栃の実       70句

栃の実を踏みしが木曾のはじめかな    藤田湘子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
橡の実を拾うてをれば発破音 大西八洲雄 春耕 199901
小流れに橡の実浸す叺かな 北吉裕子 俳句通信 199912
栃の実や日々好日の村の音 木村伊都子 遠嶺 200001
橡の木の下のみならず実を拾ふ 阿部寒林 「夢」 200010
九品仏おはせる寺に栃の実降る 佐野美智 200011
栃の実を晒す水面に雲映る 成重佐伊子 俳句通信 200012
栃の実を拾ひエジプト展に入る 磯野たか 風土 200012
空の穴から降ってくる橡の実 松永典子 船団 200103
蹴られたる栃の実拾ひ投げ返す 田中武彦 六花 200112
神木のこぼせる橡の実の大き 熊岡俊子 雨月 200112
橡の葉の明るさの中実を拾ふ 清水伊代乃 酸漿 200112
栃の実の従容として闇まとふ 上野孝行 百鳥 200209
栃の実の呵呵と弾ぜたる谷深し 及川茂登子 対岸 200212
橡の実の舗道に弾む都心かな 高村洋子 遠嶺 200212
角の芽を立てし橡の実手に載せて 西山美枝子 酸漿 200304
栃の実に芽の立つがあり戻り寒 永田二三子 酸漿 200305
橡の実やかたむくままの父の墓 岬雪夫 200305
栃の実か貰ひ餅搗く音おもふ 大串章 百鳥 200311
実を落しつくせし橡に日の柔ら 隈部郁子 200312
橡の実の零るる神楽伝承館 高田令子 200312
橡の実の屈強の殻裂けたりな 中島知恵子 雨月 200401
橡の実をにぎりしめたるぬくさかな 石脇みはる 200401
栃の実を一つ短き旅終る 森山のりこ あを 200412
鹿鳴くや橡の実スパッと三つに裂け 森理和 あを 200510
ほろ苦き栃の実落す風のあり 牧原佳代子 酸漿 200512
橡の実や早き灯の入る守衛室 青山悠 200601
橡の実の野墓を打てり桧枝岐 鎌須賀礼子 万象 200602
栃の実落つ栗鼠の横切る曲輪道 桜井菜緒 200611
栃の実を拾ひ届けん志 稲畑汀子 ホトトギス 200709
橡の実の二つ添ひあり偲ぶ旅 中村昭子 酸漿 200712
峠越す掌に栃の実を遊ばせて 西形佐太郎 200712
橡の実は土俵の外に独楽あそび 八染藍子 200801
橡の実や街道筋の連子窓 林友次郎 天帝 200806
橡の実を拾うて戻る山の宿 水田壽子 雨月 200811
橡の実を拾うて遊ぶひとひあり 中西蘭子 炎環 200811
栃の実をつつく鳥影逆光に 坂根宏子 200812
橡の実の落ちたる沼に日の当たる 杉浦典子 火星 200812
橡の実や鹿の通ひし蹄跡 萩原渓人 やぶれ傘 200901
橡の実のその艶栗と競ふべし 大橋晄 雨月 200911
橡の実を拾って栗鼠へ土産とす 須賀敏子 あを 200912
栃の実のいただき割れて匂ひけり 山田庫夫 炎環 200912
参道のわきに栃の実干されをり 山田和夫 201001
耐へ抜きし橡の一花や実となりぬ 稲岡長 ホトトギス 201010
石の階ゆき橡の実のここだくに 金森信子 雨月 201101
家苞の栃の実拾ふ湖畔かな 小川玉泉 末黒野 201101
橡の実のつやケータイにのせてみる 山本耀子 火星 201201
アウシュビッツに拾ふ橡の実冷たかり 須賀充子 パミール越え 201206
栃の實の下を素通りしてゐたり 瀬川公馨 201211
橡の実を拾ひ橡の木探しけり 鎌田光恵 201212
橡の実にこつんと打たれ帰りけり 西村純太 201301
山城の橡の実谷へまつしぐら 亀田やす子 ははのこゑ 201306
春川に晒す橡の実布袋 粟倉昌子 201307
栃の実の色付き初めぬ雲きらら 渡辺富士子 末黒野 201311
橡の実の途切れ途切れに落ちにけり 住田千代子 六花 201401
栃の実のこつんと肩を叩きけり 岡田史女 末黒野 201501
橡の実や五箇山に買ふ手漉和紙 稲岡みち子 雨月 201501
橡の実や村に貧しき歴史あり 稲岡みち子 雨月 201501
栃餅を売る店で実を見せらるる 瀬島洒望 やぶれ傘 201501
風荒れて大方橡の実の落ちし 稲畑汀子 ホトトギス 201510
國訛りで橡の實ことし豊作と 近藤紀子 201512
轍あり栃の実ひとつめり込みて 広渡敬雄 201612
頭上注意ものかは栃の実のボスン 井上石動 あを 201610
橡餅のもち肌袋の中なれど 山田六甲 六花 201611
轍あり栃の実ひとつめり込みて 広渡敬雄 201612
頭上注意ものかは栃の実のボスン 井上石動 あを 201610
母校いま栃の実の落つ音のして 荒川心星 201901
栃の実に力感のあり未来あり 吉田順子 201902
橡の実の淡き翠に日の差して 大橋晄 雨月 201903
童謡碑栃の実も葉も落ち尽くし 藤井美晴 やぶれ傘 202101
固き決意や橡の実を握りしめ 浜田はるみ 202201

 

2022年10月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。