爽 籟       79句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
爽籟や恋へと広ぐ能衣 小澤克己 遠嶺 199811  
爽籟や昼の闇おく戒壇院 朝妻力 俳句通信 199910 東大寺
かくれみのの樹下爽籟に面あげ 大橋敦子 雨月 199910  
爽籟や郵便どさり来てをりぬ 金國久子 遠嶺 199912  
爽籟や龍馬で終る土佐の旅 松崎鉄之介 200001  
爽籟や庭をななめに小柴垣 朝妻力 俳句通信 200010 桑名
爽籟に座す風垢離といふもあり ならぶ真希 200012  
爽籟や飛騨の匠の鉋屑 水谷契江 六花 200101  
爽籟や女人きりりと舞ひ納む 大柳篤子 俳句通信 200111  
爽籟や琴の音ひびく大伽藍 広瀬敏子 酸漿 200112  
爽籟のはるかに潮目耀へり 北吉裕子 雲の峰 200112  
爽籟や遥かな嶺に置く眼 稲辺美津 遠嶺 200201  
爽籟や撞木斜めに減りてをり 谷上佳那 百鳥 200201  
爽籟や其の人だけを見てゐたり 関薫子 百鳥 200201  
爽籟やわが合掌に亡母の声 林和子 200202  
オール掲げて爽籟の貝殻道 北川英子 200211  
爽籟やぴりりと辛き薬膳粥 黄川田美千穂 200212  
爽籟や版画の中の又三郎 大谷茂 遠嶺 200212  
爽籟は客寄せの声油市跡 小林玲子 ぐろっけ 200212  
一山の爽籟呼ばむ鐘を撞き 池田倶子 雨月 200302  
旱鍼(かんしん)盤アラビア海の爽籟秘む 松崎鉄之介 200302  
爽籟や社を出でし笙の音 砂川せい輝 遠嶺 200302  
爽籟や素読の一と日となりにけり 安西静 帆船 200310  
爽籟や羽を廻して発電す 篠田純子 あを 200312  
爽籟や青きのれんの象牙店 佐々木よし子 200402  
爽籟や一キロ入のアスピリン 須佐薫子 帆船 200410  
師の葬へ乃木坂界隈爽籟(さうらい)す 淵脇護 河鹿 200411  
新しき耳に爽籟囁けり 瀬下るか 200412  
爽籟やさざ波たたむ魞の袖 長沼冨久子 馬醉木 200412  
爽籟や如来の膝の薬壺 岩井泉樹 春燈 200501  
爽籟や行往坐臥に明け暮れて 落合由季女 雨月 200502  
爽籟や討死は吉良家小姓にも 鈴木榮子 春燈 200511  
爽籟や声かけて人急ぎ行く 近藤てるよ 酸漿 200601  
爽籟や山居倉庫の板庇 佐野静子 遠嶺 200601  
爽籟に藻びかり著き南湖かな 能村研三 200610 白河勉強会
爽籟や洗濯物の乾く音 木村茂登子 あを 200611  
松風の一念一途爽籟す 小澤克己 遠嶺 200611 「川越氷川神社の杜薪能」
爽籟や古城に残る火縄銃 浜田はるみ 遠嶺 200612  
爽籟や千切れさうなる銀細工 祐森彌香 遠嶺 200612  
爽籟や翁媼の手をとりて 西山浅彦 春燈 200612  
爽籟や手水鉢の柄杓整列し 山田智子 200612  
爽籟やメソポタミアの香油瓶 橋本良子 遠嶺 200701  
爽籟やユングフラウに真向へば 金山藤之助 200801  
爽籟や思索にふける孔子像 久本久美子 春燈 200811  
爽籟を聴かむと丘に佇める 塩路五郎 200812  
爽籟に総身するりと委ねけり 北川とも子 ぐろっけ 200901  
爽籟や披かる句碑にひざまづき 味村志津子 雨月 200902  
爽籟は木々のコーラス登山道 宮入河童 200912  
爽籟や水の中より水の湧き 山田京子 200912  
爽籟や朱の回廊の御霊殿 山口キミコ 200912  
爽籟の発ちたるところ水琴窟 田中一美 ろんど 201001  
爽籟や一直線に亀並ぶ 橋本良子 遠嶺 201001  
爽籟や幣あたらしき神の杉 黒滝志麻子 末黒野 201001  
古代土器爽籟みほふ「国」の文字 上田玲子 201010  
爽籟や門に阿吽の仁王像 木村茂登子 あを 201012  
爽籟や動輪はわが背丈越す 上原重一 201012  
爽籟にしばらく寝かす麺麭の素地 風間史子 201101  
爽籟の甘樫の丘去り難し 石黒興平 末黒野 201104  
爽籟や西暦換算素早かり 能村研三 201110  
爽籟や燃える入り日に明日託す 長崎桂子 あを 201112  
夫眠る山の爽籟聞くべかり 椋本一子 雨月 201201  
爽籟や勇みて結ぶ靴のひも 岡野里子 末黒野 201204  
爽籟を生む松林の売地なる 小川玉泉 末黒野 201211  
爽籟や紙で編みあぐパンの籠 荒井千瑳子 201212  
爽籟や松の奥処に蜑ヶ宮 大竹淑子 風土 201212  
爽籟や乳白色の女神像 福島松子 ぐろっけ 201301  
鬼岳の爽籟天へ広ごりぬ 大竹淑子 風土 201301  
爽籟やいく磴登る那智大社 坂根宏子 201301  
爽籟の通奏低音夕の鐘 中野京子 201302  
爽籟や今にも空へ舞へさうな ことり 六花 201311  
爽籟に目を閉ぢ足を止めにけり ことり 六花 201311  
爽籟や敦盛直実倶会一処 有本惠美子 ろんど 201312  
爽籟を聞く叡山の杉木立 片岡良子 雨月 201401  
爽籟や空へ帆を張る日本丸 岡野里子 末黒野 201401  
爽籟や太洋望む先師句碑 手島靖一 馬醉木 201412  
爽籟や旅愁を束ね発つ巨船 小野恵美子 馬醉木 201412  
爽籟や百念仏の念珠繰り 辻知代子 201412  
爽籟の掠めて行けり前頭葉 犬塚李里子 201511  
爽籟の高さに白きマリア像 白水良子 201602  

 

2016年8月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。