パセリ 〈含む他季)     61句

パセリ青し日曜といふ週はじめ    岡本眸

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
筒袖がパセリの水を切りにけり 山尾玉藻 火星 199807  
花パセリ弗に換算してをりぬ 飯塚ゑ子 火星 199810  
パセリ食む遠く列車のゆっくりと 星野早苗 船団 199902  
秘め事のパセリ一束二〇〇円 朝倉晴美 船団 199902  
戦後派と比べられけり花パセリ 飯塚ゑ子 火星 199908  
箱庭のパセリを植ゑしひとところ 吉田島江 火星 199908  
青くさき後悔ばかりパセリ噛む 頓所友枝 199910  
パセリ刻み美人の母を無視したる 小林あつ子 火星 200008  
パセリ青し癒えねば何も片づかず 岡本眸 200008  
パセリ噛む日脚の伸びし街眺め 宮津昭彦 200104  
パセリもぎ洗いもせずにほうばれり 平井奇散人 船団 200106  
パセリ噛む川に小鳥が降る感じ 齋藤一湖 海程 200107  
パセリ噛むすでに峰なす朝の雲 岡本眸 200110  
コップにパセリ身辺雨季に入りにけり 岡本眸 200208  
朝ごとの暑氣鮮しや青パセリ 岡本眸 200211  
テポドンにきざみパセリをふつてをる 栗栖恵通子 200306  
老住みの軽さコップにパセリ咲き 金田きみ子 200309  
朝摘のパセリを添へて日曜日 石本百合子 馬醉木 200310  
考へるヒントパセリを噛みながら 白井墨絵 遠嶺 200311  
ボンゴレにパセリはらりと夏兆す 隅田享子 200407  
パセリ摘み朝のスープに浮かべけり 伊東政勝 遠嶺 200408  
スクランブルエツグに庭のパセリ摘む 森木久美 雲の峰 200408  
パセリ噛む皮肉言ひたき口閉ざし 栗原公子 200408  
ワイン注ぐ音の届きしパセリかな 飯塚ゑ子 火星 200409  
朝露の光るパセリを摘みにけり 坂口美代子 河鹿 200501  
パセリはむ忘れまじきは今日のこと 花島陽子 遠嶺 200610  
マグカップにパセリの森を作りけり 西面和子 200709  
イタリアンパセリも花となれば供華 嶋田摩耶子 ホトトギス 200712  
瓶に挿すパセリ厨の小さき森 千田百里 200808  
眼裏のパリも刻みしパセリも青 千田百里 200808  
まつ白な皿をパセリのために買ふ 天谷翔子 火星 200808  
六月の刻みパセリに揚げパセリ 辻直美 200809  
起きぬけの空の青さにパセリ摘む 岡田満壽美 夢のごとしと 200904  
パセリみな食うべ涙のあともなし 浜口高子 火星 200909  
海を見て鉢にパセリのよく育つ 平田恵美子 ぐろっけ 200909  
出席と決め大空ヘパセリ盛る 齋藤厚子 200910  
足し算はパセリのみじん切りの色 倉持梨恵 200910  
菜園のパセリに育つ揚羽蝶 下野啓子 200910  
大皿の散らばるパセリ晩夏の夜 陽山道子 船団 200912  
ポタージュの刻みパセリの色に春 丑久保勲 やぶれ傘 201007  
宴終へ皿のパセリの孤独感 北尾章郎 201009  
梅雨しとど庭に元気なパセリ摘む 嶋田摩耶子 ホトトギス 201011  
後活祭パセリを森のやうに盛り 荒井千佐代 祝婚歌 201110  
どの皿もパセリの残り秋祭 荒井千佐代 201201  
枯れの中パセリ一鉢買いにけり 金田けいし ろんど 201205  
ピザ料理仕上げの色のパセリ摘む 宮田香 201208  
買うて来しコップのパセリ森のやう 村上倫子 201208  
パセリにも生命托して黒揚羽 宮地静雄 末黒野 201210  
少女いまパセリのやうな春休 佐々木紗知 京鹿子 201407  
雨と陽のパセリの力添へにけり 高橋泰子 201408  
残せるは夕餉の皿のパセリのみ 森下康子 201408  
夏料理仕上げにぽんと置くパセリ 塩千恵子 201408  
魚焼きパセリの匂ふ青を添ふ 塩千恵子 201408  
ジューン・ブライドパセリの残る宴の皿 布川直幸 201505  
知恵湧くと思ふ朝なりパセリ食む 野上杳 201505  
健やかなパセリのための白き皿 鳥居おさむ ろんど 201505 『なみなみと』
初鶏の声暁天を震はせり 下平しづ子 雨月 201505  
夭折す皿にのこれるパセリ青く 木下夕爾 春燈 201508  
たべのこすパセリのあをき祭かな 木下夕爾 春燈 201508  
梅雨豪雨人の生活狂はせり 今井充子 201511  
蝉は腹我は心を震はせり 江島照美 201511  
パセリ噛んで血を青くせりけふ立春 塩貝朱千 京鹿子 201704  
ポタージュにパセリぱらりと春の音 浅井洋子 201806  

 

2019年6月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。