若葉冷   68句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
森林は風の水槽若葉冷 小澤克己 遠嶺 199907  
刀身の切つ先にほふ若葉冷 池森昭子 馬醉木 200008  
明日オペと記す文来て若葉冷 中村公代 雨月 200107  
源平の声なき声や若葉冷 村田明子 円虹 200108  
いくたびか夫の夢みて若葉冷 芳賀雅子 航跡 200108  
雲水が案内の廻廊若葉冷 岡田章子 ぐろっけ 200207  
若葉冷運河の果の大風車 塩路五郎 200209  
継ぎ足して廊下は迷路若葉冷 中島真沙 円虹 200209  
若葉冷ゆ家ひろびろと独りかな 佐野布娑 雨月 200209  
文豪の未完の作や若葉冷 小林呼溪 200306  
若葉冷魚の背鰭に指刺され 高垣和恵 雨月 200308  
鈴屋の箱階段や若葉冷 影山わこ 百鳥 200308  
峡深く来し渓音と若葉冷 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
臥す人のよき日くもる日若葉冷 前迫寛子 河鹿 200409  
百年の大黒柱若葉冷 長田曄子 火星 200507  
植物園めぐり若葉の冷えめぐる 小林榮子 築港 200507  
山鳩の足のももいろ若葉冷 伊藤小雪 200507  
若葉冷鳥の屍の飛ぶさまに 比田誠子 百鳥 200508  
縛られし雪舟像や若葉冷 今谷脩 ぐろっけ 200509  
若葉冷かこつ朝の旅立に 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
銀座行く僧の脚半や若葉冷 金子輝 春燈 200607  
裸婦像の肌くもれる若葉冷え 八木柊一郎 ぐろっけ 200608  
待たされて楠の若葉に冷えゐたり 山尾玉藻 火星 200704  
歯の偏のある齢の字若葉冷 大畑善昭 200707  
動くなてふ難行苦行若葉冷 小菅礼子 春燈 200708  
馬の瞳に映れる木曽の若葉冷 城孝子 火星 200708  
若葉冷素気なき返事悔いてをり 出口賀律子 雨月 200708  
玄室の霊気か背ナの若葉冷 味村志津子 雨月 200709  
若葉冷え波のこまかき光りかな 宮津昭彦 200806  
抱き上げて襁褓を嗅げる若葉冷 山田六甲 六花 200806  
鳥ゆくや若葉冷なる空の果 ことり 六花 200806  
夫の足小さくなりたる若葉冷 城孝子 飛火野 200808  
肩で風鳶の煽れる若葉冷 山田六甲 六花 200905  
白波の生まれては能登若葉冷 山田六甲 六花 200905  
枕へと息の籠れる若葉冷 ことり 六花 200905  
学友の訃報つぎつぎ若葉冷 伊藤憲子 200907  
若葉冷どこやら痒き競歩かな 中本吉信 200907  
南座に新劇ポスター若葉冷 佐用圭子 200907  
秀吉の出世草履や若葉冷 松田和子 200907  
円生の人情話若葉冷え 植村公女 炎環 200907  
物々しい水際対策若葉冷 金井香ル 200908

新型

インフルエンザ

不機嫌な曇り空なり若葉冷 安本恵子 200908  
坑道に入ればさらなる若葉冷え 小林玲子 ぐろっけ 200908  
筋肉の緩む実感若葉冷 大島みよし 201007  
若葉冷姉の箴言容赦なき 能勢栄子 201009  
托僧は留学生なり若葉冷 和田満水 201008  
判じ得ぬ略字戸惑ふ若葉冷 塩路隆子 201009  
若葉冷ホットミルクにブランデー 塩路隆子 201107  
若葉冷え外人墓地に汽笛の音 大西八洲雄 万象 201107  
朝倉の秘伝蘭麝酒若葉冷 鈴木照子 201108 一乗谷
黙祷に始まる会議若葉冷 大村かし子 万象 201109  
若葉冷逆縁の水くみにけり 松橋利雄 光陰 201203  
一木のほとけなまめく若葉冷 益本三知子 馬醉木 201206  
敷島の天の浮石若葉冷 山田六甲 六花 201206  
縁の陽の膝にあつまる若葉冷え 布川直幸 201404  
若葉冷え迷惑メール申告す 大木清美子 201408  
煤臭き竪穴住居若葉冷 浅沼久男 201408  
天界の入口なるや若葉冷 片岡久美子 201408  
ふと影に入りしよりの若葉冷え 稲畑汀子 ホトトギス 201505  
足さするだけの見舞や若葉冷 伴明子 ホトトギス 201511  
なほ北へとる旅路あり若葉冷 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
若葉冷さらりと脱ぎて旅帰り 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
若葉冷え朝の散歩を先導す 藤波松山 京鹿子 201610  
己が齢己が諾ひ若葉冷 佐藤淑子 雨月 201806  
黄柏葉をいただく峡の若葉冷 能村研三 201807  
武器蔵のとびら重たし若葉冷 塙誠一郎 201807  
更けてきし吉野湯宿の若葉冷 安原葉 ホトトギス 201810  
夢殿へ寄ろうかこのごろ若葉冷え 坪内稔典 船団 201910  

 

2020年5月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。