父子草     10句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
父子草もどきあり母子草もどきなし 大橋敦子 雨月 200106  
駅前の寸土に生へり父子草 松崎鉄之介 200206  
野に還る田に母子草父子草 佐藤国夫 馬醉木 200305  
大時計の鳴り父子草母子草 中野京子 200306  
こころざし通はせ咲かす父子草 宮崎久人 四葩 200603  
父子草活けるあの日の燗徳利 山元志津香 八千草 200608  
野のはてに買ふ母子草父子草 神蔵器 風土 200906  
父子草銜へてゐたる善知鳥かな 西村純太 201107  
肩組みて一緒に帰る父子草 江見巌 六花 201806  
五月晴土手にのびのび父子草 工藤はる子 201902  

 

2019年4月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。