吾亦紅 4     156句

此秋もわれもかうよと見て過ぎぬ   白雄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
自画像の唇厚し吾亦紅 コ田千鶴子 花の翼 201111  
つんつんはもうやめようよ吾亦紅 和田森早苗 201111  
吾亦紅父が手向けて守りをり 山田六甲 六花 201111  
秋七草机辺に芒吾亦紅 大橋敦子 雨月 201111  
地味にして自己主張あり吾亦紅 大橋晄 雨月 201111  
吾亦紅ゆるる嵯峨野の夕映えに 松田とよ子 201112  
八十路とて花のつもりぞ吾亦紅 宮崎左智子 201112  
吾亦紅人恋ふ丈を伸ばしけり 矢口笑子 春燈 201112  
吾亦紅おはるる如く転院す 吉村摂護 201112  
夕暮れを早めて雨の吾亦紅 藤岡紫水 京鹿子 201112  
肩の荷の片方ゆるめ吾亦紅 成田美代 201112  
揺るるべく窪地に揺れて吾亦紅 山尾玉藻 火星 201112  
吾亦紅殖ゆその夫を恋ふ母に 辻美奈子 201112  
もう妻に喧嘩は売れぬ吾亦紅 石川笙児 201112  
揺れてゐることが安らぎ吾亦紅 川井秀夫 ろんど 201112  
神の庭群れて咲きたる吾亦紅 谷村幸子 201112  
点と線孤独なりけり吾亦紅 寺田すず江 201112  
口紅に筆のへこみや吾亦紅 山田六甲 六花 201112  
控へ目な母でありけり吾亦紅 勝谷茂子 馬醉木 201201  
姪といふ距離のほどほど吾亦紅 田中珠生 馬醉木 201201  
酒蔵を抜けたる小径吾亦紅 能勢栄子 201201  
何をもて測る余生や吾亦紅 大島翠木 201201  
母を恋ふ歌のかずかず吾亦紅 杉原ツタ子 201201  
諸星を見し目の卓に吾亦紅 本郷桂子 ホトトギス 201201  
若き日の自画像飾り吾亦紅 河合とき 末黒野 201201  
吾亦紅赤き旗抱チーパオ着て闊歩 呂秀文 春燈 201201  
したたかに生きし日もあり吾亦紅 加藤千春 春燈 201201  
吾亦紅活けて父の忌修しけり 小渕二美江 春燈 201201  
吾亦紅舟に差し掛く渡し板 下山田美江 風土 201201  
夭折の画家のアトリエ吾亦紅 岡淑子 雨月 201201  
華奢なるも芯強き人吾亦紅 山本漾子 雨月 201201  
なかんづく季語のをはりの吾亦紅 鈴鹿けい子 京鹿子 201201  
吾亦紅この風すぢに母の墓 鎌田政利 京鹿子 201201  
風の中なほ触れ合はぬ吾亦紅 鎌倉喜久恵 あを 201201  
日記帳書きなぐりたし吾亦紅 牧野慶 ろんど 201202  
ぼたもちとおはぎ談義や吾亦紅 有賀昌子 やぶれ傘 201202  
吾亦紅をんな三役こなしけり 橋本靖子 201211  
吾亦紅活けて商ふ和装店 田下宮子 201211  
乱るるを嫌へる風の吾亦紅 山尾玉藻 火星 201211  
行合ひの空の深さや吾亦紅 加藤静江 末黒野 201211  
落日の余燼くすぶる吾亦紅 米山のり子 馬醉木 201212  
川添ひの湯宿の二軒吾亦紅 古川千鶴 かさね 201212  
くたぶれて座る茶店や吾亦紅 米田文彦 かさね 201212  
ひとひらの雲呼ぶ富士や吾亦紅 間島あきら 風土 201212  
吾亦紅富士を大きく揺らしけり 久米憲子 春燈 201212  
使ひ込む志野の七化け吾亦紅 藤原若菜 春燈 201212  
店舗中迷はず買ひし吾亦紅 松本恒子 ぐろっけ 201212  
風にゆれ水車場の陰吾亦紅 吉本淳 ぐろっけ 201212  
吾亦紅胸に抱きて野良帰り 吉本淳 ぐろっけ 201212  
吾亦紅電波を受信してをるか 大畑善昭 201212  
目立たずに目立ちて愛し吾亦紅 折橋綾子 201212  
友来たる咲き残りとふ吾亦紅 森さち子 201212  
吾亦紅暮色に解けてしまひけり 山田天 雨月 201212  
吾亦紅かつては在りし土手の道 早崎泰江 あを 201212  
吾亦紅明智贔屓の里に生れ 塩路隆子 201301  
里はづれの野風さはさは吾亦紅 伊東和子 201301  
吾亦紅元を辿ればバラ科なる 国包澄子 201301  
吾亦紅鼓舞とは違ふ身の微動 成田美代 201301  
うす紙をはがし尽せば吾亦紅 高木晶子 京鹿子 201301  
許さるる化身とならば吾亦紅 中島讃良 ろんど 201301  
萩焼に吟醸一献吾亦紅 三橋早苗 ぐろっけ 201301  
夕闇は峡より来つつ吾亦紅 細野恵久 ぐろっけ 211310  
霧かかる道の岐れや吾亦紅 岡田和子 馬醉木 201311  
青春の淡き思ひ出吾亦紅 桂敦子 201312  
昏れ泥む野にありてこそ吾亦紅 齊藤眉山 末黒野 201312  
独り言つ吾に頷く吾亦紅 川上久美 ろんど 201312  
晩節の師弟の情や吾亦紅 物江康平 春燈 201312  
飛騨牛乳瓶に挿されて吾亦紅 七種年男 201312  
暮れ方のひかり纏ひて吾亦紅 松井志津子 201312  
火襷の手触り粗し吾亦紅 泉本浩子 馬醉木 201312  
菩提寺のどこまでも墓地吾亦紅 井口ふみ緒 風土 201312  
さびしさの一つの形吾亦紅 都菊池和子 京鹿子 201312  
葉に付きし水玉ひかる吾亦紅 石原健二 やぶれ傘 201312  
水音へ石段下りし吾亦紅 杉浦典子 火星 201312  
吾亦紅気付かぬほどの自己主張 伊庭玲子 201312  
吾亦紅山の向かうの山目ざし 苑実耶 201312  
吾亦紅指はじきつつ山歩き 吉井潤 ぐろっけ 201312  
争はぬための沈黙吾亦紅 田中一美 ろんど 201401  
風上る途中の丘の吾亦紅 奥井あき 201401  
自分史の袋とぢあり吾亦紅 小瀧洋子 ろんど 201401  
花束に一枝加へ吾亦紅 谷岡尚美 201401  
尻餅の土払ひ遣る吾亦紅 今井忍 ぐろっけ 201401  
吾亦紅にとどく太師のみ声かな 山本耀子 火星 201401  
吾亦紅の花もその名も愛しくて 隅田恵子 雨月 201401  
吾亦紅一枝提げて画塾の日 三橋早苗 ぐろっけ 201401  
吾亦紅子育て昭和遠くなり 中村吟子 ぐろっけ 201401  
吾亦紅束ね辺りのさびさびと 石坂比呂子 ろんど 201401  
吾亦紅夫への供花に加へけり 菅野蒔子 末黒野 201401  
吾亦紅歩哨あちこち分断地 植田雅代 ぐろっけ 201401  
口数の多くなりけり吾亦紅 中山静枝 201401  
雨粒に色閉ぢ込めて吾亦紅 笹倉さえみ 雨月 201402  
遠山の更に遠のく吾亦紅 宮井知英 201402  
寄せ活けの要となりぬ吾亦紅 清水元子 末黒野 201402  
空仰ぐ癖のいつしか吾亦紅 服部早苗 201403  
乱れゐて乱れ無かりし吾亦紅 山尾玉藻 火星 201410
野にだれもゐないひぐれの吾亦紅 豊田都峰 京鹿子 201411  
父の書に出合ひたる幸吾亦紅 大橋晄 雨月 201411  
我儘を諭す父母無し吾亦紅 杉田福 201412  
好もしや引立て役の吾亦紅 小菅礼子 春燈 201412  
吾亦紅著名文士の墓の脇 久世孝雄 やぶれ傘 201412  
壺に活けて侘びの心髄吾亦紅 水野節子 雨月 201412  
幼さの消えてゆく子や吾亦紅 齋藤晴夫 春燈 201412  
六甲山の霧に重たき吾亦紅 栗山恵子 雨月 201412  
うかと来て忌中の札や吾亦紅 田中臥石 末黒野 201412  
本心は秘めたるままや吾亦紅 松井季湖 201412  
それぞれの岬に名前吾亦紅 齋藤厚子 201501  
腕力を誇りし昔吾亦紅 吉村摂護 201501  
山を越えトンネルを抜け吾亦紅 野畑さゆり 201501  
散ることを知らで色濃き吾亦紅 宮内とし子 201501  
遥かなる思ひ出確か吾亦紅 内山照久 201501  
山下る手に四五本の吾亦紅 千葉惠美子 末黒野 201501  
聡明な人は静かに吾亦紅 太田チヱ子 末黒野 201501  
吾亦紅行器(ほかい)を供に奈良の旅 加藤タミ 末黒野 201501  
吾亦紅水にひかりのありにけり 雨村敏子 201501  
床の間に野山の匂ひ吾亦紅 竹中一花 201501  
漢持つ花束にある吾亦紅 中田禎子 201501  
吾亦紅縋るものなき風通す 吉田順子 201501  
腕力を誇りし昔吾亦紅 吉村摂護 201502  
点と線孤独なりけり吾亦紅 寺田すず江 明日葉 201505  
吾亦紅ゆれて残照わかち合ふ 白神知恵子 女坂 201508  
故里は何処かと尋ね吾亦紅 大日向幸江 あを 201510  
こくうすく朝靄ながれ吾亦紅 大室恵美子 春燈 201511  
吾亦紅白河郷に奔放に 大橋晄 雨月 201511  
玉堂の筆と硯と吾亦紅 酒本八重 201512  
残照にいよよ焦げたる吾亦紅 清部祥子 201512  
吾亦紅母の残せし花鋏 石川倜子 馬醉木 201512  
先導の僧の笑顔や吾亦紅 林紀夫 春燈 201512  
かたまつて兄弟姉妹吾亦紅 上原重一 201512  
焼杉の黒壁の家吾亦紅 中島玉五郎 201512  
木道の新の継ぎ板吾亦紅 森清堯 末黒野 201512  
吾亦紅挿して一日書に籠る 金森教子 雨月 201512  
吾亦紅つんと孤独に咲きゐたり 細川コマヱ 雨月 201512  
卓に置かれ黙深めたる吾亦紅 片山喜久子 雨月 201512  
雑草に小さき見栄はる吾亦紅 黒澤登美枝 201601  
山坂のあり処さだかや吾亦紅 堺昌子 末黒野 201601  
活けられて存在感の吾亦紅 安原葉 ホトトギス 201602  
いまがいい時吾亦紅がいつぱい 雨村敏子 201602  
花にしてぶっきらぼうの吾亦紅 稲岡みち子 雨月 201602  
吾亦紅茅屋集落保存地区 稲岡みち子 雨月 201602  
吾亦紅子の擦りむきし膝乾く 升田ヤス子 玫瑰 201604  
揺るる丈揺れざる丈の吾亦紅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201607  
野の色を和らげてゐる吾亦紅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201609  
吾亦紅には吾亦紅なりの訳 稲畑廣太郎 ホトトギス 201609  
風だけに気付かれてゐる吾亦紅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201609  
吾亦紅忌日の束に加はりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
吾亦紅大津皇子に捧げたる 加藤みき 201610 吾亦紅→ 1

2019年11月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。