虎 鶫     11句

虎鶫累代の闇裏戸より    木村蕪城

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
貝塚にひと声子ありし虎鶫 小菅佳子 199808  
虎鶫ランプで下る九十九折 吉永克巳 199808  
船笛に和する朝の虎鶫 村瀬初実 春耕 199907  
癌に泣き笑ひ忘るる虎鶫 三浦勲 199908  
夜更しの吾に付き合ふ虎鶫 城戸愛子 酸漿 199908  
虎鶫子の夜更しも母ゆづり 城戸愛子 酸漿 200007  
春暁の星残し鳴く虎鶫 長田秋男 酸漿 200205  
虎鶫鳴く丘のあり梅の月 中川悦子 酸漿 200709  
大黒の地獄鳥といふ虎鶫 滝沢伊代次 万象 200807  
鵺塚へ案内したもれ虎鶫 上野昌子 春燈 201007  
くりかへす輪廻の果の虎鶫 水野恒彦 201108  

 

2019年8月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。