薬 草 (キーワード)   103句

藥草も豐富の庵の梅雨忙し    伊万里梅城

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
夏山や薬草採りの行者たち 皆川盤水 春耕 199809  
薬草園育み松の色変へず 品川鈴子 ぐろっけ 199811

祝句  

神戸薬大

蔭干の薬草匂ふ雪螢 野原春醪 馬醉木 199902  
薬草の中の毒草秋の風 大橋櫻坡子 雨月 199910  
丹沢の薬草ならぶ草の市 芋川幸子 春耕 199911  
伊吹山夜は薬草の月の供華 中川濱子 ぐろっけ 199912  
薄暑光薬草園の再会に 三橋早苗 ぐろっけ 200008  
薄霧の樹林に淡き一薬草 小滝奈津江 酸漿 200009  
斜に飛ぶ薬草園の草の絮 山尾玉藻 火星 200011  
軒に吊る薬草干あがり夏がゆく 宮下本平 200011  
薬草の干されし伊吹山霧ごめに 堀池久世 200012  
干菜吊り薬草吊りて伊吹村 竹村良三 200102  
てのひらに薬草もらふ花見酒 出口一点 百鳥 200107  
薬草の図鑑見てゐる五月晴 保坂加津夫 いろり 200107  
銅鐸の跡に鈴蘭薬草園 品川鈴子 ぐろっけ 200107  
武蔵野の薬草園訪ひ薬の日 江木紀子 雨月 200108  
薬草園八十八夜の雨綺羅に 江木紀子 雨月 200108  
三伏やほんのり甘き薬草茶 押切安代 200109  
薬草の鉄瓶鳴りし榾の宿 小阪律子 ぐろっけ 200111  
蜩よ法師よ薬草園に鳴く 岡田芳子 ぐろっけ 200112  
母の干す腹痛薬草の花 高尾豊子 火星 200201  
薬草を残暑もろとも煎じ出し 井田道子 200201  
薬草の匂へる土瓶冬に入る 宇利丞示 雲の峰 200202  
さきがけて芹のさみどり薬草園 中田貞子 200203  
鈴蘭を一薬草に譲りし野 稲畑汀子 ホトトギス 200206  
薬草の軒に揺れゐる霾ぐもり 万城希代子 200206  
まむし草薬草園に飼はれをり 長岡新一 200208  
四百年の夏炉茶釜に薬草茶 柴田由乃 風土 200209  
萬緑や薬草店の小抽出 林友次郎 遠嶺 200209  
薬草の逆さ乾きにちちろ鳴く 武司琴子 ぐろっけ 200301  
秋の水薬草園へと曲りけり 城孝子 火星 200302  
薬草を細火に煮つめ冬に入る 峰幸子 200302  
薬草の大きな袋浮く初湯 高木昌子 築港 200303  
薬草の苦味人日暮れにけり 小林もりゑ 200303  
冬の夜の少し濃くなる薬草茶 竹山みや子 築港 200304  
薬草の芽利尿強壮虫下し 長谷川閑乙 馬醉木 200305  
薬草の確な効き目冬の虹 城石美津子 京鹿子 200305  
須賀川の薬草園や牡丹の芽 今井久良子 酸漿 200306  
次ぎ次ぎと増え薬草のつくしんぼ 武司琴子 ぐろっけ 200306  
薬草の乾いてゐたる五月かな 石脇みはる 200307  
赤とんぼ薬草園を塒とし 品川鈴子 ぐろっけ 200309  
花のなき薬草園の涼しさよ 青山丈 200310  
薬草園へ入るや蓑虫夫の前 村井久美子 200311  
薬草園の入口小さし緋のカンナ 福井隆子 対岸 200401  
芽立ち揃へり薬草も毒草も 高崎武義 200402  
ヒマラヤの青花芥子の薬草園 櫻井恭比古 帆船 200407  
薬草園の薄荷をちぎり暑を弾く 小泉三枝 春燈 200410  
大方は薬草伊吹お花畑 橋本典男 築港 200410  
爽やかや薬草店の風見鶏 竹中昭子 百鳥 200411  
豆干され薬草干され日の忙し 佐藤よしい 風土 200412  
薬草市泥蓮根のはみだして 品川鈴子 六香 200501  
二ン月の風に薬草乾き切る 原茂美 雲の峰 200504  
薬草を乾かしてゐる河鹿宿 川村政枝 築港 200508  
藥草茶涼しくよばれ城国寺 中山純子 万象 200509  
枯菊の鉢を片寄せ薬草園 水田清子 200512  
みよし野に掘りし薬草薬の日 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
君知るや薬草園に紫蘭あり 高浜虚子 ぐろっけ 200606  
水涸れて荒れ果ててゐる薬草園 岡本直子 雨月 200701  
寒の凪名札明るき薬草園 市橋章子 ぐろっけ 200703  
十三夜薬草風呂に噎せにけり 鈴木ひろ子 200801  
薬草園おばけ南瓜と受付簿 数長藤代 200802  
秋湿り薬草園の作業服 木下もと子 200802  
初蝶に誘はれ行く薬草園 中島伊智子 酸漿 200806  
春の雷薬草風呂の濁りたる 櫻木道代 ぐろっけ 200807  
薬草の湯に癒されて合歓の花 渡部磐空 200810  
伊吹山眠り薬草根を肥やす 谷岡尚美 200904  
露けしやふつうの草も薬草も 服部早苗 200904  
薬草の土鍋ふつふつ春の雪 清水明子 遠嶺 200906  
春時雨薬草園の中に佇ち 中谷葉留 風土 200906  
信長の薬草園の九蓋草 伊藤敬子 200908  
夏山をめざし薬草御膳食ぶ 恒川とも子 200909  
薬草の香の混りたる草いきれ 水谷洋子 十進法 200911  
薬草の採取いましめ山開き 小林玲子 ぐろっけ 200911  
薬草園名札の白き大暑の日 市橋敬子 200912  
軒に吊る薬草からび後の月 乙坂きみ子 末黒野 201002  
藥草を煎じはじまる冬百日 中山純子 万象 201003  
春浅き薬草園にこゑのあり 石脇みはる 201005  
薬草の岳のうぐひす老知らず 浅井青二 雨月 201009  
蛍袋薬草園の道しるべ 竹下昭子 ぐろっけ 201010  
どくだみに薬草園で再会す 竹下昭子 ぐろっけ 201010  
逆さ吊りの薬草匂ふ盆のあと 岡和絵 火星 201012  
毒草の枯れて薬草なりしかな 千田百里 201103  
春浅き薬草園の木のベンチ 大島英昭 やぶれ傘 201107  
薬草の百のあまたを見て立夏 川崎かずえ ろんど 201108  
夏の月柵崩れゐる薬草園 浜口高子 火星 201108  
薬草の湯の香のしむる梅雨の冷 近藤きくえ 201109  
秋暑し薬草吊す深庇 城戸緑 末黒野 201112  
うぐひすや薬草園を日照雨過ぐ 服部鹿頭矢 馬醉木 201206  
藥草の山医王嶺に秋の蝶 中山純子 万象 201211  
薬草を干せる平石秋茜 塩見治郎 雨月 201212  
薬草に五月の庭は闇白し 山根征子 201308  
薬草の乾かぬうちに梅雨に入る 近藤ともひろ ろんど 201309  
もてなしの薬草ジュース暑気払 秦和子 201310  
薬草學の幸ふあした清和の天 すずき巴里 ろんど 201408

棚田掻き夜はもてなしの薬草湯 綿谷ただ志 馬醉木 201409  
花野より薬草一本引き出す 今瀬一博 201501  
初蝶や名札ばかりの薬草園 藤田満枝 万象 201507  
探しをる野草薬草雪の下 竹中一花 201604  
音立てて薬草かわく秋彼岸 戸栗末廣 201604  
冬薔薇薬草園に花つづる 中根美保 風土 201604  
薬草を干して七尾路冬に入る 望月晴美 201701  
薬草の擬ひの殖ゆる神輿草 鈴木礼子 末黒野 201710  
軒に乾く薬草の香や神迎 浜福惠 風土 201802  
薬草園猫と飛蝗の絡み合ひ 飯塚トシ子 201907  
夏至来るや薬草汁を夜の卓に 近藤真啓 春燈 201909  

 

2020年9月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。