挿 木       30句

放縦な夜の汐鳴り挿木以後   河合凱夫   飛礫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
こごまりて膝の親しき挿木かな 鷹羽狩行 199904  
紫陽花の挿木の世話などして老いぬ 大堀鶴侶 雨月 200009  
痛き膝折りてながめる挿木鉢 河合笑子 あを 200101  
挿木して土の念力戴きぬ 山室キミ子 銀化 200105  
六日目は雨となりたる挿木かな 伊藤和枝 百鳥 200106  
挿木する明日へのこころ淡くして 能村登四郎 羽化 200110  
挿木する旅籠に吊す縄梯子 皆川盤水 春耕 200205  
根付きたる挿木ひそかな色動く 橋本佐智 円虹 200307  
何の木か思ひ出せない挿木付く 中田みなみ 200404  
松の枝に神鶏のゐる挿木かな 山尾玉藻 火星 200405  
露晴の長過にくし挿木して 佐藤俊雄 帆船 200409  
挿木せし木槿根付きぬ風通る 鎌倉喜久恵 あを 200410  
活花の残り挿木に雨催 波田美智子 火星 200506  
夜気どこかづきんづきんと挿木あと 北川英子 200506  
挿木して体温いつも三十五度 柴田久子 風土 200508  
峡ふかく挿木済みたる地靄かな 後藤秋邑 百鳥 200508  
百年の枝葉如何にと挿木せり 品川鈴子 ぐろっけ 200604  
挿木するこの木私を知り過ぎて 森一枝 八千草 200708  
挿木して待つ日待たぬに積もる日々 渕上千津 200805  
バレリーナてふ薔薇もらひ挿木せり 石川元子 酸漿 200808  
挿木してふるさと振りの木槿咲く 岸本久栄 雨月 200910  
挿木して四十年の額の花 須賀敏子 あを 201008  
挿木して祖の椿を弥栄に 鳥居おさむ ろんど 201103  
挿木して夕べゆつくり使ひけり 城孝子 火星 201106  
挿木して根をはるまでの親心 高橋将夫 201607  
挿木して見たこともなき花が咲く 柳川晋 201608  
挿木して館育んでゆけるもの 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  
挿木して庭の未来の始まれり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  
吾子生れし時の挿木は大木に 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  
挿木して育まれゆくワイナリー 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  

 

2018年4月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。