天道虫(てんと虫)       233句

天道虫膝にきてをり嵯峨野の電車    高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書・その他
冬越してわが耳たぶにてんと虫
金子兜太
海程
199807
てんとう虫私の肩でひと休み
田坂めぐみ
ぐろっけ
199901
てんとうむしおひさませおっておてんとうむし
佐々木玲華
船団
199903
蹄鉄の音の近づく天道虫
飯塚ゑ子
火星
199908
親逝きて葉先で迷ふ天道虫
岩崎憲二
京鹿子
199908
曳売の花屋の後を天道虫
御子柴光子
春耕
199908
落柿舎の煙草盆這ふてんと虫
岩上登代
春耕
199908
日盛りの水に落ちたるてんと虫
山尾玉藻
火星
199909
くつがへり天道虫でなくなりぬ
山田弘子
円虹
199909
天道虫の井戸端会議に出席する
小枝恵美子
ポケット
199911
エナメルのまっ赤な匂い天道虫
寺田良治
船団
199912
満天の花火へ翔べり天道虫
田中藤穂
水瓶座
200002
わたしのこと好きか嫌いかてんとう虫
星野早苗
空のさえずる
200002
桐の木に翅ををさめし天道蟲
小山森生
200006
飛ぶ翅ををさめてよりの天道虫
稲畑汀子
ホトトギス
200007
壮年の万年床のてんと虫
金子兜太
海程
200007
天道虫ゆかせて板の橋わたる
永田二三子
酸漿
200008
ネックレス外すてんとう虫の輪が三つ
松山律子
六花
200008
茄子苗に天道虫がすぐたかる
今井千鶴子
ホトトギス
200010
てんと虫子の手をたてば天のもの
小倉行子
風土
200010
天道虫彼女の小さな宝島
片岡秀樹
海程
200012
嬰がうまく抓めず潰す天道虫
池水雅子
200108
指の傷嘆けばてんと虫来るよ
本河康子
200109
少しだけ飛べる羽持つ天道虫
伊藤敬子
遠嶺
200109
前掛けの裾につきゐし天道虫
池内淳子
春耕
200109
玉虫と天道虫が歩きだす
高橋将夫
200109
聖女より魔女が好きなり天道虫
柴田久子
風土
200110
ひとつ葉を行きつ戻りつてんと虫
武田直美
200110
てんとう虫翔び立つ丘の花時計
曷川克
遠嶺
200110
黒塚やびびと睦めるてんと虫
岡井省二
200110
安達ヶ原
花柄の服を飛び立つ天道蟲
加藤あけみ
円虹
200110
ハンガーのズボンの膝に天道虫
笠学
船団
200110
夏旅に買ふ天道虫のアクセサリー
三村武子
酸漿
200111
大安日てんとう虫に星七つ
藏前幸子
船団
200111
水玉を着て道化師の天道虫
中川濱子
ぐろっけ
200111
吟行の短冊にのる天道虫
岡田芳子
ぐろっけ
200111
夢ひとつ菩薩にあづけ天道虫
塩貝朱千
京鹿子
200112
スカーフの青さの故のてんとむし
あたぎ和
船団
200201
てんとむし翔びたちたくはないような
あたぎ和
船団
200201
手の上にのる不確かさてんとむし
あたぎ和
船団
200201
わが思い知るか知らずかてんとむし
あたぎ和
船団
200201
てんと虫愛の鋲かも葉にすがり
渡邉友七
あを
200206
天道虫の死は道化服来たままに
栢森定男
あを
200207
甲斐性のありなし天道蟲だまし
中原道夫
銀化
200207
天道虫たたみそこねし翅乱れ
塩川雄三
築港
200208
天道虫きれいに羽を格納す
水谷芳子
雨月
200208
てんとむしの逃げたる窪の湿りかな
伊藤多恵子
火星
200209
天道蟲飛ばせし丸太椅子に座す
田口紅子
200209
屋上の緑化運動天道虫
齋藤宣子
帆船
200209
洒落ものの赤を基調のてんと虫
佐藤淑子
雨月
200209
てんとむしだましぽろぽろこぼれけり
菊地英雄
酸漿
200209
無辺光信じ羽根割るてんとむし
豊田都峰
京鹿子
200210
てんと虫だましだますつもりはなからうに
大橋麻沙子
雨月
200210
半球を崩し天道虫飛翔
稲畑廣太郎
ホトトギス
200212
ゆるぎなき顔もて天道虫潰す
男波弘志
200212
小春日や指にてんとう虫だまし
竹内匡子
帆船
200302
言はでおく夫の帽子の天道虫
須佐薫子
帆船
200305
啓蟄の天道虫のこぼれ易
岩瀬操舟
円虹
200306
星割れて天道虫の離陸せり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200307
胸の似非ポケットの辺にてんと虫
風間史子
200308
メニエールと病名のつくてんと虫
石堂摩夜子
対岸
200309
てんとう虫だまし翅を濡らしてしまひけり
伊藤多恵子
火星
200309
彫石の穴で寛ぐてんとむし
島内美佳
ぐろっけ
200309
天道虫星を数へてとびにけり
加藤富美子
200310
摘み取りし花につき来し天道虫
西宮舞
200311
太陽に水玉かざし天道虫
佐藤淑子
雨月
200312
切株は小春のうてな天道虫
大畑善昭
200401
行間のぬくみを拾ふてんとむし
奥田筆子
京鹿子
200401
旅立ちの肩に乗りたるてんと虫
伊藤敬子
遠嶺
200406
手の放つ天道虫の行方かな
稲畑汀子
ホトトギス
200407
天道虫のせて沈思の石仏
藤井寿江子
馬醉木
200407
雨の降る星の葉裏に天道虫
柴田佐知子
200408
天道虫富士を目指して飛び立てり
半澤佐緒里
百鳥
200409
天道虫葉をすべりたる風の隙
淵脇護
河鹿
200409
てんと虫ネイルアートに紛れけり
吉田かずや
春燈
200410
寿命延ぶ帽子に止まる天道虫
大西八洲雄
万象
200411
葉先まで登り飛び立つ天道虫
松林順子
雨月
200412
冬草へそうつと戻す天道虫
田中藤穂
あを
200502
天道虫冬日へたちぬ平家谷
須原正子
万象
200502
かたまりて天道虫の越冬中
須佐薫子
帆船
200502
煤払ひの途中出できし天道虫
高橋芳子
火星
200504
何か飛び来しが天道虫となる
稲畑汀子
ホトトギス
200505
登りつめ天道虫の変身す
稲畑汀子
ホトトギス
200505
天道虫或ひは天道虫だまし
稲畑汀子
ホトトギス
200505
てんと虫飛んでけ戦火止む日まで
松山律子
六花
200506
天道虫掌に嬰と遊ぶ若き母
八代清子
200508
文机に漆光りのてんと虫
鈴木とおる
風土
200509
星の数かぞへ天道虫放つ
鈴木とおる
風土
200509
てんと虫ラベルの多き旅鞄
中沢三省
風土
200509
小指より開いて見せる天道虫
吉田明子
200509
天道虫だんだん畑は野に返り
堀木基之
百鳥
200509
天道虫翅をたためば星揃ふ
宮原利代
ぐろっけ
200509
天道虫誰も住まざる妻の里
大西八洲雄
万象
200510
てんと虫飛んでこの先どうしやう
宮尾直美
200510
三方指すしるべ天道虫が発つ
守屋井蛙
酸漿
200511
指先に風のおもさの天道虫
山元志津香
八千草
200511
天道虫だまし弥陀の御掌を陣とせり
伊藤希眸
京鹿子
200512
病窓より空へ天道虫放つ
大橋晄
雨月
200605
白菜の隙に天道虫凍つる
安藤重子
栴檀
200605
てのひらを翔ちて天道虫をさな
前田陶代子
200606
とび立ちて天道虫の名の失せし
稲畑汀子
ホトトギス
200607
文机の裏へまはりし天道虫
山尾玉藻
火星
200607
雨あがる五智如来よりてんとむし
安永圭子
風土
200608
助走なく天道虫が掌を離る
丸井巴水
京鹿子
200608
てんと虫星を返しに飛び立てり
大川ゆかり
200609
てんとう虫処刑河原に供養塔
石川慧
200609
トロ箱は天道虫のかくれ宿
山口庸子
ぐろっけ
200609
茄子の花てんとう虫のこぼれ落つ
坂本幸子
酸漿
200609
紋改めして天道虫放ちやる
丸尾和子
雨月
200609
てんとうむし童話の森の夢語り
鈴鹿仁
京鹿子
200609
掃ひても眼鏡に戻るてんとむし
鈴木石花
風土
200610
風にまぎれ光にまぎれ天道虫
芝尚子
あを
200610
天道虫漣へ向き変へにけり
山田六甲
六花
200706
天道虫残し牡丹の散りにけり
山田六甲
六花
200707
兄やさし弟の掌にてんと虫
上原重一
200708
兄弟の手から手へ這ふ天道虫
石橋萬里
ぐろっけ
200709
羽根たたむ天道虫の星光る
木内美保子
六花
200709
大雨の畳に拾ふ天道虫
柴田久子
風土
200710
天道虫だましと坐る昼休
服部早苗
200710
明日香径天道虫の星数へ
立石萌木
雨月
200710
天道虫身をあからめて冬日に
金井充
百日紅
200711
点と色消して天道虫のとぶ
嶋田一歩
ホトトギス
200712
天道虫だうだうめぐりして人も
小田司
馬醉木
200805
書斎着の洗ひ晒しにてんと虫
鷹羽狩行
200807
土を出し天道虫の日の粒に
竹下陶子
ホトトギス
200808
天帝をはなれ天道虫飛びぬ
竹下陶子
ホトトギス
200808
三門の西に生れし天道虫
奥田茶々
風土
200808
火袋の格子目抜けるてんとむし
勝野薫
ぐろっけ
200808
天道虫帽子に日比谷交差点
大坪景章
万象
200810
てんとむしだましと言はれても困る
辻美奈子
200810
芭蕉堂天道虫のやうにゐる
外川玲子
風土
200810
てんと虫いとし束の間袖に来て
乗光雅子
雨月
200810
転んでも泣かぬ子となり天道虫
小城綾子
200811
天使かも産衣にまたも天道虫
河村泰子
ぐろっけ
200902
てんとむし翅割つてすぐ飛びたちぬ
上原重一
200907
天道虫と友情を確かめあふ
辻美奈子
200907
笈摺の背に翅やすめ天道虫
近藤きくえ
200908
杉玉より天道虫の発ちにけり
米澤光子
火星
200908
掌に乾く天道虫の尿かな
笹村政子
六花
200908
衛星を造る工場天道虫
佐藤午後
炎環
200909
天道虫小さな髭をつけてゐし
柳生千枝子
火星
200909
天道虫鋏の先へ先へ出づ
根岸善行
風土
200909
天道虫犬の一撃受けて発つ
前田玲子
ぐろっけ
200909
一万尺など龍太自在のてんと虫
横山義恭
200909
指先に行くまでの縁てんと虫
前川明子
200909
八階の窓に天道虫の腹
武智しのぶ
200910
天道虫思案の行き来して飛ばず
落合由季女
雨月
200910
天道虫ころりと上総晴れにけり
中野あぐり
春燈
200911
天道虫背負ひし星の軽からず
矢口笑子
春燈
200912
トランクの開いて飛び出す天道虫
島本知子
ぐろっけ
200912
花束に小さな騎士ナイトてんと虫
古屋元
201008
失職の指へ渡らせ天道虫
蘭定かず子
火星
201008
牡丹に天道虫の出合あり
芝尚子
あを
201008
藁屋根の草に飛び来し天道虫
赤瀬川恵実
万象
201009
夕方の雨の匂ひのてんとむし
柴田久子
風土
201009
よき数の星を背負ひて天道虫
吉原一暁
201010
七ツ星の天道虫をる絵心経
延広禎一
201010
天道虫子の手のひらの大宇宙
石脇みはる
201010
子に見せるルーペの中の天道虫
中田禎子
201010
水の上の草の穂にゐる天道虫
杉浦典子
火星
201010
翅割つて閉ぢてそのまま天道虫
浜口高子
火星
201010
二の腕に何告げ翔ちし天道虫
仙石君子
雨月
201010
七星のひとつは地球天道虫
矢口笑子
春燈
201011
歩く姿誰かに似たり天道虫
島谷征良
風土
201011
天道虫位階無縁の星の数
落合由季女
雨月
201011
失職の指に渡らせ天道虫
蘭定かず子
火星
201103
まだ飛べぬ天道虫としやぼん玉
浜福惠
風土
201106
石垣の苔に難渋天道虫
稲畑廣太郎
ホトトギス
201107
まだ飛べぬ天道虫としやぼん玉
浜福惠
風土
201106
天道虫青き舞台の日矢の中
豊田都峰
京鹿子
201109
天道虫星背負ふゆゑ青を這ふ
豊田都峰
京鹿子
201109
天道虫発射角度は鎮守とす
豊田都峰
京鹿子
201109
露座仏の指ふくよかやてんと虫
饗庭悳子
末黒野
201109
天道虫星をこぼして飛びにけり
宮地静雄
末黒野
201109
てんと虫舞ひ来てけんか仲裁す
甕秀麿
201110
日輪の子になりたくて天道虫
藤井節女
京鹿子
201110
天道虫指先にきて翅ひろぐ
川崎良平
雨月
201110
天道虫指に這はせて下校の子 福島せいぎ 万象 201208  
てんと虫たうとう山を売るといふ 定梶じょう あを 201208  
指先までが天道虫の滑走路 米澤光子 火星 201208  
天道虫土筆に登り飛び翔つる 池田倶子 雨月 201208  
ドームの背割りて飛び立つ天道虫 貝路紅沙 京鹿子 201210  
法隆寺翔つや七星てんと虫 神蔵器 風土 201210  
死んだふりに飽きて飛びたつてんと虫 近藤紀子 201210  
日雷てんと虫翅開きしまま 浜口高子 火星 201210  
汝が肩にとんで杳たり天道虫 竹内弘子 あを 201210  
草叢に紅一点やてんと虫 岡野里子 末黒野 201211  
こそばゆき天道虫を弾きけり 小島昭夫 春燈 201212  
天道虫葉先で軽く宙返り 亀田やす子 ははのこゑ 201306  
胸に来て悪びれもなく天道虫 小山田子鬼 201310  
花ほめて葉に天道虫聞いており 池田久恵 ぐろっけ 201310  
天道虫世界遺産の町に飛ぶ 森屋慶基 風土 201310  
天道虫おのが宇宙を背負ひたる 田辺博充 201310  
後翅畳み直して天道虫 升田ヤス子 六花 201311  
てんと虫息子に道理説かれをり 塩田博久 風土 201311  
天道虫三ツ星レストランで昼 中谷三千子 船団 201401  
手から落ち死んだ振りする天道虫 石原健二 やぶれ傘 201407  
てんと虫気づけば襟に峠みち コ田千鶴子 馬醉木 201408  
天道虫木の橋ぬくき音のして 杉浦典子 火星 201408  
あをによし奈良の仏と天道虫 根岸善行 風土 201409  
新聞の社説に止まる天道虫 中村洋子 風土 201409  
天道虫明日の方へ飛び立ちぬ 中村洋子 風土 201409  
天道虫とんで水面の暮れにけり 宮川みね子 風土 201409  
せかせかと苦労性かも天道虫 梅村すみを 201410  
七星を氏素性とせり天道虫 上野進 春燈 201410  
二坪の野菜畑や天道虫 沼崎千枝 末黒野 201411  
太陽にもらひし星や天道虫 竹下陶子 ホトトギス 201412  
交番に天道虫や皇居前 竹生田勝次 風土 201508 称名寺
一直に母の手甲へ天道虫 井口ふみ緒 風土 201508  
てのひらをくまなく調査天道虫 八木健 八木健俳句集 201509  
翅割って天へ飛び立つ天道虫 大橋晄 雨月 201509  
天道虫たたみきれざる翅のまま 菊池洋子 やぶれ傘 201510  
てんと虫葉の裏表めぐりけり 久世孝雄 やぶれ傘 201510  
冬菊にてんと虫くるよき日かな 大坪景章 万象 201602  
つまづけばそこが遊び場天道虫 小林朱夏 201605  
天道虫雪降る窓の玻璃を這ふ 片桐帆一 万象 201606  
元氣じるしの妻ともなれず天道虫 齋藤厚子 201608  
よろこびを何処まで運ぶ天道虫 齋藤厚子 201608  
天道虫とまる花苗買ひにけり 内海保子 万象 201608  
天道虫己が七星とは知らず 片岡良子 雨月 201608  
掌に天道虫の重さかな 岩下芳子 201608  
ライオンの柵を見入る子天道虫 沢辺たけし 万象 201609  
天道虫畳む服より飛び出せり 小林朱夏 201611  
天道虫緑の風と飛び立ちぬ 稗田寿明 201707  
天道虫星のドームを開きけり 本池美佐子 201709  
七つ星消して飛び立つてんとむし 茂呂昇平 201709  
敦忌のてんとう虫や遠き日よ 山下健治 春燈 201710  
十月や天道虫が土を這ふ 飛高隆夫 万象 201801  
御陵を遠くに拝み天道虫 南北佳昭 船団 201802  
思案して結局飛ばず天道虫 稲畑廣太郎 ホトトギス 201807  
てのひらに天道虫のまどひかな 笹村政子 六花 201809  
翔ぶまでは少年のもの天道虫 笹村政子 六花 201809  
天道虫の付く寄せ植ゑを買ひにけり 河原敬子 201809  
小指より童話の国へ天道虫 宮内とし子 201907  
太陽の火のひとしづく天道虫 小林陽子 201907  

 

2019年8月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。