虎尾草   21句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
道の辺や虎尾草の穂の短かり 二瓶洋子 六花 199912  
虎尾草唐破風なる近衛廟 松崎鉄之介 200011  
虎尾草にかすかに触れてをりし風 片山茂登雄 円虹 200109  
虎尾草の尾の焦げホテル閑散と 小林輝子 風土 200210  
虎尾草や大げさに鳴る勝手口 中野薫 雲の峯 200308  
ギヤマンに虎尾草を挿し回顧展 竹内弘子 あを 200407  
虎尾草雨をやさしくしてしまふ 東亜未 あを 200508  
やまかぜに堪へ虎尾草に目をおとす 瀧春一 菜園 200509  
伊吹嶺へ穂尖を向けて虎尾草 梅村五月 栴檀 200510  
虎尾草の向き向き垂れて湖の風 中川悦子 酸漿 200709  
虎尾草がいざなふ道や山の湯へ 松元末則 酸漿 200709  
虎尾草やリフトの下の道上り 根橋宏次 やぶれ傘 200909  
手を触れし虎尾草逃す風のあり 菊地惠子 酸漿 201010  
虎尾草の咲きゆるるなりリフト行く 大内恵 酸漿 201011  
虎尾草の風なきときもあるがごと 廣瀬雅男 やぶれ傘 201309  
虎尾草の墓所にも墓所のはづれにも 大島英昭 やぶれ傘 201309  
山路ゆくひよどり草も虎尾草も 竹内悦子 201310  
虎尾草の天を掃きたる尾の一閃 山根征子 201310  
虎尾草に雑木林の雨雫 渡邉孝彦 やぶれ傘 201310  
虎尾草の尾を次々になでてゆく 菊池洋子 やぶれ傘 201512  
虎尾草の吹かれ豹変なんてこと 鷺山珀眉 京鹿子 201709  

 

2018年6月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。