瓜の花      49句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
天竺の潮の音や瓜の花 岡井省二 199907  
門付のごとく蜂をり瓜の花 守屋井蛙 酸漿 200105  
瓜の花童女にすこし傾きて 中村裕子 200106  
くさかきも小鍬も置かれ瓜の花 阿部ひろし 酸漿 200208  
山腹の小さき畑瓜の花 中道錦子 200208  
黒米を食して飛鳥や瓜の花 谷村幸子 200208  
手を振れば御辞儀をされし瓜の花 青池亘 百鳥 200209  
瓜の花宮部みゆきを子らと読む 林裕美子 六花 200209  
強さとは己れ知ること瓜の花 平野隆志 銀化 200210  
弁財天に砂(いさご)をもらふ瓜の花 竹内悦子 200309  
瓜の花子が潦踏みゆける 岡和絵 火星 200309  
潮騒の瓜の花まで母の畑 大山文子 火星 200309  
傾きしままの鶏小屋瓜の花 あさなが捷 200310  
蔓伸ばし茶垣に咲きし瓜の花 兼子栄子 酸漿 200310  
することがなくて爪切る瓜の花 中村房江 六花 200408  
四代とたどれぬ家系瓜の花 浅川正 雲の峰 200408  
臍の緒がもうとれました瓜の花 雨村敏子 200408  
脛の辺に風のほんのり瓜の花 飯塚ゑ子 火星 200409  
最澄にほくろが二つ瓜の花 本多俊子 200509  
野良着から紐垂れてゐる瓜の花 田口武 さうぢやなくても 200512  
羽搏いて走る鶏瓜の花 柴田佐知子 200608  
陶房の絵筆の乾き瓜の花 田中久仁子 万象 200711  
はらからの暮しつつまし瓜の花 岡久枝 酸漿 200811  
お互ひに人違ひして瓜の花 遠藤和彦 彩雲 200901  
鮮やかや今朝咲き初めし瓜の花 林佳枝 酸漿 200908  
帰農三年畝まつすぐに瓜の花 高村和子 春燈 200908  
潮の香のたよりの来たり瓜の花 吉村はづき 炎環 200909  
山城は慣はし多し瓜の花 田中文治 火星 201008  
節々に雌花のみなる瓜の花 北村ちえ子 六花 201109  
早起きの父の友来る瓜の花 高倉和子 夜のプール 201203  
嫁と居て姑を想ふ日瓜の花 斉藤裕子 あを 201210  
一族のどこか似てをり瓜の花 吉田葎 201210  
夕食のあとの夕暮瓜の花 田中文治 火星 201310  
敷藁に水瓜の花の守らるる 湖東紀子 ホトトギス 201511  
どこまでが内緒の話瓜の花 中川句寿夫 ここのもん 201705  
瓜の花どれも同じに見えにけり 志方章子 六花 201810  
畦道に憩ふ日課や瓜の花 佐俣まさを 春燈 201810  
貸農園の結界侵す瓜の花 長谷川歌子 春燈 201908  
瓜の花遊び蔓にも咲きにけり 升田ヤス子 六花 201908  
瓜の花京のはづれを道なりに 笹村政子 六花 201909  
母よりも父の手やさし瓜の花 笹村政子 六花 201909  
放課後の水遣りの子や瓜の花 住田千代子 六花 201909  
瓜の花心配事の少し消ゆ 永田万年青 六花 201909  
古井戸の在りし辺りに瓜の花 平居澪子 六花 201909  
瓜の花修理工場の裏の畑 廣畑育子 六花 201909  
七つ八つ花付けをりぬ瓜の花 廣畑育子 六花 201909  
瓜の花日傘男子の見つめをり 赤松赤彦 六花 201909  
打ち水や暖簾に染めし瓜の花 延川五十昭 六花 201909  
南京の古街に咲ける瓜の花 延川五十昭 六花 201910  

 

2020年5月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。