秋めく 1     200句

秋めくと下駄履き出づる駒場駅    石田波郷

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
秋めくやワイングラスを合はすとき 山田弘子 春節 199503  
隅田川渡る風より秋めきぬ 浅利恵子 円虹 199911  
飛行機の上行く雲も秋めきぬ 浅利恵子 円虹 199911  
ひとつの忌こころに雲の秋めきぬ 萩原記代 199912  
洋上に確と秋めく風を見し 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
気にかかる仕事終へきて秋めきぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
秋めくや仕事は山と組まれをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200008  
秋めくといふ言の葉に励まされ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200008  
秋めくや錠ぴんとあく旅鞄 杉貞介 200008  
秋めくや遠嶺にかかる雲の色 池尻足穂 俳句通信 200010  
秋めくやなぜて机に節二つ 神蔵器 風土 200010  
旅宿の足裏秋めく莚廊 黒坂紫陽子 馬醉木 200011  
秋めくや昏るる暗さに水流れ 大野英美 風土 200011  
秋めくや風滑べり来る湖の音 内藤紀子 遠嶺 200011  
秋めくと樅の大樹の方へ行く 村越化石 200011  
秋めくはまだ先雨を待つ心 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
秋めく日待てぬ仕事の動き出す 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
甦る気力秋めく日も近し 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
稿債も旅も秋めく心あり 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
秋めくや東部病院休診日 熊谷みどり いろり 200110  
眠りへの扉一気に秋めきぬ 山下由理子 200111  
秋めくや潟風湿める八一歌碑 岡村文彦 春耕 200111  
秋めくと思ふいつとき息つめて 岡本眸 200112  
秋めくや虚子の弔句を拾ひ読み 吉村ひさ志 ホトトギス 200202  
扇風機秋めく風にたぢろぎぬ 宮原みさを 花月亭 200208  
野の草を活けてたちまち秋めきぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
秋めきて金魚の尾鰭ゆつたりと 早崎泰江 あを 200210  
秋めくやくり返し読む師の句集 内山恵子 遠嶺 200211  
蓋つきのポケツトの服秋めきぬ 柿沼盟子 風土 200211  
雲母坂あたりのことに秋めきて 福井鳳水 円虹 200211  
めくる書の小さき風も秋めきぬ 坂本俊子 200211  
秋めくや李朝の白磁床に置き 大橋克巳 雲の峰 200211  
秋めきて何か急かるる思ひせり 山荘慶子 あを 200211  
秋めくや藻屑ただよふ波頭 鎌倉ひろし 百鳥 200212  
秋めきし夏草今年の戦了ゆ 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
心切りかへて秋めく札幌に 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
ただ空気旨し秋めく札幌に 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
秋めくや今日より句帳新しく 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
秋めくや雨に土壘の土流れ 岡本眸 200309  
秋めくや墳の辺に売るきじ車 十河波津 200310  
母の里すでに秋めく草の色 鈴木清子 遠嶺 200311  
山深く秋めく里の地酒かな 田中清子 遠嶺 200312  
養老山脈秋めく美女のねむるごと 長崎桂子 あを 200312  
秋めくや岩に砕ける波頭 鈴木美江 雲の峰 200410  
秋めくや開きて閉づる時刻表 田中藤穂 あを 200410  
戻り来し部屋の秋めく暗さかな 岡本眸 200410  
秋めくや竹の髪結ふ竹人形 遠野萌 200411  
昨日より秋めくものに風の音 小林リン 春燈 200411  
秋めくと珊瑚の紅を身に飾り 落合絹代 風土 200411  
六本木銀座の人や秋めく日 堀内一郎 あを 200411  
秋めくや人饒舌に純情に 堀内一郎 あを 200411  
雑木山秋めく色を見せにけり 長沼紫紅 200411  
秋めくや青春賛歌口笛に 村瀬八千代 遠嶺 200412  
秋めくや湾の筏に人の影 酒井十八歩 草の花 200412  
足裏ふと深夜の畳秋めくや 藤谷いきお 200505  
この雨の秋めくことのたちまちに 稲畑汀子 ホトトギス 200508  
週末の旅路秋めく仕度かな 稲畑汀子 ホトトギス 200508  
岳麓の秋めく荘を去り難く 稲畑汀子 ホトトギス 200508  
帝國ホテルに疊の有無を秋めきぬ 佐藤喜孝 あを 200509  
秋めくやハンカチの木の葉ずれ音 神蔵器 風土 200510  
秋めくや野に一と筋の忘れ水 外川玲子 風土 200510  
秋めくや媼の声に張りの見ゆ 上薗シヅ子 河鹿 200510  
わが旅路一歩一景秋めきぬ 中村春宵子 春燈 200511  
秋めくや日の斑の遊ぶ石畳 栗原公子 200511  
秋めくやタイルのまもる正方形 林昭太郎 200511  
ひとところ秋めく雲と思ひけり 伊藤一枝 酸漿 200511  
洛北に木の芽煮買へば秋めきぬ 河合佳代子 栴檀 200511  
栃大樹葉擦れの音も秋めきぬ 石垣幸子 雨月 200511  
秋めくやタオルばかりを干しゐたる 高木嘉久 200512  
秋めくと朝のコーヒー熱くしぬ 田所洋子 雨月 200512  
秋めくや小賢しかりき鶏の雛 田中峰雪 雨月 200512  
比叡愛宕すでに秋めく万歩計 舩越美喜 京鹿子 200512  
秋めくや傘に受けたる雨の音 鳴海清美 六花 200512  
秋めくやルーブル展の裸婦の肩 杉山哲也 馬醉木 200601  
メドセージの花に秋めくフェンス越し 西島みね子 八千草 200601  
夕ぐれて秋めく風や歩をゆるめ 丹羽敦子 酸漿 200601  
あかつきは秋めく雲の通る富士 木村享史 ホトトギス 200603  
齢はや古稀すぎ日毎秋めく雲 市場基巳 200603  
心もち秋めく朝であることを 稲畑汀子 ホトトギス 200608  
襟元を風のさらりと秋めきぬ 滝沢伊代次 万象 200608  
秋めくや犬が人曳き散歩する 安部里子 あを 200611  
秋めくと百歳の母よりの文 松原智津子 万象 200612  
秋めくや高原にのむハーブテイ 菊池ふじ子 馬醉木 200612  
有閑や爪切る時の秋めきて 瀬下るか 200612  
撫でて過ぐ秋めく風や草の丈 齋部千里 ぐろっけ 200612  
山門に佇てば秋めく風少し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200708  
朝の間の秋めく風に誘はれて 稲畑汀子 ホトトギス 200708  
沖雲のすでに秋めく大門かな 笹村政子 六花 200710  
秋めくや茶房に隣り和菓子店 池田好 200712  
高空に棚引く雲や秋めける 飛高隆夫 万象 200712  
ポイ捨ての煙草が増えて秋めきて 小林清之介 風土 200712  
秋めくや窓を洩るる灯ピアノの音 鎌田篤 雨月 200712  
秋めくやことに野菊の墓あたり 河内桜人 京鹿子 200801  
カーテンの揺れて家中秋めきぬ 石川叔子 200801  
秋めくと仰ぐ往き来の空の色 染谷晴子 200801  
照り返す軒の波紋の秋めける 山田六甲 六花 200809  
秋めくや魚料る手に夕日射し 岡本眸 200809  
秋めくや時刻表より早いバス 五十嵐章子 200810  
吹く風のすでに秋めく峡の鳥 酒井秀穂 炎環 200810  
秋めくと背筋をすくと伸ばしけり 前川干恵子 雨月 200810  
秋めいてつぶやき聞ゆ兵馬俑 安部里子 あを 200810  
雨霽れて朝の光の秋めきぬ 山岸邦 200811  
秋めくや女子高生の読む多喜二 飯塚惠美子 炎環 200811  
秋めくや牛が連れ鳴く崖の下 舛田初恵 酸漿 200811  
沖の灯も日記書く灯も秋めきぬ 清水明子 遠嶺 200812  
夕光の雨の足跡秋めける 中野京子 200812  
秋めきしお大師さまの一ト日かな 落合由季女 雨月 200812  
秋めくや舌の体操らりるれろ 鈴木とおる 風土 200812  
歩みゆく影に秋めく気配かな 白石正躬 やぶれ傘 200901  
秋めくや一笠一蓑の旅に出む 小山徳夫 遠嶺 200902  
秋めいてゐるのは君の頭だけ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200908  
秋めくと思へば都心それなりに 稲畑廣太郎 ホトトギス 200908  
鳥高く人間疾く秋めける 稲畑廣太郎 ホトトギス 200908  
富士よりの風は都心に秋めける 稲畑廣太郎 ホトトギス 200908  
髪の毛の量秋めいてきたりけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200908  
秋めくといふも朝の間だけのこと 稲畑汀子 ホトトギス 200908  
秋めくや旅の用意は簡単に 稲畑汀子 ホトトギス 200908  
癒えられし人に秋めく日となりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200908  
忌日来ることたちまちに秋めきぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
秋めくや塀の真下に猫落ちる 竹内弘子 あを 200909  
秋めきて焼き鳥の香の親しかり 松嶋一洋 200910  
秋めくや豆腐の角の切り立つて 神蔵器 風土 200910  
鱒二書の厄除詩集秋めけり 石寒太 炎環 200910  
秋めくやゴーギャン展の古稀の客 宝田俊幸 200910  
秋めきし木造校舎チロル風 坂根宏子 200911  
秋めきて旨き空気や棚田径 三川美代子 200911  
秋めくや金子兜太の尿瓶に名 石寒太 炎環 200911  
磯遊びの影の重なり秋めきぬ 楢崎京 炎環 200911  
龍之介の「鼻」の豆本秋めけり 田村葉 炎環 200911  
秋めくや出土の欠片いのちもつ 小林共代 風土 200911  
秋めくや草の秀いつもどれか揺れ 井上春子 春燈 200911  
秋めくや子連れ野猿と出会ふ道 太田具隆 春燈 200911  
杖音も風音もけふ秋めける 助口弘子 火星 200911  
秋めくや供華の竜胆女郎花 林佳枝 酸漿 200911  
言海のずしりと重し秋めきぬ 田中藤穂 あを 200911  
秋めくやカッパドキアの奇岩群 坂根宏子 200912  
空の青秋めく朝を谷川岳に 白石正躬 やぶれ傘 200912  
逸早くつるぼの咲きて秋めきぬ 長井恵子 末黒野 200912  
秋めくと水際の草の葉擦れかな 山崎幸夫 末黒野 200912  
高窓の風秋めくや受診待つ 渡邊友七 あを 200912  
秋めくや朝の鎧戸開く音も 青木勝子 201001  
軒下に吹きくる風も秋めきぬ 滝沢伊代次 万象 201008  
秋めくや路地に箒をつかふたび 福間節子 201011  
秋めくやボートが一つ裏がへり 浜口高子 火星 201011  
秋めくや素足に馴染む布草履 青木政江 酸漿 201011  
秋めきて戸外の試歩を再開す 山田をがたま 京鹿子 201012  
トンネルを抜ければ故郷秋めける 谷口俊郎 201101  
一雨に秋めく風の生れけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
三沢川秋めく音色ありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
柔らかに多摩の稜線秋めける 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
太陽の輪郭茫と秋めける 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
秋めくや回る展望台の視野 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
秋めくやワインを少し重口に 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
喫煙所紫煙秋めく風に溶け 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
秋めくといふ言の葉の虚ろかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201108  
秋めくといへば気配のありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201108  
きざはしを上り秋めく風纏ふ 稲畑汀子 ホトトギス 201108  
玻璃越に見る限り庭秋めきぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201108  
秋めくや通路といふは素気なし 柴田佐知子 201111  
黙祷の一分風は秋めいて 怱那みさ子 やぶれ傘 201111  
姥連れ立ち親鸞展へ秋めける 東野鈴子 雨月 201111  
秋めくや発ちゆく水の草がくれ 豊田都峰 京鹿子 201112  
湖風のはや秋めきて浮御堂 中原敏雄 雨月 201112  
米寿なほ凛々の秋めでたけれ 出口貴美子 雨月 201112  
秋めくや虚子・秋櫻子踏みし道 佐藤喜仙 かさね 201201  
秋めくと思ふに間あることも又 稲畑汀子 ホトトギス 201208  
一人住む時間やりくり秋めきぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201208  
秋めくとつぶやく夜空仰ぎけり 稲畑汀子 ホトトギス 201208  
秋めく日期待の朝とならざりし 稲畑汀子 ホトトギス 201208  
秋めくや小倉の山の風ふけば 伊東和子 201211  
秋めくや取り箸青き普茶料理 田中浅子 201211  
舟着きのきしむ音さへ秋めける 手島靖一 馬醉木 201211  
仏壇のマッチ擦る音秋めきぬ 柴田久子 風土 201211  
ちぎれ雲飛び秋めきぬ葛飾野 河口仁志 201211  
組まれたる脚白々と秋めけり 石田きよし 201111  
秋めくや身辺整理始めねば 川上恵子 雨月 201211  
だんだらに秋めきてをり夕焼雲 築城百々平 馬醉木 201212  
夏雲のやうではあるが秋めいて 根橋宏次 やぶれ傘 201212  
奥山のこの大木の秋めける 白石正躬 やぶれ傘 201212  
秋めくやほのと白檀香る間に 植村よし子 雨月 201212  
名刹の砂紋の襞や秋めきて 乗光雅子 雨月 201212  
雲流れ流れ秋めく空残る 今橋眞理子 ホトトギス 201301  
路地曲り秋めく風とすれ違ふ 今橋眞理子 ホトトギス 201301  
白雲の放てる風や秋めきし 山田閨子 ホトトギス 201301  
傷癒えよ癒えよ秋めく日も近く 稲畑汀子 ホトトギス 201308  
秋めくや地産野菜の種類増え 森下康子 201311  
秋めくや体慣らしの書肆巡り 林紀夫 春燈 201311  
常備薬とふ赤きひとつぶ秋めきし 五十嵐章子 201311  
秋めくや湖上に増ゆる漁舟 石川叔子 201311  
秋めきて買ふ七宝のイヤリング 石垣幸子 雨月 201311  
秋めくや芝一杯のテラス席 松田和子 201312  
雑踏に秋めくものを探しけり 小泉三枝 春燈 201312  
二度三度秋めく風を深く吸ふ 小倉正穂 末黒野 201312  
秋めくや雑木林の木々の影 小野寺節子 風土 201312  
秋めくや立てて置かるる米袋 柿沼盟子 風土 201312  
秋めきて神への草鞋編み始む 丸井巴水 京鹿子 201312  
廊下四廻り風の秋めく朝なりし 折橋綾子 201312 手押車で
雨止みし浦や秋めく暮しの灯 水田壽子 雨月 201312  
淵抜けて秋めく水となりにけり 生田作 風土 201401  
蟻地獄秋めくようにくぼみけり こうのこうき ろんど 201402 秋めく →2

 

2015年8月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。