猿の腰掛     17句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
賜はりし猿の腰掛け桂郎忌 神蔵器 風土 200412 回想
暗がりに猿の腰掛秋日和 森山のりこ あを 200512  
産土の猿の腰掛切り取らる 筑地裕子 万象 200702  
門口に猿の腰掛かざりたる 滝沢伊代次 万象 200711  
散り松葉猿の腰掛かくれをる 吉弘恭子 あを 200804  
見つつ過ぐ猿の腰掛一人旅 田中藤穂 あを 200811  
梅林猿の腰掛そのままに 早崎泰江 あを 200904  
猿のこぬ猿の腰掛秋うらら 田中藤穂 あを 200912  
なほ行けば猿の腰掛などなども 大島英昭 やぶれ傘 201003  
猿の腰掛晩秋の沼みるために 伊藤希眸 京鹿子 201202  
木の股に猿の腰掛省二の忌 竹内悦子 201211  
猿の腰掛立派に太り梅雨入かな 小泉貴弘 春燈 201211  
太き木に猿の腰掛目白啼く 瀬島洒望 やぶれ傘 201309  
俳人らに猿の腰掛とふ茸 磯野しをり 雨月 201411  
さくらさくら猿の腰掛けみつけたり 中道愛子 201507  
生きしまま猿の腰掛化石感 奥田筆子 京鹿子 201803  
欠けもせぬ猿の腰掛野分後 宮元陽子 末黒野 201804  

 

2019年9月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。