山 雀 (含む他季)    40句

山雀の啼くとき庭を山路かな    北枝

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
山雀や良寛の手まり転び出て 神蔵器 風土 199810  
餌にかよふ山雀笊を透く秋日 白鳥武子 酸漿 199912  
山雀や滅多矢鱈に隠す癖 桐木榮子 船団 199912  
山雀の胸の赤さに春きざす 大塚洋子 酸漿 200005  
山雀と高尾に残花惜しみけり 三村禮子 酸漿 200007  
売店に来ては山雀餌をはこぶ 阿部ひろし 酸漿 200110  
山雀や総身風にまかす椅子 小島とよ子 遠嶺 200112  
山雀の手にのるかるさ冬日和 永見博子 酸漿 200202  
山雀の洞を探せり春嵐 長田秋男 酸漿 200205  
山雀や濡れ縁朽ちし薬師堂 朝妻力 雲の峯 200207  
山雀の声よくとほる宮の杜 渡辺ひろし 200312  
山雀が来て正月の庭和む 服部菰舟 雨月 200404  
冬ざれの庭に山雀餌を漁る 中川悦子 酸漿 200502  
山雀の高音仕込みし声ならず 高崎武義 200503  
山雀の声の澄みをり斑雪渓 内藤順子 酸漿 200604  
山雀の来て高原の朝となる 稲畑汀子 ホトトギス 200610  
ききわけむ小雀山雀四十雀 湯浅夏以 遠嶺 200610  
山雀のゑごの木の実によき日和 渡辺玄子 酸漿 200612  
山雀や餌を隠して餌台へ 森理和 あを 200612  
枯るる苑山雀しげく枝移り 小堀眞由美 200704  
山雀にうきまとはるる掃納 関戸国子 酸漿 200705  
山雀のひまはりの種子素早く剥く 新倉舒子 200708  
四十雀山雀のきて無垢の空 宮川みね子 風土 200802  
日雀山雀愛さなくては生きられぬ 関根誠子 炎環 200809  
山雀の子等よく肥えて秋の風 丸田安子 酸漿 200902  
四十雀山雀日雀峠路 滝沢伊代次 万象 200910  
山雀のなにやらくはへ営巣期 丸田安子 酸奬 201008  
掌に山雀の来る冬日来る あかさか鷹乃 ろんど 201102  
切株を翔つ山雀や雪解光 浜福惠 風土 201305  
芸術祭山雀の芸昔ながら 瀧春一 花石榴 201312  
山雀と思へばさつと飛び去りぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201410  
山雀の手の餌啄む小春かな 松本三千夫 末黒野 201502  

 

2015年8月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。