綿 入         19句

綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
綿入れのあるじ無口や地獄谷 武岡東西 俳句通信 200002  
綿入の背中をぽんと叩かれし 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
綿入や母の遺言ただ二行 大久保白村 ホトトギス 200105  
綿入れの繕ひ針の錆おとし 羽生きよみ ぐろっけ 200205  
綿入の柄に色なし古写真 竹内弘子 あを 200501  
新真綿入の心をくるみたる 高橋将夫 星の渦 200507  
綿入を着てよろこべる異国の子 斉藤裕子 あを 200604  
手作の綿入で通す厨ごと 鈴木良子 酸漿 200803  
綿入の田舎縞着て素直なり 上田玲子 200902  
綿入や病み勝ちなりし姉のもの 田中藤穂 あを 200902  
人の訃に綿入羽織る夕ごころ 伊勢きみこ 火星 200904  
綿入に仕立直しの黄八丈 今井松子 遠嶺 201003  
綿入れを着て余生てふ顔となり 及川照子 末黒野 201004  
綿入れとなりて負ひたる母の衣 青木ちづる 201203  
若者の綿入ズボン花模様 赤座典子 あを 201401  
綿入れの綿ふくらます帰る子へ だいじみどり 201503  
フリマにて求めし綿入れ陽の匂 須賀敏子 あを 201801  
綿入半纏好んで着たる子等なりし 赤座典子 あを 201802  
手放せぬ綿入れ半纏婆偲ぶ 石森理和 あを 201804  

 

2018年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。