雪起し      69句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
雪起し去りて手機の音こもる 石鍋みさ代 春耕 199904
独り寝の闇の深さよ雪起し 谷榮子 雨月 200003
独り寝の闇の深さよ雪起 谷榮子 雨月 200101
雪起しテトラの海獣めきし影 成重佐伊子 俳句通信 200102
猫どもを如何に仕付けむ雪起し 大堀鶴侶 雨月 200103
露天湯は無防備地帯雪起し 泉田秋硯 200104
人買ひの伝説の地や雪起こし 保田英太郎 風土 200105
一樹鳴り全山が鳴る雪起し 塩見育代 200105
ジッポーの音のくぐもる雪起し 十見達也 銀化 200202
日本海覆すかに雪起し 藤浦昭代 円虹 200203
烏賊舟の帰港あひつぐ雪起し 根岸善雄 馬醉木 200204
またたきて灯ともる佐渡や雪起し 根岸善雄 馬醉木 200204
雪起しどどっと人を脅しけり 泉田秋硯 200204
わが懈怠一喝したる雪起し 安原葉 円虹 200205
雪起し馴れて眠りに堕ちにけり 安原葉 円虹 200205
住めば又親しきものに雪起し 安原葉 円虹 200205
一天を転げ出したる雪起し 安原葉 円虹 200205
覚めきつてしまひし子等や雪起し 安原葉 円虹 200205
雪起し轟く地こそ父祖の地と 坂井建 ホトトギス 200206
雪起し操る神のありにけり 志鳥宏遠 ホトトギス 200206
雪起し鳴り潮騒の鳴りやまず 志鳥宏遠 ホトトギス 200206
雪起し米百俵の地でありぬ 坂井建 ホトトギス 200206
決断を促すごとく雪起し 大久保白村 ホトトギス 200207
雪起し五臓六腑にひびきけり 大久保白村 ホトトギス 200207
乗換の越後湯沢の雪起し 大久保白村 ホトトギス 200207
雪起し一人家居の夜なりけり 稲畑汀子 ホトトギス 200301
箆(へら)あとの深き裁台(たちだい)雪起し 小島紅雅 雲の峰 200302
雪起し深き闇物飛ぶ音す 滝川あい子 雨月 200303
雪起し越の仏壇たかだかと 清水節子 馬醉木 200305
真つ暗な湖の底より雪起し 北川英子 200403
雪起し大王松の響きけり 杉浦典子 火星 200504
夜の窓に山迫り来る雪起し 林敬子 酸漿 200505
雪起し真夜中の玻璃びりびりと 小林時夫 200506
山の背にひつかかり来る雪起し 杉田春雄 風土 200602
雪起し鼓動びんびん乱れける 岸本久栄 雨月 200603
終ひ湯やおどろおどろと雪起し 柴野静 200603
過ぎてまた一気に戻る雪起し 松原智津子 万象 200603
雪起し鳴らぬに明けて銀世界 浜田南風 200604
日本海の空の近づく雪起し 松山直美 火星 200604
雪起しめげずに力溜めて来し 池田崇 200704
雪起し牛の駆け出す牧の暮 物江康平 春燈 200803
古寺の即身佛や雪起し 川口襄 遠嶺 200804
大辞林割つて開けば雪起し 海崎えい子 200804
鉄瓶の音の紛るる雪起し 笹田浩朗 200805
湖に火柱立ちし雪起し 竹下陶子 ホトトギス 200810
天蓋に双頭の竜雪起し 石崎浄 風土 200902
雪起し吾が晩学の辞書を繰り 松岡和子 200904
雪起し最後は低く捻りけり 関口青稲 万象 200905
もらひ風呂順を待つ間も雪起し 滝川あい子 雨月 200906
雪起しころげ山よりただ一つ 中村恭子 201004
雪起し海を離るる波頭 根岸善行 風土 201102
山里に頼るひとあり雪起し 丸井巴水 京鹿子 201103
大山を転げ落つるか雪起し 宮原悦子 雨月 201203
沖よりの風きて沖に雪起し 大崎紀夫 やぶれ傘 201203
雪起し子盗ろ子盗ろとひびきけり 塩路隆子 201302
雪起しの雷に薪の火立ち上がる 杉浦典子 火星 201302
雪起し空かきまぜて居座れる 工藤ミネ子 風土 201403
旅の荷を宿にほどくや雪起し 河合とき 末黒野 201404
長鈷を舟屋の壁に雪起し 岩木茂 風土 201502
三山の一つ消したる雪起し 田村すゝむ 風土 201503
雪起し流刑の小屋の窓一つ 甕秀磨 201503
小面の次第に狂ふ雪起し ほんだゆき 馬醉木 201510
雪起し俎板の魚跳ね上がり 渡部恭子 馬醉木 201510
くろぐろと大佐渡小佐渡雪起し 山口順子 馬醉木 201703
いよいよぞ覚悟はよいか雪起こし 時澤藍 201703
諸手挙げ抱つこをねだる雪起し 森藤千鶴 馬醉木 201802
句の宿の障子劈く雪起し 川村みよき 万象 201802
星ひとつ出てゐて沖に雪起し 大崎紀夫 やぶれ傘 201901
一雷も雪起しとはならず去る 藤浦昭代 ホトトギス 202006

 

2020年12月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。