秋の暮 秋のくれ 1     99句

はたとわが妻とゆき逢ふ秋の暮    加藤楸邨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
夫より寸借をして秋の暮 山田弘子 春節 199503  
ともかくも退院かなひ秋の暮 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
弓なりに道曲りけり秋の暮 能村登四郎 199809  
生駒山灯ともる帰路や秋の暮 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
野宮の女現れきて秋の暮 小澤克己 遠嶺 199811  
秋の暮西北航路遅延告ぐ 松崎鉄之介 199811  
鉾杉に炊煙からむ秋の暮 鷹羽狩行 199901 日田
盛り上る犛牛の肩浮く秋の暮 松崎鉄之介 199901  
灰皿に残る人の香秋の暮 萩原記代 199901  
善人にならんならんか秋の暮 行川行人 藍の刻 199901  
沼べりの否応もなき秋の暮 岡本眸 199902  
秋の暮おもちゃ売りの顔で残る 南村健治 船団 199903  
千住大橋腑抜けてわたる秋の暮 藤田守啓 船団 199906  
句作りの想浮びたり秋の暮 伊藤一歩 いろり 199909  
秋の暮そぞろといふは眼にも 中原道夫 銀化 199911  
地底には水漬く柩や秋の暮 中原道夫 銀化 199911  
橋の上まだ明るくて秋の暮 鷹羽狩行 199912  
足裏の魚の目癒えず秋の暮 菊池ゆう子 199912  
死ぬるまで離れぬこの地秋の暮 高橋作之助 俳句通信 199912  
六十歳は谷の底にて秋の暮 大野正雄 俳句通信 199912  
蛤と雀の石に秋の暮 山田六甲 六花 199912  
東京に早や十二年秋の暮 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
親子して大きな鼻や秋の暮 津田このみ 月ひとしずく 199912  
火を焚いて眼の中の秋の暮 小山森生 200001  
パソコンの点けつ放しや秋の暮 太田寛郎 200001  
蹴いてきし足音がそれ秋の暮 吉田明 200001  
秋の暮海嶺も暮れはじめしか 大畑善昭 200001  
湖縁に積もる流木秋の暮 大森慶子 200001  
値切られて立往生や秋の暮 福田みさを いろり 200001  
漂泊と太書きにして秋の暮 小澤克己 遠嶺 200001  
提灯のうどんと灯る秋の暮 三村純也 ホトトギス 200002  
亡き母に声出して問ふ秋の暮 松井淑子 200002  
茶髪にもすつかりなれて秋の暮 松下幸恵 六花 200002  
有馬筆買はずじまいや秋の暮れ 辻享子 六花 200003  
商人あきんどに後つけられる秋の暮 三宅やよい 玩具帳 200004  
噴水の穂のみ明るし秋の暮 小泉晴露 酸漿 200007  
爪をかむ袴本左内秋の暮 児玉硝子 ヒッポ千番地 200007  
乳房にてはたと泣き止む秋の暮 阿部寒林 200010  
漉き小屋の灯りの漏るる秋の暮 朝妻力 俳句通信 200011  
窯の火のとろとろとろり秋の暮 山田六甲 六花 200011  
安太すぎて小為手山まで秋の暮れ 松山律子 六花 200011  
秋の暮木橋でつなぐ城の跡 鈴木とし子 遠嶺 200012  
満願の打たれし鐘や秋の暮 鈴木とし子 遠嶺 200012  
玻璃越しに水を見てゐる秋の暮 関根洋子 風土 200012  
追ひぬくも追ひぬかるるも秋の暮 村越化石 200012  
帰着飛機轟と淀越ゆ秋の暮 大橋敦子 雨月 200012  
老が何か呟き急ぎ秋の暮 大橋敦子 雨月 200012  
下駄の歯の斜めに減りて秋の暮 辻享子 六花 200012  
夫婦して病院通ひ秋の暮 篠田三七子 いろり 200012  
例幣使の遺石深彫り秋の暮 仲安敏雄 200101  
ねぢりてもゆるむこんにやく秋の暮 彌榮浩樹 銀化 200101  
北上の一宿の碑みて秋の暮 高木伸宜 船団 200103  
空室に物の音する秋の暮 鳴海清美 遊び蔓 200105  
別れてはひとりひとりの秋の暮 能村登四郎 200108  
イグアナの瞑想とけず秋の暮 辻享子 シャガールの女 200108  
潮入りの池を鷺翔つ秋の暮 阿部悦子 春耕 200110  
老人に追ひ抜かれをり秋の暮 能村登四郎 羽化 200110  
秋の暮人恋しさの街に出て 能村登四郎 羽化 200110  
ままごとをする子もなくて秋の暮 高樋洋子 いろり 200111  
子の住める駅通過せり秋の暮 山荘慶子 あを 200111  
秋の暮よろず屋のある散歩道 赤座典子 あを 200111  
サイレンに下駄つつかける秋の暮 朝妻力 俳句通信 200111

紙の灰天に召されて秋の暮 山田六甲 六花 200111  
長旅の車窓の家路秋の暮 伊藤亮 春耕 200111  
閂は閂たりて秋の暮 大島康弘 銀化 200112  
悪戯な子ぎつね思ふ秋の暮 清わかば 雲の峰 200112  
逆縁を健気に生きて秋の暮れ 塚村素代 いろり 200112  
水の辺へ牛あるき行く秋の暮 城孝子 火星 200112  
秋の暮軍手二つが縁にあり 伊藤多恵子 火星 200112  
うどん屋より声の聞える秋の暮 城尾たか子 火星 200112  
いつせいに翔つ群れ鳩の秋の暮 久保田まさ 春耕 200112  
千態のみ仏拝す秋の暮 久胡さわ江 春耕 200112  
亡母と逢へばははなつかしき秋の暮 堀内一郎 あを 200112  
しかと師がここに在すも秋の暮 北川英子 200201  
草むらに転がる鞠や秋の暮 下島千代子 春耕 200201  
ひとり身のまだ馴れぬ筈秋の暮 橋本佐智 円虹 200201  
薪割つて重ねてゐたり秋の暮 小田道知 円虹 200201  
向かうから人やつて来る秋の暮 浜崎良彦 円虹 200201  
秋の暮湖畔に迫る山の影 谷野由紀子 雲の峰 200201  
高窓に白き顔浮く秋の暮 岸はじめ ぐろっけ 200201  
秋の暮鴉と母の泣き上戸 井潟ミヨ 京鹿子 200202  
まんよくて月山見ゆる秋の暮 竹内悦子 200202  
散会のひとりで帰る秋の暮 桜井ともや 六花 200202  
句座果てし空澄み渡る秋の暮 与川やよい 遠嶺 200202  
羽衣の松病んでゐる秋の暮 津田経子 火星 200203  
句誌に名のなき人想ふ秋の暮 邑橋淑子 遠嶺 200203  
路地裏にぬつと立ちたる秋の暮 太田寛郎 200209  
氷屋の大丸鋸や秋の暮 山田六甲 六花 200209  
秋の暮塔ありて灯を掲げけり 宮津昭彦 200210  
漢ひとり浜に坐しをり秋の暮 小澤克己 遠嶺 200211  
ホームレス小銭かぞへる秋の暮 山荘慶子 あを 200211  
人攫ひが来ると言はれし秋のくれ 堀内一郎 あを 200211  
知り尽す町に迷うて秋の暮 徳田千鶴子 馬醉木 200212  
秋の暮百花園もう人入れず 宮津昭彦 200212  
あるがまま森あるがまま秋の暮 村越化石 200212  
小屋に引く馬の順番秋の暮 石川不憫 百鳥 200212  
我等去り御堂鎖さるる秋の暮 西村しげ子 雨月 200212  
古書店に修司の写真秋の暮 戸田喜久子 200212  
どの部屋も時計のありて秋の暮 本橋墨子 200212 秋の暮 2→

 

2020年10月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。