟や翁の忌 岩木茂 風土 201002  
薬湯に一夜ひたりて翁の忌 小俣剛哉 雨月 201002  
時雨忌のしぐれてきたる近江かな 岩木茂 風土 201002  
時雨忌の鴎と晴るる雄島かな 大東由美子 火星 201002  
一すぢの夢追ふことを桃青忌 谷中弘子 201002  
談林に親しみし祖父翁の忌 上崎暮潮 ホトトギス 201005  
漂泊は旅にはあらず翁の忌 上崎暮潮 ホトトギス 201005  
翁忌や芥を運び去りし波 山仲英子 201011  
芭蕉忌や父の遺品のその座像 大橋敦子 雨月 201012  
大欠伸ふと胸にくる時雨の忌 伊藤希眸 京鹿子 201101  
俳論を闘はせるも翁の忌 大橋晄 雨月 201101  
時雨忌や終の旅路の生駒越 中本吉信 201102  
白粥に踊るかつぶし翁の忌 栗栖恵通子 201102  
海暮るるまで翁忌と知らざりし 遠藤真砂明 201102  
銭湯に富士の絵をみて翁の忌 涼野海音 火星 201103  
芭蕉忌や公孫樹黄葉の御堂筋 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
時雨忌の涙雨とはなりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201111  
芭蕉忌や翁と呼ばれたくはなし 稲畑廣太郎 ホトトギス 201111  
芭蕉忌や俳句の未来憂ひもし 稲畑廣太郎 ホトトギス 201111  
芭蕉忌や電波飛び交ふ俳句会 稲畑廣太郎 ホトトギス 201111  
雨の日の雨の音きく桃青忌 宮川みね子 風土 201202  
時雨忌や花入の銘旅枕 佐藤信子 春燈 201202  
時雨忌や濡れて日暮れて旅ごころ 河野美奇 ホトトギス 201204  
翁忌や楽しきことに身を削り 岩岡中正 ホトトギス 201205  
講演は蕪村に及ぶ翁の忌 稲畑汀子 ホトトギス 201211  
どつしりと据る歳時記翁の忌 酒本八重 201301  
翁忌の紅を一気にひきにけり 浅田光代 風土 201302  
時雨忌や杖の百歩も旅にして 中島芳郎 201302  
しぐれ忌や白木に匂ふ献詠句 川村清子 馬醉木 201302  
いつの日か我を越す旅芭蕉の忌 近藤喜子 201302  
中空はまだ雨のいろ桃青忌 宮川みね子 風土 201302  
芭蕉忌や気儘な旅もしてみたし 向江醇子 ぐろっけ 201303  
時雨忌やモーツアルトも旅の人 涌羅由美 ホトトギス 201304  
時雨忌といひて天気は下り坂 稲畑汀子 ホトトギス 201311  
俳諧に惑ひ惑はず桃青忌 島谷征良 風土 201311  
今の世をみそなはせとて芭蕉の忌 稲畑汀子 ホトトギス 201311  
芭蕉忌の浪花時雨と打たれけり 井上石動 あを 201311  
時雨忌を峰誌愛せし姉の逝く 仁平則子 201401  
翁忌や谷の底まで冬紅葉 犬塚李里子 201402  
芭蕉忌の車窓を伝ふ雨雫 田中佐知子 風土 201402  
芭蕉忌や伊賀田楽に舌焼いて 山本耀子 絵襖 201404  
翁忌の父が白足袋下ろしけり 山尾玉藻 火星 201412  
時雨忌と余白に記す旅日記 久保東海司 201502  
時雨忌や百合根を花のやうに炊き 矢崎すみ子 201502  
義仲寺に沈香燻ゆる桃青忌 横山昭子 雨月 201503  
濡れながら散りて時雨忌の銀杏 半田稜 ろんど 201504  
時雨忌のつどひに渡る小名木川 水井千鶴子 風土 201512  
時雨忌や縁者の住みし芭蕉庵 生田高子 春燈 201601 伊藤松宇
本町の花屋に入る翁の忌 柳川晋 201602  
時雨忌の万年橋を渡りけり 中島芳郎 201602  
時雨忌や句会の便り近江より 手島伸子 雨月 201602  
時雨忌やわが行く末に迷ひなく 山田閏子 ホトトギス 201604  
時雨忌や淡き灯点る高灯籠 土江比露 春燈 201606 大垣市川湊
時雨忌のうどんに落とす生卵 東英幸 船団 201612  
人なべて心の旅す翁の忌 玉置かよ子 雨月 201702  
時雨忌の芭蕉稲荷に茶碗酒 山本喜朗 雨月 201702  
義仲寺の墓所の人影芭蕉の忌 荻坂真稚子 雨月 201702  
行脚の地句碑あまたなる芭蕉の忌 荻坂真稚子 雨月 201702 芭蕉忌→2

 

2019年11月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。