扇風機       200句

煽風機とめれば雨の音のまた   久保田万太郎   草の丈

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
塔婆書く僧に首振る扇風機 皆川盤水 春耕 199808  
神馬舎にかたかた廻る扇風機 荻巣純子 雨月 199810  
床柱より出つ張つて扇風機 飯塚ゑ子 ヒッポ千番地 199906  
梅雨寒や居所のなき扇風機 今村映水 199909  
扇風機消し忘れたり夜明けまで 保坂加津夫 いろり 199910  
意地を張るうしろ姿の扇風機 小枝恵美子 ポケット 199911  
釣宿のあらぬ方向く扇風機 橋本榮治 馬醉木 200007  
傾ぐ癖使ひ古りたる扇風機 松尾緑富 ホトトギス 200008  
扇風機抽斗が声上げにけり 奥田節子 火星 200008  
繋がるも繋がらぬ血も扇風機 山田六甲 六花 200008  
独り居のもの無き部屋の扇風機 生田恵美子 風土 200009  
幕間のお岩を冷やす扇風機 當麻幸子 俳句通信 200009  
黒塗の風こそよけれ扇風機 飯島士朗 銀化 200009  
鯉の血を呑む扇風機近づけて 白瀬露石 春耕 200010  
首振らせみて扇風機蔵ひけり 湯橋喜美 200012  
死の床の話首振る扇風機 柴田いさを 船団 200101  
説法に首振りつづけ扇風機 重松早由未 200102  
来し方をかき回したる扇風機 篠原俊博 銀化 200105  
四五日は位置のきまらず扇風機 鷹羽狩行 十三星 200105  
扇風機止めみちのくの宿りかな 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
そうか」の声に出番の扇風機 二本松輝久 風土 200108  
扇風機の音のみ彫金工房かな 上田茂 200111  
扇風機に踵落しが決まりけり 篠田大佳 あを 200207  
扇風機ゆるりと老医聞き上手 山中宏子 200208  
脱毛のあとのまぶしき扇風機 大嶋康弘 銀化 200208  
扇風機兄吹き飛んで行きにけり 山田六甲 六花 200208  
扇風機あつちに向けてくれますか 山田六甲 六花 200208  
蕎麦すする陽気な音よ扇風機 中村房枝 六花 200208  
扇風機止めて山湖の風やさし 宮原みさを 花月亭 200208  
扇風機秋めく風にたぢろぎぬ 宮原みさを 花月亭 200208  
扇風機止めれば夜風ありにけり 宮原みさを 花月亭 200208  
扇風機廻る酷暑に追ひつけず 宮原みさを 花月亭 200208  
扇風機に猫のやつれてゐたりけり 山尾玉藻 火星 200209  
棄て難き物の一つに扇風機 十河恭子 雲の峰 200209  
畳屋の戸口を塞ぎ扇風機 小泉惇子 200209  
扇風機ハードロックを攪拌す 祐森彌香 遠嶺 200210  
お帰りと「円い顔」あげ扇風機 丸山佳子 京鹿子 200210  
扇風機一日まはる書斎かな 船山博之 百鳥 200210  
蛸足の先のコードの扇風機 柳澤草笛 帆船 200211  
折鶴の六羽発たせり扇風機 鳴海清美 六花 200211  
扇風機頭を垂れて母が前 百田早苗 六花 200211  
扇風機思ひ出したる軽井沢 稲辺美津 遠嶺 200308  
夫婦して句座に声あり扇風機 後藤志づ あを 200308  
レトロなりこきこきこきと扇風機 中田寿子 ぐろっけ 200309  
施餓鬼会の堂に動かぬ扇風機 阿部文子 酸漿 200310  
留守番の独りに廻る扇風機 斉藤陽子 雨月 200310  
扇風機肩のあたりの目覚めけり 滝本香世 百鳥 200310  
扇風機の風切る音に夜が深し 高橋信佑 あを 200310  
扇風機転がり置かる舞台裏 左官治郎 200310  
新婚以来三十年この扇風機 島谷征良 風土 200311  
秋暑し牛舎に回る扇風機 青木政江 酸漿 200311  
真夜中の波音のごと扇風機 大内恵 酸漿 200311  
扇風機昔の音をたてにけり 藤井良子 200311  
扇風機すすまぬ宿題煽りつつ 福島松子 ぐろっけ 200311  
扇風機精米の粉のうすぼこり 望月周 百鳥 200312  
饒舌は庭へ流せと扇風機 中崎敞子 ぐろっけ 200312  
扇風機止まりて見ゆるとき孤独 林昭太郎 200409  
扇風機の風届きゐる殉教図 中島瑞枝 百鳥 200409  
扇風機どこかへ飛んでしまう嘘 玉川梨恵 200410  
茹上げし枝豆さます扇風機 先崎きくよ 酸漿 200410  
魚屋のきしみ首振る扇風機 山本圭穂 築港 200410  
寝るときも回しづめなり扇風機 二口毅 築港 200410  
献血車唸る大型扇風機 鏡山千恵子 帆船 200410  
扇風機四隅にありて座禅組む 大塚隼人 対岸 200411  
東北弁関西弁と扇風機 高田令子 200508  
梅雨月の昇りて止る扇風機 伊藤多恵子 火星 200509  
納屋の戸をきしませて出す扇風機 木野本加寿江 火星 200509  
扇風機ひとりしやべりの赤ん坊 矢田邦子 栴檀 200509  
店番の暗さなつかし扇風機 土田栄 200509  
扇風機歯茎ばかりを冷やしけり 戸田和子 200510  
扇風機音無く廻る通夜の席 宮原利代 ぐろっけ 200510  
扇風機大きく回しひとりなり 南浦輝子 火星 200511  
一片の駄句も飛ばされ扇風機 伊藤紫水 風土 200511  
扇風機かつて白樺派のサロン 甲斐遊糸 百鳥 200511  
金魚糶小屋の四隅の扇風機 江崎成則 栴檀 200512  
扇風機うなるばかりの電車かな KOKIA 六花 200609  
ゆるゆると大扇風機古書の店 西田敏之 ぐろっけ 200610  
ねぎらはれゐる虚子庵の扇風機 館容子 200611  
駄菓子屋の客を持て成す扇風機 小島左京 ホトトギス 200612  
六甲の風を取り込む扇風機 秋田直己 ぐろっけ 200612  
扇風機昭和の風を受けてゐし 筏愛子 200701  
交番に回り通しの扇風機 大西八洲雄 万象 200709  
大正の扇風機から妣のうた 佐々木はな子 遠嶺 200709  
にぎやかにリボン飛ばして扇風機 服部早苗 200710  
二人居のめいめい回す扇風機 神保みね子 酸漿 200710  
寝ねがてに安心タイマー扇風機 木下もと子 200711  
扇風機フル稼働さすエコライフ 宮川秀穂 200712  
逃げ戻る猫の倒せし扇風機 山田六甲 六花 200807  
扇風機出すエコロジー論さかん 伊藤白潮 200808  
扇風機ゆるめにまはる夏暖炉 丑久保勲 やぶれ傘 200808  
喰り初めし老舖の黒き扇風機 上田繁 遠嶺 200809  
お帰りと言つてくれない扇風機 丸山佳子 京鹿子 200809  
村歌舞伎楽屋に古りし扇風機 寺岡ひろし 雨月 200809  
律儀なる働きぶりや扇風機 市川律子 炎環 200810  
思ふのみ何も出来ずに扇風機 北中みやこ ぐろっけ 200810  
独居のいとま楽しむ扇風機 渋谷ひろ子 酸漿 200810  
梅干の蓋ずれてゐる扇風機 佐藤喜孝 あを 200810  
扇風機昭和のままに首を振る 泉田秋硯 200811  
須弥壇の外で廻りぬ扇風機 大島翠木 200811  
片意地を張りたる吾へ扇風機 篠藤千佳子 200811  
扇風機傾ぎし首でひとめぐり 黒澤登美枝 200908  
窓口のもめてゐるなり扇風機 蘭定かず子 火星 200908  
扇風機強に弱にしペン走る 小野寺節子 風土 200910  
いやいやの形は秋の扇風機 今瀬一博 200911  
扇風機課長の横で首を振る 島本知子 ぐろっけ 200911  
その後の話長引く扇風機 矢口笑子 春燈 200912  
居酒屋に回る昭和の扇風機 瀬島洒望 やぶれ傘 200912  
扇風機いらずの風が後山より 林いづみ 風土 201001  
軋まざり首をめぐらす扇風機 小川玉泉 末黒野 201009  
釣宿の褪せし魚拓や扇風機 鈴木一三 末黒野 201010  
もくもくと日夜首振る扇風機 伊藤憲子 201011  
括り箱よりお目見えの扇風機 達山丁字 201011  
裏方の憩ひひととき扇風機 高橋秋子 201011  
扇風機なまぬるき風御八つ食ぶ 恒成久美子 ぐろっけ 201012  
扇風機収めて部屋の暗さかな 樋口正輝 ぐろっけ 201101  
扇風機愚痴は聞かぬと首を振る 石田康明 春燈 201109  
待たされてゐる間の馳走扇風機 木村茂登子 あを 201109  
前に立つ夫の体温扇風機 佐用圭子 201110  
半分は僧に首振る扇風機 大石誠 201110  
扇風機子ども疲れるまで遊ぶ あさなが捷 201110  
洋服に身八口欲し扇風機 藤井久仁子 ぐろっけ 201110  
屈託の身へ扇風機強にする 定梶じよう あを 201110  
節電の主役射止めし扇風機 中村是空 ろんど 201110  
法要の座に唸りたる扇風機 山口裕子 万象 201110  
老犬に廻りつぱなし扇風機 大村峰子 万象 201111  
扇風機の風の撰ひし時刻表 倉持梨恵 201111  
扇風機すつくと立ちてゐたりけり 瀬島洒望 やぶれ傘 201111  
受け入れた躰扇風機で洗ふ ことり 六花 201111  
新聞繰るは我より先よ扇風機 小林清之介 風土 201111  
羽根置いて秋黙々の扇風機 小林清之介 風土 201112 大震災後の荒使ひを謝せば
組み上がるパーツ十個の扇風機 荒木甫 201201  
扇風機廻さねば蚊にまつはらる 大橋敦子 雨月 201207  
扇風機むかし話は美化されて 酒本八重 201208  
扇風機の風を見直しエコ生活 塩路隆子 201209  
移る世や古物と言えぬ扇風機 中本吉信 201209  
扇風機の届けてくれる睡魔かな 森下康子 201209  
扇風機を笑顔で占拠一歳児 土井くみ子 201209  
扇風機昭和の色染み込みて 柳田晧一 かさね 201209  
取り出すロフトの古き扇風機 菊地崇之 かさね 201209  
遠き日をゆつくり回す扇風機 岩永はるみ 春燈 201210  
極楽と厩舎で馬も扇風機 宮村フトミ ぐろっけ 201210  
扇風機止りて見ゆるとき孤独 林昭太郎 あまねく 201210  
首振りて働いてをり扇風機 出口誠 六花 201210  
あかんぼのにやりとしたる煽風機 佐藤喜孝 あを 201210  
節電をうたひ売り出す扇風機 新堀満寿美 末黒野 201211  
寝苦しと首振りつ放し扇風機 早川周三 ぐろっけ 201211  
扇風機古き話をもち出され 坂口夫佐子 火星 201211  
こむづかしき貌の揃ひし扇風機 藤田素子 火星 201310  
扇風機家も事務所も四角なり 山内碧 201310  
三角関係彼と私と扇風機 伊東和子 201311  
湯上りの匂ふをんなや扇風機 久保東海司 201311  
文鎮を苛立たせをり扇風機 田部井幸枝 201311  
猫ときにをさな顏せり扇風機 佐藤喜孝 あを 201311  
眠りゐる巻毛のひたひ扇風機 蘭定かず子 火星 201408  
力抜くことを覚えて扇風機 近藤暁代 馬醉木 201408  
扇風機別の顔して止まりけり 貝森光洋 六花 201408  
今どきのスリムでクールな扇風機 種田果歩 201409  
ひと気なき米屋に回る扇風機 西岡啓子 春燈 201410  
ケーキの燭揺らす羽無し扇風機 甲州千草 201410  
むかし歌知つてゐさうな扇風機 高橋道子 201410  
所在なく立ちて名残の扇風機 大木清美子 201411  
百年の漆の家に扇風機 岡田桃子 201411  
首縦に振らぬ扇風機より風 安藤久美子 やぶれ傘 201412  
ひと気なき米屋に回る扇風機 西岡啓子 春燈 201503  
扇風機首振り孤独嗜める 松本鷹根 京鹿子 201508  
禿げ頭仲よくしてゐし扇風機 松嶋一洋 201508  
スパイスのよく効く店の扇風機 内海良太 万象 201508  
板の間に猫裏返る扇風機 斉藤裕子 あを 201509  
扇風機子の来る度に仕舞はるる 住田千代子 六花 201510  
珍客へ首振つてゐる扇風機 中島ひろし 末黒野 201511  
幾年の想ひ出秘むる扇風機 岡美智子 末黒野 201511  
扇風機の風のとどかぬ澱あり 栗原京子 201511  
扇風機出すや五月の終わる日に 須賀敏子 あを 201607  
扇風機急な出番にぶつきらぼう 濱上こういち 201608  
扇風機寝息の中にまはりをり 市村健夫 馬醉木 201609  
気怠さの羽根は三枚扇風機 つじあきこ 201609  
ファド終わりたり扇風機回る音 藤井美晴 やぶれ傘 201609  
言偏の文字に親しむ扇風機 田部井幸枝 201610  
眉のなき素顔に回す扇風機 金子正道 京鹿子 201611  
扇風機まはしてガード下酒場 大崎紀夫 やぶれ傘 201611  
名画座に昭和の風や扇風機 太田良一 末黒野 201611  
愛用す昭和を共の扇風機 隅田恵子 雨月 201612  
煽風機羯諦羯諦と首を振る 篠田純子 あを 201610  
不貞寝してをり扇風機強にして 中川句寿夫 ここのもん 201705  
階段のしたへ納まる扇風機 中川句寿夫 ここのもん 201705  
首を振る度に音して扇風機 佐藤淑子 雨月 201708  
妻の座へほどよくテレビ扇風機 荒木甫 201710  
ジャズ流れゐて天井に扇風機 中田禎子 201710  
首振りを試し出番の扇風機 山口登 末黒野 201710  
扇風機妙に急いで仕舞はれて 辻響子 201712  
扇風機父と初めて将棋指す 伊吹之博 京鹿子 201712  
扇風機片付けてゐる社務所かな 山田健太 風土 201801  
扇風機以外は手動金丸座 稲畑廣太郎 ホトトギス 201805  
絶妙な配置テレビと扇風機 千田百里 201809  
昭和製最新型の扇風機 柳川晋 201809  
扇風機妻の寝顔をなでてをり 出口誠 六花 201809  
江ノ電の一両残す扇風機 落合絹代 雨月 201810  
祖父帰宅唸るは黒の扇風機 伊吹之博 京鹿子 201811  
扇風機嬰来る度に仕舞はるる 住田千代子 野に遊ぶ 201811  
扇風機日がな首振る無表情 大山夏子 201904  

 

2019年6月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。