灸花・へくそ葛    100句

雨の中日がさしてきし灸花    清崎敏郎

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
耳遠くなりし犬連れ灸花 杉浦典子 火星 199810  
なにほどの色慾へくそ葛かな 水野恒彦 199810  
あたま数に幽霊が入り灸花 藤田守啓 船団 199902  
藪からしも灸花もや植物園 大橋敦子 雨月 199910  
やいと花妙にやさしき花だけど 松沢久子 いろり 199910  
晴れて行く花鳥山脈灸花 宮津昭彦 200011  
五葉の松にからみし屁糞葛かな 高尾豊子 火星 200012  
やいと花引けどねじれておりてこず 熊谷みどり いろり 200108  
わが家にもやいと花など咲きにけり 熊谷みどり いろり 200109  
此処とここ三里のつぼや灸花 藤田かもめ 200110  
分教場夥しくも灸花 三井公子 酸漿 200110  
ふるさとの町細長し灸花 木下節子 俳句通信 200110  
犬拗ねて小屋を出でざり灸花 松崎鉄之介 200110  
集合写真いつも端つこ灸花 村田美穂子 百鳥 200111  
やいと花荒草に火を点じゆく 岡淑子 雨月 200112  
灸花らせん階段錆びてをり 中道錦子 200208  
灸花引きて夕陽を掌の中に 津田経子 火星 200209  
灸花加齢のためと言はれけり 島貫アキ子 銀化 200209  
いくつかがこちら向くなり灸花 宮津昭彦 200309  
灸花群れて毎日雲霽れず 宮津昭彦 200309  
減らず口たたく子に咲くやいと花 乃美隆子 200310  
金網の柵に巻き付く灸花 小笠原扶美女 築港 200311  
衰へぬ口が頼りや灸花 高倉恵美子 200312  
灸花足神様に灯を献ず 平賀扶人 馬醉木 200409  
住まぬ家の垣に群がる灸花 松崎鉄之介 200409  
九匹の猫ゐるくらし灸花 石山惠子 遠嶺 200410  
灸花むかしは子等の野に遊び 高橋照子 雨月 200410  
捨田はや山へ戻りぬ灸花 蒔元一草 河鹿 200411  
やいと花給水タンク包囲せり 鈴木實 百鳥 200411  
鳶口を腰に挿しをり灸花 飯塚ゑ子 火星 200509  
たぐりをる足にぽろぽろ灸花 加藤みき 200510  
充電の切れそな日なり灸花 山元志津香 八千草 200512  
灸花萎えて体の重さかな 小形さとる 200606  
噛み合はぬ付合ひもあり灸花 米須あや子 遠嶺 200611  
灸花数へらるるを待ち増ゆる 宮津昭彦 200611  
片や美男へくそ葛が可哀さう 辰巳比呂史 200701  
灸花オブラートにて包むもの 近藤公子 200710  
籬にもがんじ搦めに灸花 川崎良平 雨月 200710  
灸花用なく歩くこともなく 野路斉子 200710  
犬猿の隣家へ伸びし灸花 安達実生子 200711  
やいと花へくそ葛でもよろし 十川たかし 200711  
手に絡めへくそ葛を引き抜きし 笹村政子 六花 200711  
へくそ葛早乙女花とは役者かな 森一枝 八千草 200712  
大日さま灸花の実供えましよ 松本桂子 200803  
世話好きもあなたの個性灸花 安井寿美子 200809  
鵯上戸の花をからめり灸花 松崎鉄之介 200809  
帰国して元の生活や灸花 竹内悦子 200810  
日没を待ちて散歩や灸花 中川すみ子 200810  
裏木戸をおほひつくして灸花 田中藤穂 あを 200909  
灸花埃しづめの宵の雨 半澤正子 馬醉木 200911  
今にして悔の多かり灸花 加藤千津 ろんど 200912  
婆しやがみ袋まさぐる灸花 品川鈴子 ぐろっけ 201007  
特攻の厠に絡む灸花 品川鈴子 ぐろっけ 201007  
灸花飾り品濃の一里塚 松本三千夫 末黒野 201009  
逆コースとれば新たに灸花 金子清孝 ぐろっけ 201010  
厠より厨をのぞむ灸花 佐田昭子 ぐろっけ 201010  
かわいさについ刈りそびれ灸花 田中佳子 ぐろっけ 201010  
刈込みや三日見ぬ間の灸花 三輪慶子 ぐろっけ 201010  
ごくごくと喉を潤す灸花 金子清孝 ぐろっけ 201010  
古町の真昼けだるき灸花 佐伯星子 馬醉木 201012  
学校の塀に生きいき灸花 中川すみ子 201110  
知られたくなき事もあり灸花 浅岡麻實 末黒野 201110  
何事も適当なりし灸花 宮崎高根 201110  
カレンダーに誰が掛けしか灸花 坂口夫佐子 火星 201110  
へくそかづら秋田実の笑魂碑 池端英子 ろんど 201201  
秋旱へくそかづらに及びけり 小林愛子 辻楽師 201206  
須賀川や芭蕉の道の灸花 北崎展江 くりから 201209  
オブジェめく枯木賑はし灸花 小倉純 末黒野 201211  
灸花動かずをれと今日の易 天野みゆき 風土 201301  
終点めバスバックする灸花 大島英昭 やぶれ傘 201301  
松過ぎの艶めくへくそかづらの実 原田達夫 201304  
オブジェめく枯木賑はし灸花 小倉純 末黒野 201304  
賛美歌はへくそかづらの向かうから 藤井美晴 やぶれ傘 201309  
灸花風のよろこぶ切通し 箕輪カオル 201310  
ペンションの廃れはびこる灸花 荒木稔 ぐろっけ 201310  
灸花誰彼の顔思ひ出す 瀧春一 花石榴 201312  
まあなんといふ名でせうかへくそかづら 伊藤紀子 ろんど 201401  
仲直りにこぼすはにかみ灸花 卜部黎子 春燈 201410  
一里塚へくそかづらに隠れけり 見田英子 春燈 201411  
旅鞄へくそかづらの坂のぼる 垣岡暎子 火星 201411  
灸花抜きさしならぬことばかり 浜崎素粒子 ホトトギス 201411  
灸花月に揺れゐしベンチかな 廣畑育子 六花 201411  
雲水の旅立ちは濃し灸花 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
アンテナを極めてへくそかづらかな 北村淳子 ろんど 201501  
灸花水兵さんの記章めく 菅谷たけし 201509  
灸花お薬手帳満杯に 小張昭一 春燈 201509  
客らしき客のをらねど灸花 瀬川公馨 201511  
五十肩今に引きずり灸花 大石よし子 雨月 201511  
灸花三里の灸とはなつかしき 岡淑子 雨月 201511  
道草の子等弄び灸花 片岡良子 雨月 201511  
わたしだけ匂うてみたる灸花 笹村礼子 六花 201512  
I・Sは此岸の生みし灸花 平野多聞 201609  
へくそかづらたぐれば大樹また大樹 大沢美智子 201611  
灸花小流れに犬足漬けて 松本正生 やぶれ傘 201612  
へくそかづら枯を囲みて枯れてをり 原田達夫 201702  
隣りよりへくそかづらのきてゐたる 根橋宏次 やぶれ傘 201708  
吹けばまた火種をふやす灸花 鷺山珀眉 京鹿子 201710  
ぼのくぼにへくそ蔓の雨雫 荒井和昭 201711  
保育園の空き地にへくそかづらかな 菊池洋子 やぶれ傘 201710  
生垣のすきま切れ間に灸花 倉澤節子 六花 201810  

 

2019年7月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。