漆 掻     17句

漆掻林の鳥の如くかな   松根東洋城

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
ひとまづはかぶれてもみむ漆掻き 利根川博 銀化 200111  
朝靄の尾根に日が射し漆掻き 中島正夫 対岸 200310  
岩室に濁酒を封じ漆掻 竹内弘子 あを 200312  
漆掻き関東平野一望す 須佐薫子 帆船 200409  
白髪の歌ひながらの漆掻く 滝沢伊代次 万象 200505  
漆掻き百本の幹生殺し 今瀬剛一 対岸 200509  
漆掻く結城廃寺の瓦紋 玉川悠 遠嶺 200509  
漆掻く帽子の鍔の漆艶 今瀬剛一 対岸 200509  
漆掻く主峰は影を濃く立てり 今瀬剛一 対岸 200509  
漆掻きつつ谷底へ沈むかな 今瀬剛一 対岸 200509  
雲海の上にて今日の漆掻く 福井隆子 対岸 200510  
覚悟ある幹に一刀漆掻く 石川敬子 対岸 200511  
漆掻登校の子と峠路 滝沢伊代次 万象 200907  
漆掻き男も鎌も古りにけり 今瀬一博 201401  
疵つけて又疵つけて漆掻く 岩下芳子 201508  
漆掻く六尺程の竹梯子 中川句寿夫 ここのもん 201705  
皺ふかく笑みて小春の漆掻 大畑善昭 201801  

 

2020年6月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。