釣瓶落し 4      83句

大きめの鞄に釣瓶落しの日   大山夏子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
釣瓶落しかがやきのこす雲の縁 西岡啓子 春燈 201411  
釣瓶落しホームドアとは重たげな 甲州千草 201411  
島影を重ねて釣瓶落しかな 川村清子 馬醉木 201412  
釣瓶落し関西弁に背た押され 川上久美 ろんど 201412  
山道の修理に釣瓶落しかな 堀志皋 火星 201412  
滝の上に釣瓶落しの空残る 生田恵美子 風土 201412  
豆腐屋の釣瓶落としの遠喇叭 塩千恵子 201412  
騙し絵展出づれば釣瓶落しかな 原田達夫 201501  
釣瓶落し艦旗降納見届けて 田中貞雄 ろんど 201501  
海の日の釣瓶落しや街点る 田中臥石 末黒野 201501  
灯がともる釣瓶落しの連子窓 柳橋繁子 201501  
波戸を出て釣瓶落しと正対す 鳳蛮華 201502  
老眼鏡釣瓶落しへ外しけり 田岡千章 201502  
コンサート終りて釣瓶落しかな 内田梢 末黒野 201502  
紙買ひし重さに釣瓶落しかな 高橋道子 201502  
矢印の辻に茶を煎り釣瓶落し 半田稜 ろんど 201502  
釣瓶落し東京駅舎灯りけり 安藤久美子 やぶれ傘 201502  
乗り換へのホームの釣瓶落しかな 白水良子 201504  
大海原引つ張り釣瓶落しかな 岩月優美子 グピドの瞳 201506  
俎板に釣瓶落しの日を刻む 神宮きよい 馬醉木 201511  
町の灯や釣瓶落しの山下る 高橋泰子 201511  
ハープ橋釣瓶落しにぽろろんと 峰崎成規 201511  
はや灯る一城釣瓶落しかな 渡部良子 馬醉木 201512  
泣き止まぬ赤子に釣瓶落しかな 土井三乙 風土 201512  
一舟の出て行く釣瓶落しかな 中村洋子 風土 201512  
一舟の出てゆく釣瓶落しかな 中村洋子 風土 201512  
釣瓶落しふつと消えたる人の影 片山煕子 京鹿子 201601  
風ぐせの釣瓶落しとなりにけり 椿和枝 201601  
掛時計釣瓶落しといふ時刻 上野進 春燈 201601  
声まろむ釣瓶落しを連れだてば 高橋道子 201602  
釣瓶落しの日を病窓に一と日暮れ 玉置かよ子 雨月 201602  
片づかぬ築地の釣瓶落しかな 山本喜朗 雨月 201611  
黒富士をはるかに釣瓶落しかな 小林共代 風土 201612  
釣瓶落とし昔公候伯子男 竪山道助 風土 201612  
釣瓶落しをさな留守居の目の健気 中澤弘 春燈 201612  
回送の電車に釣瓶落しかな 天野美登里 やぶれ傘 201612  
極め技は釣瓶落しなり一本 柳川晋 201701  
釣瓶落し峡の小店を閉づる間の 堀田順子 馬醉木 201701  
昇降機待つ間の釣瓶落しかな 森藤千鶴 馬醉木 201701  
一本杉の空より釣瓶落しかな 浜福惠 風土 201701  
生れ元町釣瓶落しの別れかな 落合小枝 春燈 201701  
吊橋の大揺れ釣瓶落しかな 加藤峰子 201701  
其処ここに釣瓶落しの灯の点る 田代民子 201612  
漁火のみつよつ釣瓶落しかな 永淵惠子 201701  
釣瓶落し特急電車通過せり 宮内とし子 201701  
俯きて釣瓶落しの気配あり 今井充子 201702  
ひとりゐて釣瓶落しとなりにけり 齋藤厚子 201702  
置き去りのボールに釣瓶落しかな 有賀昌子 やぶれ傘 201702  
山の端の釣瓶落しを船べりで 手島南天 万象 201705  
おとふやさん釣瓶落しの中を来る 松井季湖 201712  
釣瓶落しペダルより児を剥ぎにけり 加藤峰子 201712  
鬼ごつこ釣瓶落しに残されて 今井弘雄 春燈 201712  
充実の一日の釣瓶落しかな 森岡正作 201712  
釣瓶落しに瞬の暗転四囲の山 七田文子 201712  
見送るや釣瓶落しの後ろ影 三留早苗 201712  
副都心釣瓶落しにささくれし 上谷昌憲 201801  
土に鍬咬ませて釣瓶落しかな 柴田昭子 雨月 201801  
仏とは釣瓶落しを拾ふもの 柳川晋 201801  
草を焼く煙に釣瓶落しかな 松田多朗 馬醉木 201801  
釣瓶落とし昔公候伯子男 竪山道助 風土 201801  
紙買うて釣瓶落しの百人町 小林愛子 万象 201801  
あれやこれ買ひ足し釣瓶落しかな 勝木享一 万象 201801  
山を消す釣瓶落しの容赦なし 宮内とし子 201802  
太宰治の生家の釣瓶落しかな 原田しずえ 万象 201802  
水音の御寺の釣瓶落しかな 浅木ノエ 春燈 201802  
寄生木の小籠に釣瓶落しの日 岡田貞峰 馬醉木 201803  
自転車に子と荷を釣瓶落しかな 田岡千章 201803  
釣瓶落し家一軒に山迫る 森田明成 201803  
地球ごと落ちゆく釣瓶落しかな 曽根富久恵 201803  
ピッピッとスマホどすんと釣瓶落とし 長谷川博 船団 201806  
句座終へて釣瓶落しの家路かな 横田敬子 201806  
発車して釣瓶落しの車窓かな 三井所美智子 201806  
日の力ぬけたる釣瓶落しかな 都丸美陽子 春燈 201808  
釣瓶落し光芒しかと残しゆく 柴田靖子 201811  
墨堤に釣瓶落しの鳥の空 山本喜朗 雨月 201811  
塾通ひ釣瓶落しの門ひらく 鈴鹿呂仁 京鹿子 201812  
釣瓶落しの波しろがねに噴火湾 岡田貞峰 馬醉木 201812  
釣瓶落し尾灯に測る車間距離 富川明子 201812  
診療の戻りの釣瓶落しかな 本多正子 雨月 201901  
みささぎを訪ねし釣瓶落しの日 住田千代子 六花 201902  
ボール蹴つて釣瓶落しのスタジアム 岩下芳子 201902  
庭師二人帰り釣瓶落しかな 長崎桂子 あを 201902  
和菓子屋のほほえみ釣瓶落しかな 中島陽華 201903 釣瓶落し→ 1

 

2015年10月28日 ">2015年10月28日 >

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。