卯の花腐し     174句

ひと日臥し卯の花腐し美しや    橋本多佳子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
悲しみの友に卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
199806
犬倦みて今日も卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
199806
消防士かたまり卯の花腐しかな
浅井霜崖
地表
199806
永別の夜の卯の花腐しかな
山田弘子
円虹
199807
卯の花腐し残業の灯のおそくまで
河上麗子
春耕
199808
卯の花腐し人の来ぬ大広間
廣渡絹代
船団
199811
卯の花腐し爪の半月小米ほど
八木愁一郎
ぐろっけ
199902
残されし人に卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
199905
姨捨ての棚田卯の花腐しかな
小宮山勇
青胡桃
199905
卯の花腐しわたしの家はただの箱
堀真知子
海程
199911
石工らの島の卯の花腐しかな
山尾玉藻
火星
200007
二つ近づく卯の花腐しかな
田畑保英
火星
200008
小気味よき卯の花腐しやんやたり
水澤竜星
200008
卯の花腐し仏事にまかる黒づくめ
和田敏子
雨月
200008
野仏へかがむ卯の花腐しかな
堀井より子
春耕
200008
卯の花腐し六甲連山倦むほどに
八木愁一郎
ぐろっけ
200008
持ち重る弱音卯の花腐しかな
北川孝子
京鹿子
200009
二日目のマニキュア卯の花腐しかな
内田美紗
船団
200009
シースルー卯の花腐す昇降機
浜麻衣子
六花
200009
引き受けた留守番卯の花腐しかな
阿木よう子
海程
200010
結界の前の卯の花腐しかな
山尾玉藻
火星
200106
うつうつと卯の花腐しの語り口
林多佳子
200107
陳情の旗の卯の花腐しかな
篠田純子
あを
200107
卯の花腐し覚えなき痣二の腕に
谷口蔦子
ぐろっけ
200109
人に疲れ卯の花腐し見つめをり
斎藤道子
馬醉木
200110
邂逅は卯の花腐してふ箱根
稲畑汀子
ホトトギス
200205
夜は身のうちにも卯の花腐しかな
鷹羽狩行
200206
病床に馴れて卯の花腐しかな
高野清風
雲の峯
200207
畦土のほろと卯の花腐しかな
辻のぶ子
雲の峯
200207
卯の花腐し三日続きの美術展
平田紀美子
風土
200208
安曇野のサイロ卯の花腐しかな
三崎由紀子
遠嶺
200208
山鳥の声絶え卯の花腐しかな
岩瀬操舟
円虹
200208
卯の花腐し何をして気を晴らさうか
原教正
200208
かな拾ふ句碑に卯の花腐しかな
清わかば
雲の峰
200208
石膏のヴィーナス卯の花腐しかな
柘植征四郎
風土
200209
週末は卯の花腐しめくといふ
稲畑廣太郎
ホトトギス
200305
車達卯の花腐しの巻き添へと
篠田大佳
あを
200306
俎に熱湯卯の花腐しかな
後藤志づ
あを
200307
暮れどきの卯の花腐し秀野ふと
坂本禧枝
雲の峯
200307
顕微鏡並ぶ卯の花腐しかな
山尾玉藻
火星
200307
卯の花腐し志功版画の赤暗し
石田阿畏子
馬醉木
200308
頭の重く卯の花腐し爪を観る
平松かをる
六花
200308
儘ならぬ卯の花腐し癌の位置
武司琴子
ぐろっけ
200308
ジャム煮つめゐたる卯の花腐しかな
加美明美
200309
茅葺の里の卯の花腐しかな
岡淑子
雨月
200309
降り足りし卯の花腐し歓喜天
南一雄
200309
卯の花腐し電子辞書より鳥の声
鳴海清美
六花
200309
ギヤラリーの混みし卯の花腐しかな
林範昭
築港
200407
卯の花腐しいせ辰の二号店
斎藤和江
帆船
200407
卯の花腐しおしおきのやうに生きてゐる
篠田純子
あを
200407
未だとれぬ襁褓卯の花腐しかな
関口みよ子
帆船
200408
卯の花腐し異郷に散りし仲間の碑
高木智
京鹿子
200408
三成が墓の卯の花腐しかな
玉置かよ子
雨月
200408
卯の花腐し通夜の更けたる未明かな
田中峰雪
雨月
200408
鶏小屋に雨漏る卯の花腐しかな
田中峰雪
雨月
200408
焼酎と卯の花腐す夜の山
大山里
200408
「風土年譜」書く卯の花腐しかな
門伝史会
風土
200408
観音の木彫り卯の花腐しかな
布施まさ子
風土
200408
卯の花腐し底うねり濤轟けり
森田博
200408
卯の花腐しお染久松墓一つ
茂里正治
200408
卯の花腐し竈にしなふ火のみえて
羽原青吟
草の花
200408
一病を託ち卯の花腐しかな
長野純顕
対岸
200408
白足袋の僧ゆく卯の花腐しかな
布施まさ子
風土
200409
仏足石に跳ねる卯の花腐しかな
遠藤三鈴
栴檀
200409
旅にして車窓卯の花腐しかな
村井洋子
酸漿
200409
魂も腐し卯の花腐しかな
足立幸信
200410
休養をとれと卯の花腐しかな
安原葉
ホトトギス
200410
旅多きことも卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
200505
耳の穴痒し卯の花腐しかな
本田俊子
200506
アトリエの灯り卯の花腐しかな
佐藤博美
200508
再開の知らせ卯の花腐し美し
石山惠子
遠嶺
200509
手みやげは駅弁卯の花腐しかな
保田英太郎
風土
200509
すぐ止んで卯の花腐つ雨ならず
稲畑汀子
ホトトギス
200605
長々と卯の花腐し眉を濃く
松村多美
四葩
200607
うすあかき魚焼く卯の花腐しかな
竹内弘子
あを
200607
卯の花腐し用なき電話娘より
梅本豹太
200608
洗車好きにこのごろ卯の花腐しかな
服部早苗
200608
豆乳を煮詰め卯の花腐しかな
奥田弦鬼
風土
200608
アンテナへ鴉卯の花腐しかな
黒田咲子
200608
五狐の神卯の花腐しとなりしかな
竹中花
200608
さめさめと卯の花腐し書棚混む
高橋道子
200608
転職の報せ卯の花腐しかな
田村園子
200608
卯の花腐し空気を噛みてをり
高田令子
200608
授乳室に人影卯の花腐しかな
高橋芳子
火星
200608
里山の荒れつ卯の花腐しかな
関戸国子
酸漿
200608
卯の花腐し再診の日の迫りゐる
岸本林立
雨月
200608
膝かばふ日々を卯の花腐しかな
田中敦子
200609
金比羅に行かむ卯の花腐しても
市場基巳
200610
カレー屋の匂ひ卯の花腐し中
稲畑廣太郎
ホトトギス
200705
その言葉消して卯の花腐しかな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200705
蕉像に卯の花腐し睨まれて
稲畑廣太郎
ホトトギス
200705
近づきし旅に卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
200705
大橋を渡る卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
200705
一日は卯の花腐しなる旅路
稲畑汀子
ホトトギス
200705
今日も又卯の花腐し空仰ぐ
稲畑汀子
ホトトギス
200705
降り出してまこと卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
200705
彗星につ寸く卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
200705
これよりの卯の花腐し障らねば
稲畑汀子
ホトトギス
200706
賛美歌をうたふ卯の花腐しかな
竹内悦子
200707
卯の花腐しもとよりこれは濡れせんべい
北川英子
200707
み古野を鎮め卯の花腐しかな
稲畑汀子
ホトトギス
200805
天窓を鳴らせる卯の花腐かな
山田六甲
六花
200805
書痴ひとり夜の卯の花腐し聞く
朝妻力
雲の峰
200806
靴下に滲みて卯の花腐しなり
布川直幸
200807
卯の花腐し右手は右の手を知らず
菅原健一
200807
なる様になれと卯の花腐し見る
斎藤道子
馬醉木
200808
体調に波ある卯の花腐しかな
小黒加支
酸漿
200808
パソコンも狂ふ卯の花腐しかな
馬場宏一
春燈
200808
昼酒をちくと卯の花腐しかな
根橋宏次
やぶれ傘
200808
大風車ゆるゆる卯の花腐しかな
藤井圀彦
200809
神の杜騒ぐ卯の花腐しかな
上田明子
雨月
200809
過去帳を閲し卯の花腐しかな
福島せいぎ
万象
200810
信玄の棒道卯の花腐しかな
東亜未
あを
200908
すぐ止みて卯の花腐しとも言へず
稲畑汀子
ホトトギス
201005
絹針の閊へ卯の花腐しかな
徳田千鶴子
馬醉木
201007
電話よく鳴る日卯の花腐しかな
七田文子
201007
ケロケロと田は歌うなり卯の花くたし
鈴木勢津子
201008
食堂の空席卯の花腐しかな
石田定子
201008
何もかもほかしたき卯の花腐し
布川直幸
201008
卯の花腐し檻に生き抜く声あまた
田中貞雄
ろんど
201009
一望は影絵卯の花腐しかな
山田佳乃
ホトトギス
201010
鍵探す卯の花腐しばかりの日
山田佳乃
ホトトギス
201010
ものを焚く炎色卯の花腐しかな
間島あきら
風土
201011
余震また余震卯の花腐しかな 今村征一 投稿 201106  
黙祷の長し卯の花腐しかな 木多芙美子 春燈 201108  
通ひ路の卯の花腐し夕明り 藤原若菜 春燈 201108  
職安に卯の花腐し聞きゐたり 涼野海音 火星 201108  
丸めたる反故に卯の花腐しかな 大内由紀 末黒野 201108  
濡れ傘の匂ふ卯の花腐しかな 大橋伊佐子 末黒野 201109  
橅の幹卯の花腐しながれけり 小林愛子 辻楽師 201206  
卯の花腐しアダムの像に陰しづく 品川鈴子 ぐろっけ 201207  
山鳩の鳴ける卯の花腐しかな 藤井美晴 やぶれ傘 201207  
卯の花腐し心底水の音のする 犬塚李里子 201208  
部屋の気の澱む卯の花腐しかな 長崎桂子 あを 201208  
卯の花腐し雑巾を手縫ひして 長崎桂子 あを 201208  
叔父たずぬ卯の花腐し坂の町 篠田純子 あを 201208  
卯の花腐し金臭きたなごころ 篠田純子 あを 201208  
卯の花腐しけふも結論出でぬまま 長谷英夫 馬醉木 201209  
濡れて着く封書卯の花腐しかな 笠井敦子 201209  
名ある人卯の花腐しに逝かれけり 細川コマヱ 雨月 201209  
すぐ止みて卯の花腐しとも云へず 稲畑汀子 ホトトギス 201306  
谷戸ごとの小川卯の花腐しかな 河野美奇 ホトトギス 201310  
遺句集を閉づる卯の花腐しかな 内海保子 万象 201310  
美術館冷ゆる卯の花腐しかな 瀧春一 花石榴 201312  
旅立は卯の花腐し止まぬうち 稲畑汀子 ホトトギス 201405  
猫探す貼り紙卯の花腐しかな 谷田部栄 万象 201408  
卯の花腐し延命治療辞退して 橋添やよひ 風土 201408  
牧場の匂ふ卯の花腐しかな 平野みち代 201409  
その話卯の花腐し明日返事 藤波松山 京鹿子 201410  
卯の花腐し線刻仏の線細る 田岡千章 201410  
仕入帳薄き卯の花腐しかな 佐渡谷秀一 対座 201505 一葉記念館
卯の花腐し黒き雀の首長し 篠田純子 あを 201507  
卯の花腐し何もかも冷蔵庫 大橋晄 雨月 201508  
卯の花腐し今日は荏胡麻の葉のキムチ 久保東海司 201508  
無駄足を運びて卯の花腐しかな 澤藍 201508  
卯の花腐し句会の席のひとつあき 鷹崎由未子 春燈 201509
また空家ふゆる卯の花腐しかな 木村傘休 春燈 201509  
蝉丸や卯の花腐しの関を越ゆ 竹中一花 201607  
卯の花腐し桶に沈める皿小鉢 小張志げ 春燈 201608  
単線の駅の卯の花腐しかな 林紀夫 春燈 201608  
音も無く蟹攀づ卯の花くたしかな 南うみを 風土 201608  
金沢の旅は卯の花腐しかな 大坪貞子 万象 201608  
卯の花腐し雨脚の見えてくる 宮内とし子 201609  
青信号潤む卯の花腐しかな 宮内とし子 201609  
すつぴんの美しき卯の花腐しかな 小林陽子 201609  
卯の花腐し胸に小さな活火山 木戸渥子 京鹿子 201609  
卯の花腐し神田古本書店街 コ田千鶴子 馬醉木 201707  
卯の花腐し面接官のキツネ目で 篠田純子 あを 201707  
一湾に注ぐ卯の花腐しかな 寺田すず江 201708  
祖父母の忌終へし卯の花腐しかな 橋本榮治 馬醉木 201708  
卯の花腐しまぶたつめたく目覚めけり 鷹崎由未子 春燈 201708  
泣き羅漢しとどに卯の花腐しかな 森脇貞子 雨月 201809  
庭の花つぎつぎ卯の花腐しかな 小菅礼子 春燈 201908  
白頭鳥の濡るる卯の花腐しかな 藤生不二男 六花 201909  

 

2020年5月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。