七福神詣 (福詣)  78句

真帆ゆくや七福神の隅田川   野村喜舟

作品
作者
掲載誌
掲載年月
藤の寺七福神の赤のぼり 高井去私 ひまわり 199806
福詣弁天さまは赤づくめ 川澄祐勝 春耕 199903
毘沙門で別れし連れや福詣 能村登四郎 芒種 199911
ふところの地図を頼りに福詣 山崎赤秋 春耕 200003
布袋腹踏み台で撫づ福詣 渡辺美知子 200003
福詣はんどまじんばら唱へけり 渡辺美知子 200003
福詣の笹耳もとで騒ぐなり 山本耀子 火星 200004
七福神紅一点とは心外な 戸田春月 火星 200007
本尊は石であらふが福詣で 柳未央 いろり 200102
墨堤に日のあまねしや福詣 棚山波朗 春耕 200103
かぎろへる大和七福神詣かな 井口弥江子 馬醉木 200104
紙懐炉靴にしのばせ福詣 長井ヒサ子 春耕 200104
浅草の七福神や初詣で 保坂加津夫 いろり 200203
サークルの七福詣初体験 渡辺百合子 いろり 200203
七福の一福ごとや地図広げ 阿部悦子 酸漿 200203
七福の絵馬を破魔矢と並べけり 阿部悦子 酸漿 200203
鐘打ちて七福詣終りけり 阿部悦子 酸漿 200203
深川の地図を手にして福詣 木村はつえ 春耕 200203
さいかちを拾ふ谷中の福詣 安藤衛門 春耕 200204
七福神詣矢切の渡しかな 醍醐季世子 200205
福詣寅さん資料館も見て 醍醐季世子 200205
節穴を覗けば踊る七福神 市川英一 遠嶺 200303
七福神となれるふくべを選びけり 伊藤佳代 対岸 200401
福詣ちんたらたらと一人で行く 黄川田美千穂 200403
校庭を斜に七福神詣 鷹羽狩行 200403
残り福詣例とし足りにけり 大橋敦子 雨月 200403
京都まで七福詣バス連ね 木藤ヒデ子 築港 200404
七福神めぐり手提げの中は風 坂本敏子 京鹿子 200405
胎動の波の来てをり七福神 栗栖恵通子 200503
小唄教うる小路を抜けて福詣 北村香朗 京鹿子 200504
布袋尊に空似と言はる福詣 北村香朗 京鹿子 200504
住み古りて年どし谷中七福神 芝尚子 あを 200505
川風の色街七福神詣り 福山至遊 200507
江戸川のまつ青七福神めぐり 青山丈 200605
七福神詣での人出日暮れまで 宮津昭彦 200703
福詣とどめは墨田師の句碑に 白澤よし子 馬醉木 200803
福詣のついで高木屋にて草だんご 小田部友子 200803
好日や東海七福神めぐり 醍醐季世女 200804
年迎ふ七福人の軸に替へ 落合絹代 雨月 200804
長命水一気に飲めり福詣 岡田章子 ぐろっけ 200804
七福神巡り一万歩となりぬ 岡田章子 ぐろっけ 200804
餅爆ぜて七福神の出で来たる 近藤公子 200808
蒸し鮨を食うべ七福詣かな 伊勢きみこ 火星 200904
現世より来世の七福詣でかな 田中貞雄 ろんど 201001
不動の杜七福神も詣でけり 阿部ひろし 酸漿 201002
郊外の地図を頼りに福詣 橋本貞二 酸漿 201003
舟を待つ思ひに似たり七福神 橋本良子 遠嶺 201005
ウォーキング兼ねての七福神詣 田中貞雄 ろんど 201101
七福神みんなで風呂に浸りたし 仲田眞輔 ぐろっけ 201102
鳶の描く輪の大きさよ福詣 宮内とし子 201203
兄嫁も兄も童顔福詣 代田青鳥 風土 201204
多羅葉に願ひを記し福詣 和泉道草 末黒野 201204
福詣終へ来て海の青さかな 榎本文代 万象選集 201205
橋あまた潜りて来たり福詣 津金房子 万象選集 201205
ゆるやかに豊に歩く福詣 小林正史 201302
福詣麻布は坂と大使館 須賀敏子 あを 201303
福詣毒婦の墓の人だかり 山口ひろよ 201304
七福神詣重たき小銭入れ 山口ひろよ 201304
南の島の七福詣かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201401
自転車の力士に会ひし福詣 須賀敏子 あを 201403
小江戸なる城下町にて福詣 須賀敏子 あを 201503
七曲りして一つある七福神 森岡正作 201504
堤行く七福詣で日和り賜ふ 折橋綾子 201504
大黒はビルにおはせり福詣 佐渡谷秀一 対座 201505
福詣深川飯をまづ卓に 佐渡谷秀一 対座 201505
迷ひつつ下町ぬける福詣 高橋あさの 201603
福詣人形焼を土産とし 須賀敏子 あを 201603
福詣り風強き日を巡りけり 秋川泉 あを 201603
七つ目は日暮れとなりて福詣 阿部重夫 末黒野 201604
七福神詣下町人どつと 稲畑廣太郎 ホトトギス 201701
福詣弁財天で終りけり 須賀敏子 あを 201703
七福神幟の中を参拝す 野口希代志 やぶれ傘 201904
黒潮に乗りて来れり七福神 秋津令 201907
七福神最後の僧の話し好き 滝沢いみ子 末黒野 202004

 

2021年1月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。