紫 蘭     44句

君知るや薬草園に紫蘭あり   高浜虚子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
紫蘭咲く色をつなぎて車寄せ 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
いちにちの雨の夕澄む紫蘭かな 岡本眸 200010  
手を入れぬ庭に紫蘭の華やげり 柴田美佐子 いろり 200107  
大塚の入りたる路地に紫蘭咲く 松崎鉄之介 200107  
花街の名残りの家並紫蘭咲く 山口マサエ 雲の峰 200208  
風透る庭に紫蘭の咲き揃ふ 吉田眞弓 雨月 200208  
水際に紫蘭のやうな人佇てり 石山惠子 遠嶺 200209  
大和路や紫蘭の中に陰れ仏 西重正 京鹿子 200209  
紫蘭むれ大禍時をあかるうす 柴田由乃 風土 200307  
紫蘭咲き日曜画家の集まれる 川口弘子 築港 200307  
江ノ電に紫蘭のゆるる虚子旧居 陣野今日子 風土 200308  
郵便を待つや紫蘭の揺るる午後 大柳篤子 雲の峯 200308  
幅広の葉に雨粒や紫蘭咲く 宮津昭彦 200407  
紫蘭咲き庭が明るくなりにけり 村山春子 200507  
紫蘭咲く尼門跡の白き御手 丹生をだまき 京鹿子 200509  
地震あとの紫蘭は笹を被りゐる 火村卓造 ぐろっけ 200606  
繋がれし牛のかたへに紫蘭咲く 桜間ひろし ぐろっけ 200606  
ありありと母の声して紫蘭かな 高橋道子 200608  
ざざ降りのからりと上り紫蘭咲く 吉沢洋子 200708  
合祀廟拝す間紫蘭揺れやまず 木下もと子 200708  
一年の巡りが速し紫蘭咲く 泉田秋硯 200708  
山の宿鐙の花器に紫蘭活く 竹尾志眞子 200709  
大木の側女か紫蘭ひとたむろ 真木早苗 八千草 200712  
紫蘭出づ地じゆの菩薩と思ひけり 四條進 200806  
王朝のいろを豊かに紫蘭咲く 松本幹雄 馬醉木 200807  
さはさはと過る風あり紫蘭咲く 川崎良平 雨月 200808  
かたむけて傾面に咲きし紫蘭かな 小澤昭之 200908  
祐三のアトリエを観て紫蘭みる 森山のりこ あを 201007  
紫蘭揺る「この道」を聴く昼餉時 赤座典子 あを 201007  
いきほひの丈を伸ばして紫蘭咲く 上原重一 201007  
紫蘭こぼるる菅公の仮寝岩 品川鈴子 ぐろっけ 201105  
潮の香のかすかな病舎花紫蘭 黒澤登美枝 201108  
紫蘭咲く葉のゆれて雨たえまなし 小嶋紘一 末黒野 201108  
ぐるつと囲む金網の紫蘭かな 渡邉孝彦 やぶれ傘 201211  
純白の可憐な異端紫蘭吹く 江島照美 201409  
犬どちの墓の標の紫蘭咲く 竹内喜代子 雨月 201508  
苔庭の一隅染むる紫蘭かな 山口登 末黒野 201609  
朝めしに呼ぶこゑ紫蘭咲いてゐる 根橋宏次 やぶれ傘 201708  
親しめる庭の年月紫蘭かな 湖東紀子 ホトトギス 201711  
紫蘭咲く頃に又旅組まれたる 稲畑汀子 ホトトギス 201806  
降られたる紫蘭に今日も雨となる 稲畑汀子 ホトトギス 201806  
ベランダの紫蘭の風に吹かれをり 石原節子 春燈 201807  
紫蘭咲く江よりの風に色散らし 松本幹雄 馬醉木 201807  
八方に広がる紫蘭雨上がる 志方章子 六花 201809  
紫蘭咲く世にも稀なる色羨し 中川のぼる 201902  

 

2019年5月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。