晩 夏 1            100句

どれも口美し晩夏のジャズ一団    金子兜太

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
風晩夏ふる里すでに異郷めく 山田弘子 春節 199503  
文机の陰に猫ゐる晩夏かな 山田弘子 春節 199503  
又一つ旅を終へたる晩夏かな 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
風紋を砂丘に海に晩夏かな 鷹羽狩行 199809  
文机の下に猫ゐる晩夏かな 山田弘子 円虹 199810  
晩夏光湖しなはせて蜆掻く 陣野今日子 風土 199812  
一滴の苦渋ひろがる晩夏光 佐伯のぶこ 船団 199812  
とんがって歩くナカハラ晩夏光 中原忽胡 船団 199812  
犬たちが会うたびに鳴く晩夏かな 金子兜太 海程 199902  
ホテルオークラ袈裟切りにして晩夏光 今城知子 船団 199903  
日曜の工事音なき晩夏かな 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
晩夏てふ雨に祟られ上高地 稲畑廣太郎 ホトトギス 199908  
はや晩夏傘寿以後てふ愛らしく 保坂加津夫 いろり 199908  
男断つ絵馬揺れてゐる晩夏かな 木谷尚子 俳句通信 199909  
多景島に晩夏の夕日惜しみけり 辻のぶ子 俳句通信 199909  
豆腐屋が板干してゐる晩夏かな 志水千代子 俳句通信 199909  
パレットを洗ひ流して晩夏かな 中村幸子 俳句通信 199909  
俳暦のもうぼろぼろに晩夏光 保坂加津夫 いろり 199909  
まっすぐの煙われ焼く晩夏光 保坂加津夫 いろり 199909  
海に向きわが声通す晩夏かな 田山登喜子 199910  
縁台に糸層散らす晩夏かな 池田幸子 春耕 199910  
差し潮の微塵となりし晩夏光 木下節子 俳句通信 199910  
ライオンの小さく唸る晩夏かな 酒井多加子 俳句通信 199910  
姥壇に立山仰ぐ晩夏かな 山口たけし 俳句通信 199910  
雨過ぎて遠富士浮ぶ夕晩夏 原静寿 酸漿 199911  
畑のもの干反りしままや晩夏光 長谷川千枝子 199911  
一度二度ならず晩夏の通り雨 佐藤冨士男 円虹 199911  
思ひ出にいつも晩夏の空がある 金澤明子 火星 199911  
まつすぐは失ふかたち晩夏光 豊田都峰 京鹿子 199911  
晩夏光まださがしゐるひとのかげ 豊田都峰 京鹿子 199911  
またかげりしては晩夏の水ほとり 豊田都峰 京鹿子 199911  
みつめゐる鷺をみつめてゐる晩夏 豊田都峰 京鹿子 199911  
晩夏かな木立を抜ける水の音 野口光江 遠嶺 199911  
放牛の塩舐めてゐる晩夏かな 畑中とほる 春耕 199911  
晩夏光放置自転車空を向く 小枝恵美子 ポケット 199911  
楠の大きな手の中晩夏光 小枝恵美子 ポケット 199911  
旅人めき姪の泊てゆく晩夏かな 北原志満子 海程 199912  
晩夏光レンガ積むごとき寡黙 吉川真実 海程 199912  
駅前町四番を発つ晩夏かな 中原忽胡 船団 199912  
晩夏光君を忘れて橋の上 塩見恵介 船団 199912  
母がもう少女にもどり晩夏光 近藤千雅 船団 199912  
O型が特に足りない晩夏かな 津田このみ 月ひとしずく 199912  
晩夏なり働く体に乗る夕日 河野志保 海程 200001  
魚屋が叫ぶ八百屋も来て晩夏 野田田美子 海程 200001  
点滴の四時間大楠の晩夏光 野田田美子 海程 200001  
手鏡の裏側暗き晩夏かな 田中藤穂 水瓶座 200002  
もののけに出会ってしまう晩夏坂 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
少年が片膝を抱く晩夏坂 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
黒猫ののの字のの字の晩夏横丁 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
海釣りで揺れた身体に晩夏光 三宅やよい 玩具帳 200004  
会へぬ人偲ぶ人の世阿蘇晩夏 稲畑汀子 ホトトギス 200007  
刻々の空の変幻阿蘇晩夏 稲畑汀子 ホトトギス 200007  
野の草を活けて晩夏の会となる 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
海よりも河口あかるき晩夏かな 鷹羽狩行 200008  
足元にはじまる干潟晩夏光 山尾玉藻 火星 200008  
たゆたゆと四国三郎晩夏光 金子里美 船団 200009  
晩夏光想ひごとふと風に出づ 保坂さよ いろり 200009  
晩夏光ひとりぼっちになれました 大平保子 いろり 200009  
水に咲くもののかそけき晩夏かな 山田弘子 円虹 200010  
伊吹いま晩夏の色に日暮れ初む 深川知子 俳句通信 200010  
廃鉱を蔵し風土記の森晩夏 熊岡俊子 雨月 200010  
波果ての白き網目となる晩夏 豊田都峰 京鹿子 200010  
晩夏なる青き巻貝拾ひては 豊田都峰 京鹿子 200010  
重ね塗る口紅の朱や晩夏光 蟇目良雨 春耕 200010  
晩夏てふ一つ二つは何かせん 熊谷みどり いろり 200010  
一の倉沢咲く花もなし晩夏光 有働亨 馬醉木 200010  
少年の石切り遊び晩夏光 三崎由紀子 遠嶺 200011  
山懐の晩夏の湖の碧さかな 山田禮子 遠嶺 200011  
乳大き牛の瞳や晩夏光 川上美穂子 酸漿 200011  
晩夏光一羽還らぬ鳩を待つ 神田一瓢 雨月 200011  
養鱒の水源の藻の晩夏かな 宮津昭彦 200011  
磨ぎ水を鉢に余せし晩夏かな 土田芳月 遠嶺 200012  
晩夏赤いバンダナ父子のバンダナ 金子皆子 海程 200102  
晩夏光遥かにメインスタジアム 宮倉浅子 遠嶺 200105  
晩夏光素手の私に一樹あり 齋藤一湖 海程 200107  
札幌の晩夏の風の強き日に 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
だしぬけに樹上声ある晩夏かな 能村登四郎 200108  
淋しさの隣で君を待つ晩夏 油津雨休 海程 200108  
夕澄みの山も汀も晩夏なる 岡井省二 200108  
留守春も淋しからずや晩夏なり 大平保子 いろり 200109  
御免なさい云はぬ子とゐて晩夏かな 熊谷みどり いろり 200109  
晩夏光べか舟並ぶ造り海 関口ゆき あを 200109  
火口湖の水心みどりなす晩夏 岡田貞峰 馬醉木 200110  
晩夏刻むごと植木屋の鋏音 木村風師 馬醉木 200110  
板ぎれで小屋補強せる晩夏かな 酒井多加子 俳句通信 200110  
光陰の鏃泉下に向く晩夏 水内慶太 銀化 200110  
貝殼をつみ上げてある晩夏かな 谷村幸子 200110  
手の長き母が手を引く晩夏かな 笠学 船団 200110  
子の睡り深し晩夏の水張らせ 後藤志づ あを 200110  
晩夏光沼に孤りの陶淵明 小澤克己 遠嶺 200111  
マウンドに足跡あまた晩夏光 宮倉浅子 遠嶺 200111  
水晶の原石にをく晩夏光 関口幹雄 遠嶺 200111  
晩夏かな約束どほり手紙焼 中村立身 百鳥 200111  
針山に錆針目立つ晩夏かな 佐藤悦子 百鳥 200111  
島の端のめくれさうなる晩夏かな 夏秋明子 火星 200111  
糠床の手入れ仕直す晩夏かな 桑久保奈美子 酸漿 200111  
晩夏光畑仕舞する農夫をり 塚本泰子 酸漿 200111  
街晩夏きらりきらりと回転扉 和田敏子 雨月 200111  
知覧晩夏誰も還って来なかった 栗山恵子 雨月 200111  
晩夏光神の塩田足の跡 西野愁草子 200111 晩夏 2→

 

2019年7月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。