時雨月       8句

時雨月ちょっと死にたるばかりなり   長谷部朝子  暖流

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
好きな唄繰り返す母時雨月 松本きみ枝 遠嶺 200202  
ゆきづりのたれかれはるか時雨月 水野恒彦 200302  
時雨月雲に滲むと言ふのみぞ 滝青佳 ホトトギス 200403  
荷をちょつと宿にあづけし時雨月 助口弘子 火星 201001  
時雨月去りオリオンに更ける宿 藤浦昭代 ホトトギス 201104  
蝋燭の鈍き明かりや時雨月 赤羽陽子 春燈 201202  
しなやかな手話の飛び交ふ時雨月 大木清美子 201301  
大歳時記ひらかず座右に時雨月 渕上千津 201801  

 

2019年11月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。