秋の暮・秋のくれ 2     100句

切り捨てし胃の腑かわいや秋の暮    西東三鬼

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
どの部屋も時計のありて秋の暮 本橋墨子 200212  
秋の暮我が身の棘として爪は 南洋子 対岸 200212  
三夕の和歌も知らずに秋の暮 横林誠二 200301  
ゴンドラのテノール響く秋の暮 宇田紀代 200301  
船笛もなく島離る秋の暮 竹内喜代子 雨月 200301  
秋の暮女がひとり通りけり 木下野生 200301  
水門は一枚の鉄秋の暮 加古みちよ 冬菜畑 200301  
秋の暮軒傾けて撥釣瓶 武司琴子 ぐろっけ 200301  
川原にて何か焚きをり秋の暮 隈部郁子 200302  
中腹に障子が二枚秋の暮 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
賽の目の一つは朱し秋の暮 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
秋の暮じふにひとへの芯棒は 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
秋のくれ十のあひだにかくれんぼ 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
小具足の頬当不気味秋の暮 佐藤輝子 200311  
釣り船の湖に黙して秋の暮 滝本香世 百鳥 200311  
燭点し闇深めたる秋の暮 宮本俊子 雨月 200311  
人連れの犬とまた会ふ秋の暮 鷹羽狩行 200312  
亡き夫を追ひて旅立つ秋の暮 松崎鉄之介 200312  
谷戸なれば坂立てるなり秋の暮 宮津昭彦 200312  
トンネルの灯の明るかる秋の暮 大橋敦子 雨月 200312  
地図に無き山中を行く秋の暮 西村しげ子 雨月 200312  
梱屋の交互につまれ秋の暮 吉成美代子 あを 200312  
黄鐘おうしきの鐘撞くはたれ秋の暮 朝妻力 雲の峰 200312  
白波の埠頭を洗ふ秋の暮 谷ナミ子 200312  
漂へる雲に残照秋のくれ 萩原記代 200312  
しばらくを式服のまま秋の暮 岩上とし子 200401  
仲見世の雑踏ぬける秋の暮 河原一夫 200401  
大仏の肩のやさしき秋の暮 岡田万壽美 雲の峰 200401  
死にたれば甲羅やはらか秋の暮 堀博子 火星 200401  
白粥に胃の腑をなだめ秋の暮 阿久沢きく子 草の花 200401  
鹿を呼ぶ声遠くなり秋の暮 潮崎政子 草の花 200401  
後ろより音の追ひ来る秋の暮 福元なほ 草の花 200401  
一つ買ひ一つ忘るゝ秋の暮 前迫寛子 河鹿 200402  
まんばうにめくばせさるる秋の暮 藤井智恵子 百鳥 200402  
いたづらに恋ふ里のあり秋の暮 朝倉富次 酸漿 200406  
音もなく猫駆けぬける秋の暮 栢森定男 風よ 200407  
惜命の振子の加速秋の暮 橘澄男 山景 200408  
もどかしきスイッチバック秋の暮 橘澄男 山景 200408  
子どもには子どもが見えて秋のくれ 八田木枯 夜さり 200409  
秋のくれ途方に暮れしにはあらず 八田木枯 夜さり 200409  
鳥たちや見せ場をつくる秋のくれ 八田木枯 夜さり 200409  
秋の暮火星を少し遠ざけて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200410  
女出て石に水打つ秋の暮 岡本眸 200410  
見尽くすに沼広すぎる秋の暮 岡本眸 200410  
魚籠さげて踏切ぬらす秋の暮 鷹羽狩行 200411  
鯉跳ねし水の匂ひや秋の暮 鷹羽狩行 200411  
帰るべき家に灯点る秋の暮 北川英子 200411  
鳥かごが鳥をさがして秋の暮 菅原健一 200411  
峠越えて行けど寂しき秋の暮 八木葉子 酸漿 200411  
駅前にそば屋ありけり秋の暮 木下野生 200411  
壁に向けボール蹴る子や秋の暮 堀一郎 雲の峰 200411  
秋の暮家路へ上り坂ひとつ 大橋敦子 雨月 200411  
浅蜊い蜆い昭和は遠し秋のくれ 堀内一郎 あを 200411  
意地張つて立飲み酒の秋の暮 芝生南天 河鹿 200412  
梵鐘の鳴り新羅寺の秋の暮 木暮剛平 万象 200412  
山容に火の性ありし秋の暮 能村研三 200412 久住山
握手して体温知りぬ秋の暮 坂ようこ 200412  
何百の甕伏せてある秋の暮 水野彦 200412  
切株のそばに切株秋の暮 木下野生 200412  
秋の暮小指結びて指切りす 舩越美喜 京鹿子 200412  
抓みたる泥鰌が哭けり秋の暮 戸栗末廣 火星 200412  
居酒屋の火を熾しゐる秋の暮 中島瑞枝 百鳥 200412  
一畳の積木の町も秋の暮 川瀬さとゑ 春耕 200412  
ふりむけば妻は消えたる秋の暮 長志げを 遠嶺 200501  
噴煙のかすかに匂ふ秋の暮 川野喜代子 雲の峰 200501  
気移りのしるき猫抱く秋の暮 神谷信子 雲の峰 200501  
時刻表操る一人旅秋の暮 井上雅晴 帆船 200501  
六甲は連山である秋の暮 深澤鱶 火星 200501  
乞食に煙草せびらる秋の暮 大堀鶴侶 雨月 200501  
ロンドン塔王冠見ずに秋の暮 大堀鶴侶 雨月 200501  
同じ坂くだり差のつく秋の暮れ 丸井巴水 京鹿子 200501  
神職の木靴のかすか秋の暮 得田武市 河鹿 200502  
大木のありて寺あり秋の暮 矢島久栄 200502  
踏まれたる邪鬼が振り向く秋の暮 青山悠 200502  
秋の暮山門に鍬忘れられ 武本節子 築港 200502  
風甘し植物園の秋の暮 鳴海清美 六花 200502  
群羊の丘に草食む秋の暮 近藤真夫 遠嶺 200502  
散るといふ風情またよし秋の暮 古川洋三 遠嶺 200502  
捨て猫の足にまつはる秋の暮 彩響子 200502  
余部の列車を仰ぎ秋の暮 岸本久栄 雨月 200503  
秋の暮そこひ癒えたる眼に蒼し 上崎暮潮 ホトトギス 200505  
買ひ足しの菜を手掴みに秋の暮 岡本眸 200509  
電柱のまづ暗くなる秋の暮 鷹羽狩行 200511 伊勢
何ありて人群れてゐる秋の暮 宮津昭彦 200511  
家毎の灯火の早し秋の暮 佐古寛一郎 築港 200511  
せんべいに歯を食ひしばる秋の暮 堀内一郎 あを 200511  
歳の差はずつとこのまま秋の暮 瀬下るか 200512  
燃えながら草流れくる秋の暮 戸栗末廣 火星 200512  
秋の暮海は沖より暮れて来し 塩川雄三 築港 200512  
当てもなく飛火野歩く秋の暮 塩川雄三 築港 200512  
大手術待つ間の長し秋の暮 市橋幸代 築港 200512  
澄を汲む音のひびきて秋の暮 三反田輝夫 河鹿 200601  
秋の暮れ恋のほかには不自由なし 尾堂Y 河鹿 200601  
亡き義父に似てきし夫や秋の暮 三戸和子 四葩 200601  
銀のスプーン黄味をおびをり秋の暮 太田佳代子 春燈 200601  
島々も西へと瀬戸の秋の暮 鷹羽狩行 200601 松山
古書店の照度は凛と秋の暮 能村研三 200601  
二階まで何しに来たる秋の暮 宮原利代 ぐろっけ 200601  
喪服着て落ち合ふ駅や秋の暮 出来由子 200601  
野良猫に餌をやりゐる子秋の暮 若江千萱 雨月 200601 秋の暮 3→

2014年10月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。