3(パンジー)         100句

すみれ野に罪あるごとく来て二人    鈴木真砂女

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
女三人パンジーのごと育ててくれし 秋岡朝子 200705  
敷石の隙間に匂ひすみれかな 黒澤登美枝 200705  
化身ともひめゆりの塔のすみれかな 伊藤真代 200705  
パンジーを呉れたる夫と五十年 新倉舒子 200705  
ひよつとして今が晩年すみれぐさ 直江裕子 京鹿子 200705  
幸せは一色でよしすみれ草 平田裕子 遠嶺 200705  
鉢増やしすみれすみれの庭となる 有村キミ子 酸漿 200705  
門飾る三色すみれ集会所 松下幸恵 六花 200705  
菫咲く牛舎の昼の昏さかな 渡邊美保 火星 200705  
朝の戸を繰れば目の会ふ初すみれ 斎藤道子 馬醉木 200706  
菫植ゑ「ラブイズづか」に疎く住む 後條さと子 200706  
三色のパンジーそこここ牛舎かな 仁平則子 200706  
西行の山こんもりとすみれ草 代田青鳥 風土 200706  
よく殖えてよく育ちけり菫草 仙石君子 雨月 200706  
花時計すみれの箇処を抜いてゐる 小林幹彦 200706  
パンジーや眉間に皺をよせないで 荒井千佐代 200706  
翁訪ひし一笑塚や花菫 木暮剛平 万象 200707  
ゆつくりでいいよと野辺の花すみれ 邑橋節夫 遠嶺 200708  
すみれ野にゆつくり沈む夕日かな 高倉恵美子 200708  
雨の日は黒に徹してすみれ草 鷹羽狩行 200803  
切株の王冠かこみすみれ草 鷹羽狩行 200804  
菫摘み束ねてそれも一ブーケ 稲畑汀子 ホトトギス 200804  
花すみれ半刻てふ閑のあり 宇都宮滴水 京鹿子 200804  
壺菫一鉢畝傍郵便局 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
浜倉に波音ひびくすみれ草 大上充子 馬醉木 200805  
身の丈の倖せに足る花すみれ 舩越美喜 京鹿子 200805  
力なき日射集めてすみれ咲く 綿谷美那 雨月 200805  
ありのまま生きればいいよ花菫 藤本秀機 200806  
断層の北の淡路の花すみれ 内海良太 万象 200806  
すみれ咲くざくざくと踏む珊瑚道 黒田秋子 万象 200806  
空のいろ日ごと重ねて花すみれ 邑橋節夫 菊揃へ 200806  
菫草倒れしままの石仏 吉沢陽子 200807  
われここにありと日陰のすみれ草 島谷征良 風土 200807  
旧き学舎にひそとたんぽぽすみれ草 稲次登美子 雨月 200807  
山すみれとは屈みたくなる花か 足立典子 雨月 200807  
走り根につまづけば咲く菫草 家塚洋子 酸漿 200807  
杣道にひととき坐すや花すみれ 岸はじめ ぐろっけ 200807  
篁に風のさやぎやすみれ草 安藤久美子 やぶれ傘 200807  
菫咲く世に三色を分担し 蔦三郎 ホトトギス 200808  
狛犬の座にひと本の菫かな 瀬島洒望 やぶれ傘 200808  
滅びにし城のすみれ走り根に 品川鈴子 龍宮の客 200904  
野に菫赤子の唇のごとくあり ことり 六花 200904  
まばたきのあと凝視して壺すみれ 岡本眸 200904  
すみれ草小さきかぶりを振りつづけ 大沼まり子 200905  
パンジーの咲き競ひをり朝の街 山荘慶子 あを 200905  
墓一つ紫すみれ白すみれ 神蔵器 風土 200905 深大寺
川幅に日ざしの足りぬ菫かな 三上程子 春燈 200905  
ドラマいま吉の終幕花菫 小澤菜美 200906  
卒業や菫のブーケひとりづつ(宝塚音楽学校) 西面和子 200906  
ひとりぼつちのイヤック語消ゆ菫草 田村葉 炎環 200906  
子規庵の庭の靴跡菫草 長谷川いづみ 炎環 200906  
菫ほどな女に生れかはりたし 菊地瑩子 春燈 200906  
もう要らぬ吸呑に挿す花菫 久保田由布 ぐろっけ 200906  
厨子の岩割れ目に匂う山すみれ 小阪律子 ぐろっけ 200906  
幼子のかがみ覗けるすみれ草 久保田嘉郎 酸漿 200906  
雨粒に弾かれてゐる菫かな 根橋宏次 やぶれ傘 200906  
秩父路に杖の鈴鳴るすみれ草 中田みなみ 200906  
菫咲く子に一センチ大き靴 服部早苗 200906  
濃紫とりわけ小さき壺すみれ 水船みどり 200907  
一筋の記憶のひかりすみれ草 山本うらら 炎環 200907  
たですみれけふの終りの雨しづか 加藤美代子 炎環 200907  
詩語は天に生命は土に白すみれ 加藤美代子 炎環 200907  
菫さく汝の臥やりしそのあたり 島青櫻 炎環 200907  
山道を通せんぼして花菫 大塚和子 200907  
野のすみれ師と歩きたる日も遠く 大畑善昭 200907  
あれからは誰にも会はず山すみれ 河崎尚子 火星 200907  
すみれ野に寝してふ万葉人羨し 丹生をだまき 京鹿子 200907  
花すみれドーナツ形の雲浮かぶ 宮崎知恵美 万象 200907  
草引やすみれと見れば残しをり 渡辺暁 酸漿 200907  
リフト行く日の先々に咲くすみれ 大内恵 酸漿 200908  
大杉の下に卵塔野路すみれ 大島英昭 やぶれ傘 200909  
白すみれ大切にして増え過ぎし 高橋みつ 200910  
すみれ草残して庭の草をひく 水谷洋子 十進法 200911  
菫咲くコンクリートの割れ目にも 杉本綾 201004  
パンジーの思案に暮るる首を垂る 川崎真樹子 春燈 201005  
花室のすみれにぎはふひとところ 西山美枝子 酸漿 201005  
訃の報の面影遠し花すみれ 北尾章郎 201006  
みづうみを山影覆ふすみれ草 安藤久美子 やぶれ傘 201006  
雨雨雨むらさき尽くす菫草 大山里 201006  
菫にも孤独な夜が忍び寄る 泉田秋硯 201006  
初舞台菫のブーケ贈られて 河本利一 201006  
風を待ち菫のダンス始まりぬ 池本喜久恵 201006  
後ろ姿もタカラジェンヌや花菫 石田玲子 201006  
印象す菫いよいよ濃むらさき 井田実代子 雨月 201006  
野に置かず鉢に上げたりすみれ草 伊藤克子 酸漿 201006  
夜の雨しづかにすみれぬらしけり 満川房子 酸漿 201006  
つぼすみれ幾度も直す靴の紐 森山のりこ あを 201006  
パープルパンジー人に気付いたかのように 池田澄子 201007  
バス待ちの眼を楽しませ白すみれ 桂敦子 201007  
ひとつふたつ西行庵へ山すみれ 南宮桂子 風土 201007  
咲いてゐるそれだけでいい菫草 増田甚平 ろんど 201007  
たんぽぽよりすみれぞ業平塚守るは 柴崎甲武信 春燈 201007  
菫なれ純愛といふ花言葉 磯野しをり 雨月 201007  
なほざりの庭一面にすみれ草 武司琴子 ぐろっけ 201007  
パンジーを日々生け変へて個展終ふ 西山美枝子 酸漿 201007  
松柏のあはひひそかに花菫 酒本八重 201008  
種々の生駒棚田のすみれかな 佐藤涼宇子 ろんど 201008  
すみれ摘み射止めし妻と四十年 今村征一 ホトトギス 201009  
日と雨がたより痩せ地の壼すみれ 布川直幸 201103  
のんびりと山の辺の道すみれ草 坂上香菜 201104  
パンジーを描きて笑顔生まれけり 高木千鶴子 酸漿 201104  
廃校となりたる母校すみれ咲く 松岡和子 201105  
パンジーや山の教会扉の厚く 小田司 馬醉木 201105  
山越えの旧道険しつぼすみれ 高橋泰子 201105  
汝はいつも祈るかたちにすみれ草 辻美奈子 201105 菫→ 4

 

 

2014年4月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。