万 緑 1     100句

萬緑の中や吾子の歯生え初むる    中村草田男

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
万緑の底に生れし仔牛の瞳 山田弘子 春節 199503  
万緑に道あり今も秘境の地 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
万緑や橋の真ン中さみしかり 小菅佳子 199807  
万緑へ滝落したる熊野かな 田中佐知子 風土 199807  
万緑やすつと己の道が見え 小澤克己 遠嶺 199808  
万緑を返せる荘の床柱 山田弘子 円虹 199808  
万緑に静かに役を降りにけり 浦山輝代 199808  
旅にしていま万緑と潮騒と 淡地和子 雨月 199808  
万緑裡直ぐなるをもて電柱たり 岡本眸 199808  
万緑や簗簀へ水のうす濁り 藤井昌治 199808  
万緑や切株坐るには高し 仲村青彦 199808  
万緑や熱気のこもる句会あり 高村洋子 遠嶺 199809  
万緑なすたたら遺蹟を秘めし村 松崎鉄之介 199811  
たたら師と木地師の去りし谿万緑 松崎鉄之介 199811  
万緑を刳りて白き館かな 野口光枝 高籬 199812  
万緑へ手足伸びゆく露天風呂 甲田夏湖 船団 199812  
万緑に閉ぢ込められてしまひけり 久崎富美子 199901  
万緑にバイクの蛇行ぐるるんるん 朝日彩湖 船団 199902  
萬緑の奈落に目玉置いて来る 能城檀 船団 199903  
呼び合うて万緑に帰す鳥家族 山田禮子 遠嶺 199905  
萬緑の仕上げの雨の五六粒 岡本眸 199905  
万緑の坂道に来てどもってる 中林明美 ヒッポ千番地 199905  
小倉山望む万緑の中に居て 稲木款冬子 ヒッポ千番地 199906  
万緑に加へゆく色雨一日 稲畑汀子 ホトトギス 199906  
万緑といふ降り足りし池畔かな 稲畑汀子 ホトトギス 199906  
万緑を統べて神話の塔高し 稲畑廣太郎 ホトトギス 199906  
万緑の光波うつ浜離宮 保坂加津夫 いろり 199906  
万緑の双壁縫うて美濃も奥 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
万緑の一部が宿と申すべし 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
万緑に虎杖は白加へけり 林翔 199907  
万緑やカステラを焼くぐりとぐら 田中桜子 船団 199907  
一碗の茶や万緑をひき絞り 岡本眸 199907  
万緑に堪へざる病葉と思ふ 岡本眸 199907 『知己』所収
万緑講中鹿威し猿威し 伊丹さち子 馬醉木 199908  
万緑や子の白球を素手で受け 鳥飼土筆 199908  
万緑や百穴古墳かかへたり 橋添やよひ 風土 199908  
万緑の宙で剥ぎ採る檜皮なり 飯塚ゑ子 火星 199908  
万緑に埋るる御師の句碑を祝ぐ 粕谷容子 春耕 199908  
万緑にあそびてその夜深眠り 大橋敦子 雨月 199908  
万緑や何とも軽き夢ひとつ 保坂加津夫 いろり 199908  
だんまりをきめこむ妻の万緑裡 保坂加津夫 いろり 199908  
万緑や弥彦の杜を粛々と 伊藤一歩 いろり 199908 弥彦神社にて
弔ひの後の万緑ひた歩く 仲村青彦 199908  
万緑や源平合戦碑は古りて 山口たけし 俳句通信 199908 屋島四国村
万緑や和紙百年の大福帳 深川知子 俳句通信 199908  
万緑の坂の上より田村麻呂 土井田晩聖 銀化 199908  
万緑の中に根を張るタワーかな 伊東みのり 遠嶺 199909  
万緑を煙草のけむり流れけり 中路間時子 火星 199909  
万緑に抜きんでて城ありにけり 嶋田一歩 円虹 199909  
犬山の万緑治め城聳ゆ 嶋田摩耶子 円虹 199909  
万緑の風青空へ消えてゆく 配藤和子 円虹 199909  
万緑の奈良へいにしへ訪ね行く 広場伝 俳句通信 199909  
万緑や何も浮かべぬ沼の照 加瀬美代子 199909  
万緑の一本にして御神木 長谷川翠 馬醉木 199910  
万緑の中ダンベルを振りまはし 庄中健吉 199910  
無言とは万緑に打たるゝ姿 岩岡中正 ホトトギス 199910  
万緑や磨きこまれし太柱 川端和子 遠嶺 199910  
万緑の壺中に白し石切場 渡邊牢晴 雨月 199910  
万緑は尖りたがりて我は病む 吉川真実 海程 199911  
万緑を来て一僧に逢ひしのみ 長沼三津夫 199911  
万緑の起伏若草山の艶 稲畑廣太郎 ホトトギス 199912  
万緑の一塊として二条城姫路 桑田青虎 ホトトギス 199912  
万緑の岬霧なるや汐なるや 中杉隆世 ホトトギス 199912  
万緑の底にアカミミガメの池 星野早苗 船団 199912  
遠景に尾根の万緑色淡く 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
抱き上げる子は万緑の重さかな 野田田美子 海程 200001  
万緑のほかは天なり草千里 藤岡紫水 京鹿子 200001  
万緑と立枯れの木と相距つ 中杉隆世 ホトトギス 200002  
木々渡る風万緑のかがよひぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200003  
万緑の果を高野と志す 桑田青虎 ホトトギス 200004  
万緑の統べる黒部に哀史あり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200006  
万緑やチェックアウトの人群れて 山田六甲 六花 200006  
万緑や香の物出て飯が出て 山田六甲 六花 200006  
万緑に透けて木洩日水の音 稲畑汀子 ホトトギス 200007  
青空に万緑も又抱かるる 稲畑汀子 ホトトギス 200007  
万緑の匂ひを胸に山路行く 稲畑汀子 ホトトギス 200007  
万緑の東宮御所の静まれる 大橋晄 雨月 200007  
万緑や亀の子親の背より転ける 保坂加津夫 いろり 200007  
万緑やホップステップジャンプして 保坂さよ いろり 200007  
万緑を三角に断つ美術館 西田もとつぐ 俳句通信 200007  
万緑の塔見えて歩を速めけり 阿波谷和子 俳句通信 200007  
万緑の己と対す座禅堂 築城百々平 馬醉木 200008  
万緑にひそむや戯画の鳥けもの 内田雅子 馬醉木 200008  
万緑の影の豊かに育つもの 稲畑汀子 ホトトギス 200008 「万緑」六百号祝句
六百号祝ふ万緑耀ひぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
明日はまた明日の輝き万緑に 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
万緑や春秋重ね来たる森 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
万緑の森木洩日のさゆらぎも 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
杭ひとつ打ち万緑に意を決す 小澤克己 遠嶺 200008 「遠嶺」一〇〇号記念へ自祝
庵ひとつ置き万緑に星を呼ぶ 小澤克己 遠嶺 200008  
万緑を出て彈丸となる列車 小澤克己 遠嶺 200008  
萬緑や窓全開に峠越す 村田近子 遠嶺 200008  
万緑や河馬の歯抜けてをりにける 栗栖恵通子 200008  
万緑を行く潮の香に届くまで 山田弘子 円虹 200008  
万緑叢中児に蹴り返す白き鞠 林翔 200008  
万緑の渋谷ガングロ少女ゐて 保坂加津夫 いろり 200008  
万緑に抱かれてをりぬ美術館 山本潤子 いろり 200008  
万緑や湧く画眉鳥の声ひとつ 阿部ひろし 酸漿 200008  
長城や万緑の風深く吸ふ 岡田房子 酸漿 200008  
万緑や神峰山寺とは妙なる名 大橋敦子 雨月 200008 万緑 2 →

 

2019年8月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。