雨闇      17句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
梅雨闇に目をこらし見る歓喜天 朝妻力 俳句通信 200107  
すぐキレる奴ら梅雨闇に眼鼻 金子兜太 海程 200108  
梅雨闇のビルの谷間の素面(しらふ)猫 鈴鹿仁 京鹿子 200308  
梅雨闇や秘仏を拝す膝固く 塩田博久 風土 200510  
梅雨闇に姫娑羅の幹赤光り 岩月優美子 200609  
梅雨闇やほろ酔の客門口に 木下もと子 200609  
梅雨闇の聖堂に遇ふ殉教図 塩田博久 風土 200709 雪ノ下カトリツク教会
梅雨闇の密度濃くせる信号燈 山田をがたま 京鹿子 201009  
梅雨闇のどこかに予約席がある 柳生千枝子 火星 201009  
梅雨闇に疎外の一灯ありにけり 布川直幸 201108  
梅雨闇に化粧なほしの紅たてる 古林田鶴子 ぐろっけ 201108  
梅雨闇や腹に灯ともす魚堤灯 藤岡紫水 京鹿子 201109  
梅雨闇の中に笑み無き菩薩像 鈴木阿久 201109  
梅雨闇に目鏡取替ヘクイズ解く 古林田鶴子 ぐろっけ 201210  
梅雨闇の谷の深さよ閻魔帖 あかさか鷹乃 ろんど 201309  
堂裏の梅雨闇照らすイハガラミ 田中一美 ろんど 201409  
梅雨闇の丸屋にひそと義公来る 塩見かず子 京鹿子 201709  

 

2018年6月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。