洗濯機〈キーワード〉      47句

朝寒やものうく鳴りし洗濯機    後藤志づ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
西日中律義にまはる洗濯機 堀本祐手 遠嶺 199911  
きさらぎの重き音たて洗濯機 しおやきみこ 船団 200007  
洗濯機さかんに廻す母の日よ 長井ヒサ子 春耕 200007  
原爆投下時刻洗濯機が廻る 立石萌木 雨月 200011  
洗濯機運ぶ秋天仰ぎつつ 生田恵美子 風土 200012  
洗濯機より掴みだす足袋その他 山尾玉藻 火星 200101  
大海月みんな傘下に洗濯機 奥田筆子 京鹿子 200106  
洗濯機大股に来る刈田かな 植村立風子 海程 200112  
夏に入るコトコト弾む洗濯機 川崎光一郎 京鹿子 200208  
鯒突きし泥の渦巻く洗濯機 林加寸美 ホトトギス 200210  
洗濯機の中へ夏帽投げ込めり 横林誠二 200210  
花冷の廻り出したる洗濯機 戸栗末廣 火星 200306  
料峭や力士がまはす洗濯機 広瀬公子 百鳥 200306  
象のよに洗濯機鳴く万愚節 角谷美恵子 ぐろっけ 200307  
夜濯の音をはばかる洗濯機 笠嶋陽子 築港 200311  
大暑かな軋みつ回る洗濯機 中島霞 ぐろっけ 200311  
石蕗の花何度もまはす洗濯機 斉藤裕子 あを 200411  
洗濯機ひと日忙しき更衣 福留ゆみえ 河鹿 200508  
生真面日に廻る三日の洗濯機 村上和子 ぐろっけ 200604  
帰省子の身ぐるみ呑んで洗濯機 上谷昌憲 200610  
へうたんに日当り洗濯機まはる 城孝子 火星 200612  
八月の自動洗濯機とまらず 吉弘恭子 あを 200708  
あたたかし残り湯を吸ふ洗濯機 吉沢陽子 200905  
妻留守の二日の自動洗濯機 村井二郎 馬醉木 201004  
三ケ日過ぎ洗濯機回り初む 深沢和江 ぐろっけ 201004  
洗濯機の裏で見つかる蛇の衣 衣斐ちづ子 201007  
寒夜かな洗濯機より波の音 蟻蜂 六花 201104  
洗濯機の独りを回す春の水 杉本綾 201106  
寒晴れを褒めて回せり洗濯機 苑実耶 201106  
鵯騒ぐ洗濯機にもエコマーク 赤座典子 あを 201211  
二日はや音立て回る洗濯機 青木朋子 201305  
洗濯機止まり高まる蝉の声 小川玉泉 末黒野 201310  
洗濯機廻しつづける梅雨晴間 秋元久子 やぶれ傘 201310  
現世の音や月夜の洗濯機 千田百里 201401  
洗濯機ゆつくりまはる二月かな きくちきみえ やぶれ傘 201405  
梅雨晴れや休み与へぬ洗濯機 中山静枝 201409  
洗濯機の底にどんぐりこぼれをり あさなが捷 201801  
春眠や隣家が回す洗濯機 小山陽子 やぶれ傘 201806  
春眠や隣家が回す洗濯機 小山陽子 やぶれ傘 201806  
夏近し波音たてて洗濯機 辻美奈子 201807  
洗濯機三回使ふ梅雨晴間 黒木東吾 六花 201810  
洗濯機小銭出てきて赤まんま 森有子 201901  
洗濯機で回してしまひ木の実独楽 岡本尚子 風土 202001  
雪もよひ胴ぶるひして洗濯機 宮内とし子 202003  
もの言ひて止まる寒夜の洗濯機 佐藤克江 202004  

 

2020年6月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。