酸 橘  (酢橘・すだち)     43句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
一筆を添へ友よりの酸橘かな 小池槇女 火星 200101  
ランボーは酸橘たっぷり秋刀魚かな 田中亜美 海程 200102  
健康の香りを持てる酸橘かな 多田節子 雨月 200112  
松茸に阿波の酸橘を添はせけり 大堀鶴侶 雨月 200201  
まだ出ると力みて酢橘絞りけり 楯野正雄 200212  
柚子酸橘鮮魚売場にありにけり 後閑達雄 対岸 200501  
欠かさずに酢橘はいつも食卓に 松尾緑富 ホトトギス 200504  
焼きたてに酢橘走らす一夜干 能村研三 200510  
酸橘の荷確と卒壽の宛名書き 井内佳代子 遠嶺 200511  
不揃ひの酸橘分けゐる旅の果 竹下幸子 火星 200601  
一列に吊橋渡る酸橘採り 福島吉美 万象 200601  
酢橘切る水の地球を二つ割 辻直美 200611  
したたらす酸橘白子の目のひかり 島崎勇作 酸漿 200611  
土産にと貰ひし蕎麦や酸橘買ふ 坂本幸子 酸漿 200612  
民謡のひとつ覚えや酸橘擂る 野口光江 遠嶺 200701  
添へ物のしぼり切つたる酸橘かな 窪田米子 遠嶺 200701  
耳大き人と見上ぐる青酸橘 浜口高子 火星 200712  
きつぱりと話つけたる酸橘かな 秋千晴 200801  
二百十日酸橘いつぱいしぼりけり 城孝子 飛火野 200808  
クラス会酸橘をいつも手土産に 四葉允子 ぐろっけ 200901  
酸橘切るや月の色して香に顕てり 片山博介 春燈 201012  
馬手に杖弓手に酸橘一袋 堀志皋 火星 201112  
目立たずに酸橘の花が咲き始む 藤田京子 ぐろっけ 201209  
阿波なれば酸橘を利かせ太うどん 塩路隆子 201210  
酸橘二、三片午後の紅茶に浮かせたり 安田とし子 ぐろっけ 201212  
一袋詰め放題の酸橘かな 堀志皋 火星 201301  
こんがりと焼けた秋刀魚に酢橘かな 丸山酔宵子 かさね 201311  
大家から青き酸橘の届きけり 伊藤マサ子 ぐろっけ 201401  
酸橘ひとつに母のあり阿波のあり 窪田佳津子 雨月 201401  
火を囲む夕餉や酸橘匂ひ立つ 浜福惠 風土 201501  
葛餡におとす酸橘のひとしづく コ田千鶴子 馬醉木 201512  
酸橘来て秋刀魚の夕餉とはなりぬ 石井ケエ子 風土 201512  
一箱の酢橘重たき満中陰 江島照美 201602  
酢橘採る母に蹤きゆき言も無し 森清堯 末黒野 201602  
葉隠れに棘はべりをり青酢橘 都留百太郎 末黒野 201602  
主役にはなれない酸橘コーヒー出る 上野紫泉 京鹿子 201612  
ネクタイヘ飛んで酸橘の搾り汁 安藤久美子 やぶれ傘 201612  
杉の里すだちのかすかなる香り 廣畑育子 六花 201701  
湯に通すだけの一品青すだち 望月晴美 201701  
一つだけ傷ある酸橘匂ひけり 竹内悦子 201712  
なにはさておき青すだち搾りをり 鷺山珀眉 京鹿子 201812  
代金は木箱に酸橘五つ買ふ 辻由紀 雨月 201902  
ころころと酢橘宇宙の香りかな 五十嵐貴子 末黒野 201902  

 

2019年10月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。