蝦 蛄   30句



作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
おが屑の中ひとしきり動く蝦蛄 飯塚ゑ子 火星 199907  
場末なる蝦蛄に自信の老舗かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200005  
つくづくと蝦蛄の腹裏生きてあり 深澤鱶 火星 200008  
蝦蛄をむく鋏と云ふを手渡さる 朝妻力 俳句通信 200106  
蝦蛄はねる黒潮市場は人の波 万波允恵 ぐろっけ 200108  
眉太き板前蝦蛄の鎧剥ぐ 辰巳比呂史 200111  
寒晴やトロ箱の蝦蛄裏返り 大東由美子 火星 200207  
小説家志望の娘蝦蛄を剥く 平田倫子 百鳥 200211  
おんあろりきやそはか蝦蛄茹でらるる 延広禎一 200307  
白峯の夜風なりけり蝦蛄の鮨 谷村幸子 200312  
散紅葉深川飯と蝦蛄丼と 篠田鶴之助 帆船 200403  
蝦蛄のよく跳ねて袋の破れさう 伊藤佳代 対岸 200509  
トロ箱を跳ね出す蝦蛄をおまけにと 渡辺ひろし 200608  
大鍋に蝦蛄茹で上ぐる野分あと 山尾玉藻 火星 200609  
蝦蛄食ぶ剥き手なかなか追ひつかず 加藤みき 200609  
動く蝦蛄売っておじさんはゴム長 中原幸子 以上、西陣から 200705  
蝦蛄売りと音戸の瀬戸の日和かな 延広禎一 200709  
蝦蛄茹でてより開店の老舗かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200905  
蝦蛄嫌ひ海老は中るといふ佳人 稲畑廣太郎 ホトトギス 200905  
石油缶に生きて騒きて蝦蛄売られ 柳川晋 201008  
仰向けの蝦蛄の手足のむず痒き 栗栖恵通子 201009  
糶残る蝦蛄がむしやらに踠きをり 鈴木浩子 ぐろっけ 201011  
蝦蛄売りの検校宣りて帰りけり 西田孝 ろんど 201208  
釜茄での蝦蛄食ふ瀬戸のあかね雲 小泉貴弘 春燈 201211  
子の食べて母のねぶりし蝦蛄の季 酒井秀郎 返り花 201211  
蝦蛄売りの伊勢商人の消えにける 山根征子 201310  
羽田沖くらし蝦蛄漁ひきつぎて 竹内弘子 あを 201604  
剥き並べ蝦蛄むらさきの簾なす 竹内弘子 あを 201610  
土産にと蝦蛄の入りたる網を受く 秋川泉 あを 201709  
網の蝦蛄はねる強さに手をゆるめ 秋川泉 あを 201709  

 

2018年5月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。