沢 庵  45句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
知らん顔して沢庵の包みかな 竹内悦子 200002  
タクワンがおいしく漬かりおすそわけ 篠田三七子 いろり 200102  
給食の沢庵褒める学校医 伯井茂 春耕 200102  
新沢庵虫歯の無きを誇りけり 笠原ひろむ 200103  
職退きし夫と沢庵漬けにけり 小澤スミエ 200203  
沢庵は細身数字は三が好き 田村園子 200402  
沢庵の歯に疲れたる母眠る 本間魚太郎 風土 200403  
水底の沢庵石や寒明くる 里中章子 200403  
沢庵を奥歯で千切り新走り 土肥屯蕪里 雲の峰 200411  
澤庵漬了へし構の庭冱てぬ 瀧春一 菜園 200509  
建長寺の新沢庵の歯切れよし 松崎鉄之介 200602  
五百樽の沢庵漬け売る大根祭 室伏やすし 200602  
使はねば雨に細りし沢庵石 遠野萌 200605  
沢庵漬け重石は人に任せけり 椿和枝 200803  
沢庵を一本提げし寒見舞 木村松蔵 万象 200805  
沢庵をときをりつまみ七日粥 ことり 六花 200901  
沢庵の漬樽転ぶ庫裡の裏 石崎浄 風土 200902  
沢庵の滋味深まりし夕餉かな 松岡和子 200904  
浅漬けの沢庵の塩辛さかな 瀬島洒望 やぶれ傘 200905  
野分来るたくあん噛んでゐてひとり 浜口高子 火星 200912  
沢庵を提げし漢と夜の列車 橋本良子 遠嶺 201003  
沢庵の樽に探りの手を入れる 広瀬済 やぶれ傘 201105  
沢庵を噛んで山の日山の音 コ田千鶴子 花の翼 201111  
沢庵や汽車ゆくたびに揺るる店 小山陽子 やぶれ傘 201203  
たくわん漬摘み旅路の荷をほどく 吉井潤 ぐろっけ 201302  
糠床に宥めて寝かす沢庵漬 貝森光洋 六花 201303  
沢庵石持ち上げむとや霜柱 浅岡麻實 末黒野 201305  
雪の庭沢庵石も景となり 浅岡麻實 末黒野 201305  
道元忌沢庵噛みて音残す 中島玉五郎 201311  
たくわんのおもしも冬至十日前 神蔵器 風土 201401  
音たてず噛む沢庵や初時雨 佐渡谷秀一 春燈 201402  
人の世に程よき重さ沢庵石 西村滋子 京鹿子 201404  
沢庵の歯切れ良き音今朝の冬 塩路五郎 201501  
沢庵や母と漬けし日遠くなり 鈴木阿久 201501  
美味になれ言ひつつ沢庵漬け始め 大日向幸江 あを 201502  
沢庵の朴訥な味子の婚家 数長藤代 201504  
沢庵に水上がり来る気配かな 松岡和子 201504  
沢庵を漬けて禅寺守りけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201511  
沢庵を漬けて陸奥美人かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201511  
あきもせず沢庵を噛み古稀過ぎし 高橋将夫 201702  
ままならぬ沢庵石の面構 穐好樹菟男 馬醉木 201702  
厚切りの沢庵を噛む佳き日かな 柳川晋 201703  
沢庵の芯の氷が口中に 大内和憲 万象 201703  
沢庵の痛快な音父元気 溝渕弘志 六花 201705  
人日や沢庵漬ですすむ食 鈴木直充 春燈 201804  

 

2018年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。