7   47句

緋縮緬噛み出す箪笥とはの秋   三橋敏雄   眞神

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
雲水は茶禅一途に秋を掃く 岩崎憲二 京鹿子 200402  
爽秋やきらめき白き堰の水 大山妙子 酸漿 200402  
秋探し佐々成政殉死墓 角直指 京鹿子 200402  
いつのまにやら背を向けて鹿の秋 小野麻利 200402  
少年になつて見てゐる山車の秋 永田哲心 遠嶺 200402  
漂泊といふこと胸に伊賀の秋 稲岡長 ホトトギス 200403  
草活けて郵便局に秋がある 森津三郎 京鹿子 200403  
京盆地盆のふちより秋がくる 岩崎憲二 京鹿子 200403  
友個展古里の秋目のあたり 藤原りくを 八千草 200404  
ペンションにピアノぽつりと島の秋 中里カヨ 酸漿 200406  
田も納屋も黄金一色秋豊か 栢森定男 「風よ」 200407  
行人の小さくなりし野路の秋 栢森定男 「風よ」 200407  
銅鐸を鳴らし彌生期の秋へ 若泉真樹 「瑠璃」 200407  
蝦夷の秋ここにも深き祈りあり 稲畑汀子 ホトトギス 200408  
丙種われ日々恪勤に秋となる 岸風三樓 200408  
秋冥き奧壁よじのぼり攀づる影仰ぐ 橘澄男 「山景」 200408  
城守の秋の短さつぶやける 黒田咲子 200408  
春はあけぼの秋は日ぐれの落し紙 八田木枯 「夜さり」 200409  
ん!そうだ 秋になったらはじめよう 松山律子 六花 200409  
包み洗ふ病後小さき顔や秋 岡本眸 200409  
荘の秋窓辺にランプ灯しけり 水田清子 200410  
山深く褒めごろし言ふ鵬の秋 鈴鹿仁 京鹿子 200410  
葦の根の一線黝し沼の秋 岡本眸 200410  
名刹に子規虚子の句碑萩の秋 福盛悦子 雨月 200410  
森の秋去年のままに錫杖草 吉成美代子 あを 200410  
星出でて夜々新しき沼の秋 岡本眸 200410  
佳き椅子に伴侶のごとく凭りて秋 鈴木榮子 春燈 200410  
古寺新塔風鐸からんと秋奏づ 奥村鷹尾 京鹿子 200410  
あらかじめ絶句作りや芋の秋 堀内一郎 あを 200411  
沼の秋飼はれ家鴨と烏骨鶏 伊藤白潮 200411  
詩に飢ゑて秋シリウスに叫びけり 小澤克己 遠嶺 200411  
はればれと天下の秋を渡しけり 山田六甲 六花 200411  
運河秋連ねて青き灯なりけり 岡本眸 200411  
わが一生妻にも一生なりしよ秋 冨岡夜詩彦 200411  
阿波踊四連にして秋賑ふ 堀内一郎 あを 200411  
方円の水のいよいよ澄める秋 村越化石 200411  
亡ぶもの亡びて秋のはじめかな 植村よし子 雨月 200411  
手入れして狭庭の秋を早めけり 久永淳子 春燈 200411  
黙々と農夫の背中雲の秋 加茂志津子 帆船 200411  
来ぬ秋の玉川上水通りかな 平田紀美子 風土 200411  
病床のひと透明となりて秋 内藤ゑつ ゑつ 200411  
秋なかば庭整ひし留守の家 篠崎荘市 酸漿 200411  
書きおきのメモ詩片めく雲の秋 鷹羽狩行 200411  
水脈とどく小島々々の秋のいろ 内藤ゑつ ゑつ 200411  
矯声と水音秋の妻籠宿 篠崎荘市 酸漿 200411  
赤松の中の白樺すでに秋 村越化石 200411  
赤帯の立ち上がりたる秋の口 大東由美子 火星 200411 秋→ 1

 

2016年11月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。